<   2012年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

池井戸潤『ロスジェネの逆襲』

c0155474_23271254.jpg『下町ロケット』で直木賞を受賞した池井戸潤さんの『ロスジェネの逆襲』(ダイヤモンド社 2012年6月刊)を読む。

東京セントラル証券はIT企業で急成長を続けてきた電脳雑伎集団から、ライバル企業の東京スパイラル買収の相談を受けていた。成功すれば、アドバイザー契約で巨額の手数料が入るだけでなく、M&Aの分野で知名度が上がる。しかし、親会社である東京中央銀行がにアドバイザー契約を奪われてしまう。理不尽な横槍が入る転がしけていた。したいと相談を受ける。
主人公の半沢直樹(オレバブシリーズの人気キャラ)は、部下のロスジェネ世代の森山雅弘とともに、東京スパイラルの側に立ち、買収阻止に繰り出す。果たして・・?

敵対的買収とか時間外取引とか、ホワイトナイトとか、ライブドア問題のときに世間を賑わした単語がイロイロ出てきて、魑魅魍魎が跋扈する企業買収と金融業界の世界を、超特急ェットコースターのエンタテイメント企業小説に仕立て上げてる。

「人事が怖くてサラリーマンが勤まるか」

水戸黄門みたいというか、ちょっと勧善懲悪すぎて、読んでて恥ずかしくなるようなクサイセリフがてんこ盛りで、おいおい・・・・というところがいっぱいあるけど、スピード感はマル。
c0155474_2233595.jpg


by sustena | 2012-09-30 23:23 | 読んだ本のこと | Comments(4)
2012年 09月 30日

南伸坊『本人伝説』

c0155474_234715.jpg南伸坊の『本人伝説』(文藝春秋 2012年9月刊)を電車の中で読んで、思わず吹き出しそうになってアセッた。

これはイラストレーターの南さんが「 顔をキャンバスに」似顔絵を描き、本人になりきって文章も書いてるもので、最近世間の注目を集めた73人の有名人に変身してる。
写真は奥さんの南文子さん。ライティングは卓上スタンド1本。なので、陰影がほしいところは「物理的に影を描」いちゃう。あのおにぎりフェースで、とんがった顔の人にどう似せるの?って、それがまぁ超絶テクであります。

有名人なりきりアートとしては森村泰昌さんが有名だけど、あっちがアートとすれば、南伸坊さんのほうは落書きアート。肩が凝らず、ゆるい感じがたまらない。

最初美形はやっはりムリがあるな・・と思ったけど、二度目に見たらこれはこれで味わいが。
文句なく楽しいです。

松田聖子/荒木経惟/篠山紀信/ヨーコ・オノ/草間彌生/山下清/スティーブ・ジョブズ/ワンチュク国王/猫ひろし/ウッディ・アレン/糸井重里/吉本隆明/鶴見俊輔/福岡伸一/田中直紀/内田裕也/由紀さおり/橋下徹/菅直人/鉢呂吉雄/枝野幸男/野田佳彦/前原誠司/仙谷由人/斑目春樹/孫正義/伊集院静/長友佑都/澤穂希/島田神助/斎藤祐樹/仁科亜季子/マツコ・デラックス/池上彰/水嶋ヒロ/金正恩/渡部陽一/白川方明/宮里藍/菅伸子/鳩山由紀夫/鳩山幸/鳩山邦夫/琴光喜/玉置浩二/舛添要一/坂本龍馬/浅田真央/キム・ヨナ/スーザン・ボイル/タイガー・ウッズ/蓮舫/ダルビッシュ有/姜尚中/金正男/勝間和代/ヒラリー・クリントン/茂木健一郎/櫻井よしこ/石川遼/白露山/バラク・オバマ/麻生太郎/星野仙一/朝青龍/ペ・ヨンジュン/パンダ/ダライ・ラマ14世/藤原正彦/リリー・フランキー/石原慎太郎/浅野史郎/黒川紀章/吉田万三
c0155474_2224123.jpg


by sustena | 2012-09-30 23:04 | 読んだ本のこと | Comments(5)
2012年 09月 30日

経過

退院して明日で2週間である。なんだか月日が経つのはメチャ早いなぁ。
先週木曜日に病院へ行ってきた。主治医は退院翌日から出社してることに呆れてたけど、「これまで手術した中で5本指に入る順調さ」だと太鼓判を押してくれた。
レントゲンも問題なく、リンパへの転移も見られなかったとのことで、これでとりあえずは一安心であります。

ところで、入院前にあれこれ調べてもいまひとつわからなかったのが、左肺を半分取ったらどーなるのか、ということだった。
肋骨はそのままなので、取ったあとの外観がペチャンコになってしまうことはないにしても、カラッポのままではないだろうし。肺は酸素を取り入れて膨らんだりしぼんだりするから網みたいなものかというと、そうでもなくて、あるていど体積を占めているよjねぇ・・・・。

今回レントゲンを見たら、なくなった場所に左肺の下半分が移動してた。でも左肺の下葉部分がペシャンコになったわけでもない。いろんな細胞がちょっとずつ移動しちゃうのであうか。うーむ。

まだ信号の色が変わるからと走ったりできないけど、歩くペースも「ゆっくりめ」ぐらいになった。
ムダに咳は出るけれど、咳止めを飲むと落ち着いてるし、痛み止めも飲まなくても平気。

昨日は仲間との打ち上げでビールと日本酒とワインをひさしぶりにたんと飮んだよー。
c0155474_11272871.jpg
c0155474_11273552.jpg

今年のヒガンバナは夏がいつまでも暑かったのでいつもより1週間ぐらい遅い。ようやく一斉に咲き始めた。

by sustena | 2012-09-30 22:40 | つれづれ | Comments(8)
2012年 09月 24日

羽海野チカ『3月のライオン』1~7巻

c0155474_22571551.gif息子が友人から借りたという羽海野チカさんの『3月のライオン』(白泉社 1巻2008年2月 7巻2012年3月)を奪い取って読む。

東京の川っペりの六月町に住む桐山零は17歳のプロ棋士。幼い頃に事故で家族をなくし、父の友人のプロ棋士に引きとられるが、その家を出て独り暮らしをはじめる。心に深い傷を追い、孤独を友としてきた零だったが、川向こうの三月町に住む川本あかり・ひなた・モモの三姉妹と知り合い、また高校の教師や棋士仲間の二階堂らとの交流を通して、少しずつ自分の居場所を見つけていく。

羽海野チカさんは、『ハチミツとクローバー』を描いたひと。『ヒカルの碁』の将棋の話かなーと思ったら、そーではなくて、ひなたのいじめ問題を機に、頼り頼られる存在の大切さなど、ほわ~んと読ませる。

息子は、このタッチに慣れるまで苦労したようで、いったいどこから読めばいいんだーなんて騒いでいたが、少女マンガとしてはフツーだぞ。

モモちゃんがカワイイです。暑苦しいキャラの二階堂が、巻を追うごとに愛すべきキャラになっていくよ。
c0155474_22543276.jpg


by sustena | 2012-09-24 22:55 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2012年 09月 22日

東 浩紀『一般意志2.0―ルソー、フロイト、グーグル』

c0155474_22123095.jpg現代思想家・批評家の東 浩紀さんの『一般意志2.0―ルソー、フロイト、グーグル』
(講談社 2011年11月刊)を読む。

東浩紀さんは、なんとなく顔がキライというまったく身も蓋もない理由でこれまで読んだことがなかったのだけれど、新日本憲法ゲンロン草案が話題になってるし、なんとなく気になったので手にとったのである。

ひとことでいうと、J・J・ルソーが18世紀半ばに『社会契約論』の中で唱えた「一般意志」を、グーグルやツイッターなど、人々の無意識を可視化する情報技術が急速に進歩した21世紀の視点で「一般意志2.0」としてアップデートし、熟議がもはや機能不全となっている現代社会において、新しいアーキテクチュアが実現するデータベース民主主義を合意形成のヒントとした民主主義2.0を構想した本。

仮に人口の99%がネットに参加し、ツイッターやWEBLOGやソーシャルメディアで膨大なテキストを吐き出す時代に入ったとして、その「ビッグデータ」をどう可視化するかについて、ニコニコ動画などを例に出されると、いささかノーテンキすぎるし、一般意志2.0をその時々で小さな個別イシューにしているような気がするし、また可視化された無意識は、未来や外部経済のことが含まれにくいんじゃないかとか、気になるところがいっぱいあったけど、ネットをどう考えるかのひとつの考え方としては興味深かったよー。

講談社のPR誌の『本』で2009年冬から2011年春まで1年半にわたって連載された論考を一冊にまとめたもので、通常の社会思想関係の本よりもかなりわかりやすく書かれている。3.11があって、「日本の社会と文化をめぐる言質や多くの前提が変わってしまった」ことから、東さんはこの本をどのような形で出版するか迷ったという。しかし、震災後の視点で加筆しようとすると日本の未来についての新しいイメージとヴィジョンを世に問うまったく別の本になってしまう。そこで、震災前に掲げた「夢」のままに出版することを選んだのだそうだ。
c0155474_22233066.jpg
ジェインオースティン写真は近くの画廊。チリ・サンチアゴで生まれたCatalina Tucaさんの「SUGINAMI SKY」ゴミ収集所で集めたモノと、チリ出よく使われるラテックのペイントが出会ったインスタレーション

by sustena | 2012-09-22 22:12 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2012年 09月 20日

秀山祭九月歌舞伎

c0155474_213103.jpg亀治郎の写真集を眺めていて、そういえば、入院の前日、新橋演舞場に「秀山祭九月大歌舞伎」を観に行ったんだよなぁと思い出した。秀山祭というのは、初代中村吉右衛門の俳名である“秀山”を冠したもので、毎年この時期に二代目の吉右衛門が、初代の当たり役などを中心にプログラムを組む。

今回観たのは昼の部で、演し物は寺子屋と河内山。河内山は、仁左衛門とどう違うか興味があったし、寺子屋は染五郎の松王丸と吉右衛門の武部源蔵の組み合わせは如何に?と思っていたら、なんとまぁ染五郎が8月27日に東京・国立劇場で行われた舞踊公演中に、舞台セリから奈落に転落して大ケガをして、吉右衛門は松王丸に、梅玉が武部源蔵という配役に変更になった。

(その染五郎は、きのうあたり退院したという。リハビリ大変だろうなー)
  
寺子屋はよく知っている筋なのに、小太郎の「寺入り」で、母の福助と別れるシーンや、死ぬときに小太郎がニッコリと笑った、と源蔵が伝える場面など、もううるうる。

河内山は、最初の上州屋の場面はピリッとしない感じがしたけど、松江邸に行ってからの不敵な感じ、好きだなぁ。

歌舞伎座もだいぶできあがってきた。
c0155474_3494791.jpg
c0155474_3495660.jpg


菅原伝授手習鑑
一、寺子屋  
寺入りよりいろは送りまで
                    松王丸  吉右衛門
                     千代  福 助
                   園生の前  孝太郎
                 涎くり与太郎  種之助
                   下男三助  錦 吾
                   春藤玄蕃  又五郎
                     戸浪  芝 雀
                   武部源蔵  梅 玉


  天衣紛上野初花
二、河内山
  上州屋質見世
  松江邸広 間
  同  書 院
  同  玄関先
                  河内山宗俊  吉右衛門
                  後家おまき  魁 春
                 高木小左衛門  又五郎
                 近習大橋伊織  松 江
                 同 黒沢 要  歌 昇
                 同 米村伴吾  種之助
                 同 堀江新六  廣 松
                 同 川添運平  隼 人
                   北村大膳  吉之助
                   腰元浪路  米 吉
                   宮崎数馬  錦之助
                 和泉屋清兵衛  歌 六
                  松江出雲守  梅 玉

by sustena | 2012-09-20 21:32 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2012年 09月 19日

『亀治郎の肖像』

c0155474_21301349.jpg亀治郎(もう四代目猿之助になっちゃったけど)の舞台写真を集めた『亀治郎の肖像』(文化出版局2012/05/06 刊)を眺める。
30×22cmの大判で、本文275ページ、厚さ3.4cmもあってなかなか持ち重りがする。

「義経千本桜」の源九郎狐や宙乗りの場面、「お夏狂乱」の物狂いの女形、「加賀見山再岩藤」の亡霊のすごみ、「身替座禅」の滑稽、「天竺徳兵衛」の大ガマに乗った姿、「藤娘」の舞いなど、ここ5年間の亀治郎の歌舞伎の舞台の数々、「じゃじゃ馬馴らし」、「その妹」、「雨」など俳優としてのポートレートがあって、おお、これは観たなぁ・・と思い返しながら楽しんだ。

デジタル処理による連続合成写真が効果的で、そうそうこんなふうに動いたんだったと思い出されて、単なるキレイキレイな舞台写真でなくて、舞台の臨場感が伝わってくるよう。

撮影を担当したのは齋藤芳弘さん。

あとがきを読んで驚いた。齋藤さんはもともと広告のアートディレクターで、写真を始めたのは「料理ブックの出版にあたり、依頼した写真家との折り合いがつかず、自ら撮影をしなくてはならない状況に追い込まれたのがきっかけ」という!

えー、いくらセンスがあるとはいえ、いきなり料理写真??
しかも手がけた本がいずれも、料理本のアカデミー賞といわれる「グルマン・アワード」に輝いたんだそうだ。(うち一冊はパリの三つ星シェフ「ギィ・マルタン」の料理写真集ですぞ)

「亀治郎の会」のプログラムやポスター、などのデザインを担当することになり、舞台を観るうちに撮りたい、撮らねば!と舞台撮影になだれ込んで行ったそうなのである。

4-5ページ目に出てくる、おしろいの粉が舞っている写真が好きだなぁ。でもでも9800円もするので、図書館から借りたのだった。
c0155474_21295832.jpg


写真は、退院の日に地元の仲間が届けてくれた花。

by sustena | 2012-09-19 21:31 | 読んだ本のこと | Comments(5)
2012年 09月 18日

医者の見立て

主治医の予想通り、本日サッサと出社してしまったワタシです。

だって朝公園をぐるりとまわったら(家までの往復で約2.5km)、なんとかなりそうな気がしたんだもん。といっても当面は10時~16時のコアタイムのみで、積み残したら家で残りをやるつもりだけど。

5日間いなかっただけなのに、ずいぶん時間が経ったような気がする。

もっとも、入院中もメールをやりとりしていた仕事先からは、

「手術してるのか、退院したのか、そもそも入院もしていないのか、境界が分からん…。退院したら気力充実で吹っ飛ばされちゃいそ~~(>_<)~~ 」

なんてメールを頂戴する始末。
なにはともあれ、これにて入院顛末記のオシマイであります。シャンシャン。
c0155474_21183722.jpg

資生堂本社の工事では、もう3回も工事用のフェンスのデザインが変更になった。

by sustena | 2012-09-18 21:19 | つれづれ | Comments(14)
2012年 09月 17日

シャバの風

本日11時ごろに退院。
清算をすませ、最寄り駅に歩き、都営地下鉄から営団地下鉄、そしてJRへと乗り継いで西荻窪駅へ。
途中でへばるかどうかが、ひとつのチェックポイントだったんだけど、階段も無事クリアした(もっとも下りだけだった)

ちょうどお昼だったので近くの鞍馬でソバを食べる。ちょっと10秒ほど茹で過ぎのような・・・・。

バスで自宅近くの停留所まで。祝日だったこともあり、この間ずっと座れてラクチン。

久々の家だが、なんとまぁカボチャが腐っている!電子レンジでチンをするように言っておいたのに・・。洗面台も黄ばんでいるではないかっ!! ついゴシゴシしちゃった。

一休みして夕方リハビリがてら近くの公園に。
カマキリがいた。何を狙っているのかなぁ。
c0155474_2151279.jpg

なんとなく物思いにふけってるように見えてしまうカルガモ。
c0155474_2152125.jpg

一気に暗くなってきそうだったので、ショートカットして家に戻る。

うっかりいつものつもりで階段をトトトッと降りて息が上がっちゃった。そろそろと行かなきゃ、ですねー。

by sustena | 2012-09-17 21:54 | つれづれ | Comments(10)
2012年 09月 16日

あす退院

きのう回診に来た医者がいつ退院しますか、と聞くので、「月曜日にしてください!」と伝えると、レントゲンも血液検査も問題なかったから大丈夫でしょう、という。
痛みと息切れはこれ以上病院にいてもすぐよくなるというものでもないし、検査することもないし、日曜とか祝日は事務が休みだから退院は無理かなと勝手に思っていたのだが、なんとかなるらしい。事務棟は休みだけど外来棟の会計がやっているのでそこで支払えば大丈夫という。

やったー!と思っていたら、夜、主治医がやってきて「月曜日に退院するっていう噂があるけれど、本気?」と聞きに来る。だって~もう1週間になるし。「手術翌日から数えるんです。あなたの場合放っておくとすぐ翌日から出社するって言い出しかねない」
(わぁぁぁー、見抜かれてる~)
「シャバは怖いですよ~。みんな速く歩くし、買い物だけでもたいへんって言いますよ~」

だいじょーぶです。仕事は体調と相談しますし、始発のバスに乗って地下鉄も始発だから座っていきますし~。では、明日の元気度を見て決めるということで。

いつまでもパジャマのままでいると病人みたいな気になっってしまう。そこで本日からはTシャツとステテコに着替えて、フロアをてくてく歩いてると、ナースステーションで記録をチェックしている主治医を見つけた。

ハーイ~!と手を振って片足立ちしてみせると、「まぁいいでしょう」と晴れてOKが出たのだった。

ここの夕焼けも見納めであります。
c0155474_19373273.jpg
c0155474_19374883.jpg


追伸

点滴のあとが青あざになって等分消えそうにない。右頬と右顎に大きなかさぶたがある。たぶん手術中ずっと右を下にしていたから何かにすれたのであろう。食が細ったはずなのに、体重はあまり変化がない。動いていないからで、スリムになって退院できるかも、というのは甘い期待デシタ。

by sustena | 2012-09-16 19:38 | つれづれ | Comments(12)