いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 29日

トマス・サラセーノ「クラウド・シティ」

c0155474_2317115.jpg銀座メゾンエルメス8階で、トマス・サラセーノの展覧会「クラウド・シティ」をやっている。

トマス・サラセーノの名前は初めて聞いたのだが、毎朝銀座の地下鉄の通路を通るたびにこの個展のポスターが目に入って、ずっと気になっていた。

1973年、アルゼンチンに生まれ、現在はフランクフルトを拠点に活動し、サステナビリティに興味をもち、バックミンスター・フラーの系譜のアーティスト。

「クラウド・シティ」のクラウドは、crowdではなく、cloud。雲のように浮ぶ都市のこと。フラーは、1,000人の住人を載せた直径1.5マイルの球体が、太陽であたためられて宙を浮かび移動する「クラウド No.6」を構想した。イギリスの建築家グループ・アーキグラムは旅する空中都市を、オーストリアのヨナ・フリードマンは、ピロティの上に広がる「空中都市」を、磯崎新もかつてメタボリズム運動が活発だったころ「空中都市」を提案した。いずれも1960年代前後、近現代の終焉の予感に満ちながら未来都市を構想するなかで、夢想された。

今回のサラセーノのアートも、五角形のサッカーボールみたいなモデュールが天井と床面の石にアクリルワイヤーで結びつけられていて微妙なバランスを保ちながら宙にとまっているような作品で、その浮遊感覚になんとなく胸がきゅんとなっちゃったよ。。

もう片方の空間では、巨大な黒いゴミ袋が空間いっぱいにふくらんでいた。これはサラセーノが提案する太陽光エネルギーだけで飛ぶ気球「ソーラー・バルーン」のデモ品。四つんばいになって中に入ると、同じゴミ袋状の素材で気球をつくり、実際に空に浮かんだメイキングビデオが流れていた。楽しい♪

トマス・サレセーノの同名のこれよりもずっと規模の大きい展覧会が、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催中とのこと。
http://www.metmuseum.org/saraceno
c0155474_23174429.jpg


by sustena | 2012-08-29 22:12 | Art/Museum | Comments(0)
2012年 08月 28日

佐野 久里子写真展「moiré -モアレ-」

c0155474_23185528.jpg
銀座ニコンサロンで、佐野久里子さんの写真展「moiré -モアレ-」をやっていた。

私は、焦点の合わないまま、それを漠然と見ている
見えているものの輪郭が鮮明に浮かび上がるとき
不確かな感覚が、確かな感覚へと変わっていく

目に映る様々なものが、重なり合い、強め合い
新たな波紋-モアレ-を生じ
私を何処か自由なところへ連れて行く

モノクロ37点が並ぶ。

滑り台の売りの金属が光っているさま、ガラスの向こうにうっすらと見える山高帽の手前でくっきりとラインを描く桟、水滴がいまにも落ちそうなワイヤーがつくる角度がとってもクールだった。
c0155474_23194386.jpg


by sustena | 2012-08-28 23:45 | Art/Museum | Comments(0)
2012年 08月 28日

アフリカの染織

c0155474_20573322.jpg土曜日に、新宿の文化服装学院で開かれていた「アフリカの染織」展に行ってきた。

わが家には2階へと続く階段部分の天井に、中央アフリカの(どこの国だったか?)古布が飾ってあるんだけど、アフリカから連想するカラフルなものではなく、ひたすら地味ーな色なんだけど、その深みがとっても気に入ってる。で、今回もカラフルというより、素材の使いかたや、織の手仕事のデザインに惹かれた。

会場は2つの部屋からなっていて、アフリカの各地の特徴を大きくわけて紹介していた。
帯みたいな幅の布をはりあわせて一枚の大きな布にしたものがいろいろ。シンプルな模様がとってもモダンで驚いたな。
c0155474_10123385.jpg
c0155474_10124048.jpg
c0155474_1012469.jpg
この赤い布は、ガーナの男性用巻布「アディンクラ」。アディンクラは別れの挨拶を意味し、現在と未来、現世と来世の線引きをあらわすともいわれる神聖な布なんだそうだ。そのなかで、赤色のアディンクラは喪の色であり、葬式に参列する際に着る。文様は月、シダなど。木の皮や根、鉄粉などを煮詰めた黒色の液を染料として使う。ヒョウタンの実をくりぬいた型で模様をスタンプしたんだって。直線部分は竹櫛を使ったとのこと。
このほか、イチジクの木の皮をたんねんに叩いてのばしたものとか、蝋染め、泥染め。洋の東西を問わず、いずこも手に入る素材を上手に活用して服をまとっていたことがよくわかるのだった。
c0155474_10125264.jpg


by sustena | 2012-08-28 23:30 | Art/Museum | Comments(6)
2012年 08月 26日

料理のコンセプト?

昨晩、夕食の準備をしていたときのことである。

「きょうの夕食のメインは何?」と息子。
きのうの残りのビーフカツとイカの刺身とホイコーロー、と答えると、
「えー、豚肉はただ焼くだけがいい、なんでホイコーローなの」と追及してくる。

キャベツが山のようにあるから。

「キャベツのサラダにすればいいじゃないかー」

キャベツのサラダはきのうも食べたじゃない。それに今回の豚の三枚肉のブロックは脂身が多すぎで炒めるのが一番だから。

「そのコンセプトで納得した」と息子。

ほー、コンセプトねぇ。これから「本日の料理のコンセプトは」って、プレゼンテーションすればいいわけか~。
(でもほとんどは冷蔵庫の中のものの組み合わせなんだけどー。それってコンセプトとはいわないかなぁ・・・)
c0155474_1024754.jpg

白トウモロコシはめちゃ甘い(甘すぎ?)。とりたてだったら生で食べてもおいしい。

by sustena | 2012-08-26 10:06 | 食べ物 | Comments(10)
2012年 08月 25日

三谷文楽 「其礼成心中」

c0155474_0442787.jpg先日、パルコ・プロデュース公演、三谷幸喜の作・演出の「其礼成心中」を見てきた。

文楽については大阪でモメている。橋下徹市長が、一度文楽を見たけどつまらなかった、落語は努力してるのに、文楽は伝統にあぐらをかいてるとかナントカ言い放ってイチャモンをつけ始めたのを皮切りに、補助金の25%削減を打ち出し、本日の新聞では、技芸員との公開面談を断られたため、今年度分の補助金3900万円の予算執行を凍結すると発表したとあった。ひどーい。
で、そんな橋下効果があってか、大阪の国立文楽劇場で7月21日~8月7日まで行われた「夏休み文楽特別公演」の入場者数は、昨年にくらべて約4割増えたという。その演目が近松門左衛門「曽根崎心中」だった。

今回の三谷幸喜のオリジナル脚本は、その「曽根崎心中」をもじった「其礼成(それなり)心中」。

元禄十六年。大坂では近松か実際の心中事件に想を得て書いた「曽根崎心中」が大ヒットし、舞台となった天神の森には心中しようという男女が連日のようにやってきていた。森の入口の饅頭屋の主人は、ここで心中されてはかなわない、悪い評判で商売あがったりだと本日も見回りに。そこで出会ったカップルを諭しているうち、うまい商売を思いつき、一転、店は大繁盛。が、近松が次に書いた作品「心中天網島」によって、あっというまに人気がガタ落ち。かわって、自分たちのビジネスモデルをまねた網島の店が繁盛しだす。近松のせいだと殴り込みにいき、曽根崎を舞台にした作品をもう一度書いてくれと迫る饅頭屋の主人。近松の返事は、自分が書く気になる「それなりの心中」事件があれば、考えないでもない、というもの。一方、饅頭屋のブスの一人娘は、偵察に行った網島の店の息子とよい仲に・・・。

っていう、コミカルなお話。

文楽も悲運悲恋ばかりではなく、チャリ場と呼ばれる滑稽なシーンはあるけど、たいがいは長い話のほんの一コマにすぎない。それが今回は全編チャリ場である。

とはいえ、大夫も三味線も、オーソドックスなスタイル。通常の浄瑠璃との違いは、耳で聞いて意味がすっととれること、そして時折大夫の語りにいまふうのセリフが入って客席がわくこと。
人形もいつものもので、以前シェイクスピアの「テンペスト」を文楽でやったときのようなミョーな違和感はまったくない。そっかー、こんな文楽もアリだねぇ。

すばらしかったのは、遣い手がのびのびやっていること。そして人形の動き。ドタバタコメディののシーンは、それはそれはでも見事な一体感で、こんなふうな表現だって得意なんだ、とあらためて実感したなぁ。

橋下が見たら、ほら、こんな努力をしたら観客も来るし、おもしろいじゃないか、なんて言い出すかなぁ。

出演
竹本千歳大夫 豊竹呂勢大夫 豊竹睦大夫 豊竹靖大夫 
鶴澤清介 鶴澤清志郎 鶴澤清??鶴澤 清公 
吉田 幸助 吉田 一輔 吉田 玉佳 桐竹 紋臣 桐竹 紋秀 吉田 玉勢 吉田 簑紫郎 吉田 玉翔 吉田 玉誉 吉田 簑次 吉田 玉彦 吉田 玉路 吉田 簑之
c0155474_16265083.jpg


by sustena | 2012-08-25 16:27 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2012年 08月 22日

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』

c0155474_2302074.jpg1年ぐらい前から息子に読め読めとせっつかれていて、今読んでる本が終わったらねーとのばしのばしにしてきたんだけど、このところ図書館にずっといってなくて、読む本がなかったので、ついに息子から借りて読んだのが、伊坂幸太郎の『アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社 2003年11月刊)

実のところ伊坂さんの本をちゃんと読むのは初めて。なんとなく苦手意識があったのだ。

出だしはちょっとそそられる。

大学に通うために引っ越してきたアパートで最初に出会ったのはシッポがまるまった黒猫、次が悪魔めいた長身の美青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は一冊の広辞苑。ためらいつつも、結局モデルガンを持って、書店の裏口に立つことになった。ボブ・ディランを歌って、ドアを蹴ればいい単純な任務だというが・・・・。

物語は、2年前のできごとと現在とが交互に語られていく。最初の方で、ペットに残虐な行為をするグループとの邂逅シーン、暴力の予感が色濃くて、ちょっとドキドキというか、あまりこれ以上読み進めたくなかったけど、「そこをガマンして読むように」という息子の言葉を信じて最後まで読む。

ちょっとずるいんじゃない?と思うところも多々あったし、人物設定がなーと文句はいっぱいあったんだけど、セリフのやりとりなど、ちょっと不思議味。(ネタバレをせずに、この本の魅力を伝えるのはむずかしい。で、このネタバレ部分は一番好みが分かれるところだと思う。私はあまり感心しなかったけど、そう来たかーという軽いショックはあった)
c0155474_2153462.jpg


by sustena | 2012-08-22 23:33 | 読んだ本のこと | Comments(8)
2012年 08月 21日

アツアツの餃子にハフハフ

本日はお昼をはさんで、いま進行中のパンフレットの色校正のクライアントからの戻しと、印刷所への再入稿があって、出先の浜松町で昼食時間と相なった。

どうせならふだん行かないところを探索してみようとずんずん歩くと、何やらそそられる外観と看板が・・・・・・。
c0155474_21541957.jpg
c0155474_21542543.jpg
c0155474_21543249.jpg

餃子が自慢の店であるらしい。
ランチには他にも麺と炒飯の組み合わせとか、中華の定食があったけれども、焼餃子で頭がイッパイになっていたので、単品(580円也)にライスをつける。
(チャーハンとセットにしたり、スープをつけられないかと頼んだけど、できません、と却下されちゃった。)

なんか栄養が偏ってるかなーと思ったけど、皮がもっちり肉厚で、ジューシーでふんわりこんがり焼いてあって(焼きに15分)、大きいので、歯で半分にすると、汁がじゅわっと出るんだけど、ショーガとラー油としょうゆ入れた皿でこぼさないように受けて、そのままごはんにかけて食べると、品がないけど、とーってもおいしかったぞ。
c0155474_228469.jpg

裏面はこんがりきつね色。おすすめです~。(でも、ビールとあわせたい)

by sustena | 2012-08-21 22:09 | 食べ物 | Comments(8)
2012年 08月 19日

しみじみ日本・乃木大将

c0155474_2253531.jpgもうずいぶん前になるけれども、埼玉彩の国さいたま芸術劇場で、井上ひさし作、蜷川演出の「しみじみ日本・乃木大将」もみたんだった。

主人公は日露戦争の英雄、乃木希典。明治天皇大喪の日、殉死を決意した陸軍大将乃木希典が夫人の静子とともに3頭の愛馬に最後の別れを告げている。夫妻の様子に何かへんだぞ、と騒ぎ立てる愛馬たち。夫妻が去ったあと、馬たちが前足と後足の人格ならぬ馬格に分裂し、28歳から大喪の日までの乃木大将のエピソードをつづっていく。

とくに印象深かったのは、聯隊旗が、天皇の分身として象徴化されイメージ操作のシンボルとして使われることになる場面。
それを宝塚の朝海ひかると香寿たつきが、宝塚ふうに演じたところがサイコーだった。

芸達者な面々の馬っぷりも楽しかったな。

井上作品の後期のような深みはないけれど、歌と奇想天外な設定で、明治という時代と乃木の人間くささを伝える井上ひさしらしい芝居だった。演出も蜷川にしてはめちゃオーソドックスだったような。

<登場人物> -役名順-
こと(壽號の前足)/陸軍大将乃木希典閣下・・風間杜夫
ぶき(壽號の後足)/明治四十四年九月一日朝の乃木将軍・・吉田鋼太郎
あら(璞號の前足)/副官/桂太郎・・山崎一
たま(璞號の後足)/村田三介・・六平直政
乃の字(乃木號の前足)/玉木正諠/赤胴虻之助/明治大帝・・大石継太
木の字(乃木號の後足)千田少尉
くれ(隣邸のメス馬紅號の前足)/乃木大将夫人静子様/皇后・・根岸季衣
ない(隣邸のメス馬紅號の後足)
はな(近くの馬車屋のメス馬英號の前足)/児玉源太郎・・朝海ひかる
ぶさ(近くの馬車屋のメス馬英號の後足)/山県有朋・・香寿たつき
感心な辻占売りの本多武松少年

1  書生志願
2  馬体分解
3  馬格分裂
4  駒くらべ
5  連隊旗
6  植木坂の野戦
7  千田少尉の報告
8  馬虻
9  将軍たちのお茶の会
10  型の完成
11  それからの馬たち 

c0155474_2151513.jpg


by sustena | 2012-08-19 10:53 | Theatre/Cinema | Comments(6)
2012年 08月 19日

ふくすけ

c0155474_2245043.jpg先日、シアターコクーンで、松尾スズキ作・演出の「ふくすけ」を見る。

ひたすらにパワフルだったー。

オウム事件も前の1991年に“悪人会議”プロデュースとしてスズナリかどこかで初演。その後98年に“日本総合悲劇協会”公演として再演された作品で、薬害によって奇形児になったフクスケをめぐって、風俗産業や新興宗教やテロ、DVなどがごった煮になった、かなーりアブナイ内容。

話は、吃音で、昔いじめられっこだった冴えない中年男、エスダヒデイチ(古田新太)は、赤子を死産して以来精神のバランスを崩して、ヤケににおいに敏感になり告訴魔となったあと、忽然と失踪してしまった妻マス(大竹しのぶ)を探しに上京する。そこでホテトル嬢のフタバ(多部未華子)に会い、彼女の元恋人でルポライターのタムラタモツ(皆川猿時)の助けを借り、歌舞伎町で都知事選に立候補したマスを発見する。

マスは歌舞伎町でのしつつあるコズマ三姉妹(小松和重、江本純子、宍戸美和公 不発弾を集めるのが趣味)と手を組んで、輪廻転生プレイで大ブレイクしてたのだ。

一方、薬剤被害で奇形児として生まれて、製薬会社の御曹司ミスミミツヒコ(松尾スズキ)によって監禁されていたフクスケ(阿部サダヲ)は、精神病院に入院してくるが、そこで警備員として働くコオロギ(オクイシュージ)の手引きで脱出、コオロギの盲目の妻サカエ(平岩紙)とともに新興宗教を始めることになる。

やがてこの新興宗教はコズマ3姉妹を敵として宣戦布告する。
一方、タムラタモツはエスダヒデイチの故郷を取材するうち、マスの秘密をかぎあてる・・・。

こんなふうにストーリーを書くと、意外と整然としてるみたいだけど、前半はいったいこれは何が始まったの?というなかに突き落とされる感じ、次第に芝居の構造が頭に入ってきて、ふむむそーだったのかと、展開に目が離せなくなっていく。

大竹しのぶのからだのキレがいいなぁ。
松尾スズキは相変わらず登場するだけで、ふしぎな脱力感イッパイの動きで笑いがまきおこる。
小松和重の女装が不気味ににあってました。

エスダヒデイチ 古田新太
フクスケ(スガマナツオ)阿部サダヲ
フタバ 多部未華子
タムラタモツ 皆川猿時
コズマエツ 小松和重
コズマヒスミ 江本純子
コズマミツ 宍戸美和公
スゲヤマ 村杉蝉之介
サカエ 平岩紙
レイジ 少路勇介
コオロギ オクイシュージ
ミスミミツヒコ 松尾スズキ
エスダマス 大竹しのぶ

コギャル 青山祥子、若いポリス 赤池忠訓、アナウンサー 井内ミワク、年をとったポリス 井澤崇行、工員 井上尚、刑事 井本洋平、ポリスの妻 延増静美、信者 菅井菜穂、看護婦 鈴真紀史、影村 竹口龍茶、チカ 中尾ちひろ、ミッチィ 羽鳥名美子、団長 町田水城、セムシ男 矢本悠馬、奇形児 植浦菜保子

c0155474_1044360.jpg


by sustena | 2012-08-19 10:29 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2012年 08月 18日

「リンカーン弁護士」

c0155474_22374530.jpg本日、ひさしぶりに土日の予定がなかったので(仕事はちょっと積み残してるけど)、気分転換でも・・と、「リンカーン弁護士」を見に行く。

もともと、法定ものはわりと好きで(でも映画よりは本で読む方が圧倒的に多い)、今回も原作がマイクル・コナリーで、ちょい悪のクールでプロフェッシッショナルな弁護士にマシュー・マコノヒーがはまり役というので、前から気になっていたのだ。

あらすじは─
ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は「NTGUILTY」のナンバープレートをつけたリンカーン・コンチネンタルを事務所代わりにしている弁護士。ちょっとあこぎな手を使って司法取引で軽い刑をゲットしたり、高い弁護料をふっかけたりしてるけど、腕は超一流。

あるとき、レジーナという娼婦に暴力をふるったとして起訴された不動産屋の青年ルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)の弁護を担当することに。ルイスはレジーナにはめられたと無罪を主張するが、調べていくと、4年前に担当したレイプ後に惨殺さた女性の事件との類似点に気づく。ミックはそのとき無実を訴える依頼人の話をろくに聞かず、死刑になるよりは有罪を認めさせ司法取引をしたのだ。ルイスがその事件に係わっていたとしても、弁護士には秘匿特権があり、依頼人を告発することができない・・・。

脚本がわかりやすく組み立てられていたよ。どうかするとこの手の映画は、美男美女がぞろぞろ出てきたり、もろ悪役って感じの検察や悪党が出てきたりでげんなりするんだけど、主人公も、元奥さんもわりとフツーだった。ルイス・ルーレ役のライアン・フィリップがけっこうイイ。あと音楽が好きでしたー。

監督 ブラッド・ファーマン
製作 シドニー・キンメルほか
ミック・ハラー・・・・・・マシュー・マコノヒー
マギー・・・・・・マリサ・トメイ
ルイス・ルーレ・・・・・・ ライアン・フィリップ
ミントン・・・・・ ジョシュ・ルーカス
バル・・・・・ ジョン・レグイザモ
マルティネス・・・・・ マイケル・ペーニャ
メアリー・・・・・ フランシス・フィッシャー
ドブス・・・・・ ボブ・ガントン
ランクフォード・・・・・ ブライアン・クランストン
フランク・・・・・ ウィリアム・H・メイシー

写真は、越後妻有の「キロロ」の塔部分の階段をのぼりながら
c0155474_21562231.jpg


by sustena | 2012-08-18 23:29 | Theatre/Cinema | Comments(0)