<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

小籠包と椎茸そば

このところ食べ物の話ばかりな気がする。疲れているのかもしれない。実はこの秋に公園で行われる野外アート展で、仲間たちと例のごとく寸劇を披露し、日曜と祝日にはラジオカフェを出すので、準備にてんてこまいしてるのだ。

ま、先日恵比寿でフラッと入った恵比寿 京鼎樓という小籠包の店。ほんとは知人が野菜バーに案内してくれるはずが、場所がわからなくなったというので、テキトーに歩いていたら、「小籠包」の3文字が目に飛び込んできたのであります。小籠包というと、上海や台湾で食べたアツアツでジューシーな、いくつでも食べられそうな湯気をたてた小ぶりな姿が思い浮かぶ。その店には麺類かチャーハンに小籠包4つがつくセットがあったのだ。

さっそくメニューを見て、冬菇湯麺(椎茸そば)セットを注文。
c0155474_23241258.jpg
c0155474_23242377.jpg

小籠包は皮が薄くて弾力があるのはマル。冬菇湯麺はちょと椎茸が甘すぎたけど、澄んだスープがまぁまぁ及第点か。

12時を過ぎたら続々と客が押し寄せて並んでいた。けっこう有名なお店だったのね。あとでwebを調べたら、シェフは、小龍包の有名店「鼎泰豊」で修行し、後に独立。兄弟達と共に「京鼎小館」「京鼎樓」を開店、とあった。本場台湾仕込み、ということなのだった。

by sustena | 2011-10-31 23:24 | 食べ物 | Comments(0)
2011年 10月 30日

ごはん

2週間ぐらい前に電気炊飯器がこわれた。液晶のところがバカになって、うんともすんとも言わなくなったのだ。
最初はこの春に取り替えたガスコンロに、ご飯を自動で炊くメニューがあったのを思い出して、鍋で炊いてみる。勝手に強火になったり、弱火になったりして、賢いことに感動。でもおこげができないのが気に入らない。

そこで、土鍋を出して炊くことにした。炊きあがる時間もぐんと短いし、何よりもおいしい。

炊飯器を買うか、このまま土鍋で炊き続けるか、迷っているきょうこのごろなのである。
c0155474_0402120.jpg
c0155474_0402757.jpg


by sustena | 2011-10-30 00:41 | 食べ物 | Comments(12)
2011年 10月 30日

続けて牡蠣

まだワタシの頭の中は牡蠣でイッパイだったので、きのうの昼は、OSTREAというオイスターバー(チェーン店である)のコリドー街店でランチを。ここは昼はパスタか週がわりの牡蠣丼、カジキの鉄板焼きなどのメインに、前菜とサラダ、デザート、飲物がビュッフェスタイルでつく。ステーキは1200円だけれど、ほかは1000円なので、コストパフォーマンスがいいためか、味は並だけど、いつも混んでいる。(ちなみに私の隣にいた若い男の子は、カキフライをさらにてんこ盛りにして、3回もおかわりしていた。これならおトクかも)

きのうは、メインを牡蠣とルッコラのフェデリーニ(細めのパスタ・写真)にして、サラダを山盛りに、前菜は明太ゆでタマゴ、鶏のムネ肉薄切りにバジル添え、それとカキフライを3個いただく。もっと食べようかと一瞬思ったけれど、体型を思い出して踏みとどまる。(生だったら、自制心が働かなかったに違いない。)

あーん、やっぱりおいしい生牡蠣が食べたーい。カキフライとパスタでは、ちっともココロは落ち着かなかったのだった。
c0155474_0313579.jpg


by sustena | 2011-10-30 00:30 | 食べ物 | Comments(0)
2011年 10月 27日

牡蠣の季節

カレーが食べたくなると、1カ月に一度くらい出向くのが、銀座にある楸(ひさぎ)というお店。
「黒いカレー」や「豚角煮カレー」、「ステーキカレー」、なんともゴージャスなステーキ、角煮、カキフライがのった「スペシャルミックスカレー」などいろいろあるけれど、私がいつも注文するのは、写真の「カキ入りカレー」。牡蠣のエキスがしみこんでいて、胃にじわーんとしみわたる。

先日何気なくこのお店のホームページをみていたら、牡蠣がめちゃくちゃおいしそう。今度夜にいってみたいよーと、恋い焦がれている今日この頃なのでした。
c0155474_22394593.jpg


by sustena | 2011-10-27 22:13 | 食べ物 | Comments(4)
2011年 10月 26日

ファームアップ

GXRとGRD3のファームアップをしに、銀座のリコーサービスセンターへ。(リコーのサービスセンターは職場から徒歩5分ぐらいしか離れていないので、自分でやるよりも、お願いしたほうがらくちんなのだ)。

待っているしばしの間、新発売のGRD4をさわってみる。AFがめちゃ速くなった! 買おうかどうか迷っているならオススメです。
c0155474_22531131.jpg


by sustena | 2011-10-26 22:56 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(6)
2011年 10月 26日

暗記法

電話番号をごろ合わせで覚えさせる、というのはよくあるパターンである。
でもこの碁会所の看板、ちと強引かなー。
c0155474_22374811.jpg


by sustena | 2011-10-26 22:33 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2011年 10月 26日

人気にあやかる

昼飯の激戦区である。夜の商売だけでは売り上げがキビシイのか、お昼もやるクラブなどもある。
きょうはふとこんな看板に目がとまった。
c0155474_22294231.jpg


by sustena | 2011-10-26 22:29 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2011年 10月 24日

芸術祭十月花形歌舞伎

c0155474_22463213.jpg先日、新橋演舞場で、「十月花形歌舞伎」の夜の部を見た。
亀治郎が、猿之助四十八撰の内の復活狂言「當世流小栗判官」をつとめる話題の舞台で、市川亀治郎と市川笑也が、天馬で宙乗りをする。亀治郎は判官、浪七、お駒の三役を演じ、判官とお駒は早替わりも見モノ、というわけで、ずっと楽しみにしていた。

ストーリーは、予習しておかないとちょっとややこしい。

中世末期から近世の古浄瑠璃の「おぐり」と、歌舞伎お得意のお家騒動をくっつけてたもの。
常陸国の領主横山郡司には、照手姫という娘がいて、許婚者の小栗判官兼氏に相続させようと考えていた。しかし、郡司の弟大膳と息子の次郎&三郎兄弟は、日立の国をのっとろうと、郡司の館から判官に家を譲る証文と、管領家からあずかっている大切な勝鬨の轡を奪い、郡司を殺してしまう。照手姫は大膳の館にとらわれるが無事助け出され、遊行上人のいる遊行寺に向かう。一方、盗まれた宝と照手姫を探しに大膳の館にやってきた判官。大膳は荒馬をけしかけるが、馬の名手である判官はやすやすと馬を乗りこなす。しかも、碁盤に乗る曲馬まで披露しちゃう。かっこいい!
(この馬役、前足をやる人はとってもたいへんだと思う)
郡司を殺したのは大膳親子であることを聞いた判官は、敵討ちを決意し、馬に乗って遊行寺へと向かう。

さて、遊行寺で追手によって判官とはぐれた照手姫は、小栗家の家臣の漁師浪七と妻お藤に匿われている。しかし、お藤の兄の胴八が、金目当てに照手姫をさらってしまう。あっ、大変! 浪七夫婦は命がけで照手姫をすくうのだった。お藤を演じた春猿、すてきだったなー。浪七の亀治郎も大熱演であります。

その後照手姫はあちこちを流浪し、美濃国の萬屋で下女をしている。一方判官は、宝の行方を探してこれも全国をへめぐるが、萬屋の娘お駒を暴漢から救ったことで、お駒は版癌ヌ値一目惚れ。判官は、探し求めている勝鬨の轡が萬屋にあると知り、お駒と結婚することを承知する。しかし、祝言の日に照手姫と再会。どうする~。ここでなんと、お駒のおっかさんのお槙は、実は照手姫の乳母で郡司に恩があることが判明。お駒に判官との結婚を諦めるように諭すが、嫉妬に狂ったお駒は照手姫を殺そうとする。やむなくわが子を殺すお槙。ちょっといきなりスプラッターになるのってえくぐないかい。判官はお駒の怨念に祟られて顔が醜くなり(はい、「おぐり」の元のストーリーね)・・・・でも、最後はエライ上人さまのおかけでハッピーエンド。

照手姫の笑也はきれいだとは思うんだけど、亀治郎の判官がセンが細くてペラペラなので、あんまり可憐な感じがしない、強そうなお姫サマに見えてしまったなぁ。

亀治郎は早替わりも、曲馬もよかったし、お駒も安心して見ていられたけど、ちょびっと物足りない感じがしたのはなぜかしらー。たぶん筋立てそのものがハデなところばかりに目が行ってしまい、上滑りに見えちゃったのかなぁ。

獅童の矢橋の橋蔵はかわいくて、客席からやんやと喝采。おいしい役どころだったよね。

    小栗判官兼氏/浪七/娘お駒  亀治郎
              照手姫  笑 也
            鬼瓦の胴八  右 近
      横山次郎/膳所の四郎蔵  猿 弥
             後家お槙  笑三郎
           浪七女房お藤  春 猿
             横山郡司  寿 猿
             横山三郎  薪 車
             局 藤浪  竹三郎
      矢橋の橋蔵/上杉安房守  獅 童
             遊行上人  愛之助
          横山大膳久国  市川 右近(段四郎 休演のため)
c0155474_23302487.jpg


by sustena | 2011-10-24 22:45 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2011年 10月 24日

似てる?

会社近くの工事中のコマツビル。
一瞬、あっ、似てる!と思ってしまった・・・・。諸先輩にはどう思われるかワカラナイけれど。
c0155474_21132033.jpg
c0155474_2331196.jpg


by sustena | 2011-10-24 21:13 | つれづれ | Comments(0)
2011年 10月 23日

ぶらぶら長崎

所用で長崎に行った。
長崎は、中学校の修学旅行で訪れて以来である。あのときは、グラバー邸と平和公園に行って、どこかで蛇踊りを見て、それから雲仙のほうに行ったことしか覚えていない。なにしろ、枕投げのことで頭がイッパイだった頃のことである。

大浦天主堂付近は、遠足の子どもたちでいっぱい。
c0155474_2320065.jpg
c0155474_2320863.jpg

朝から歩き回って疲れたので興福寺で抹茶で一休み。
c0155474_23252987.jpg
c0155474_23254053.jpg

原爆落下中心地公園に猫がいっぱいいてびっくり。
c0155474_23262834.jpg

夜居酒屋で。長崎ハトシなるものがあった。
海老のすり身を食パンにはさんで揚げたものという。
c0155474_2328594.jpg


by sustena | 2011-10-23 23:27 | | Comments(5)