<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

宮部みゆき『小暮写眞館』

c0155474_21315246.jpg図書館で予約していた宮部みゆきの『小暮写眞館』(2010年5月刊 講談社)の順番がやっとまわってきて、716ページものボリュームがあったんだけど、つるつると読んでしまった。

4話からなる連作である。
主人公の高校生・花菱英一(花ちゃん)と8歳下の小学生の弟の光(ピカ)、父・秀夫、母・京子の一家が購入したマイホームが舞台である。本来なら「古家あり」として、撤去費用がかかるボロ家は、もと写真館だった。第一話は、この写真館で現像した写真が心霊写真だったと1枚の写真が持ち込まれ、英一がその写真の由来を突き止める話から始まる。しかもこの家には、小暮泰治郎の幽霊も出るというウワサが・・・。

登場人物が揃って味がある。
英一の親友で、めちゃ頭がいいテンコ(店子力/たなこ・つとむ)、英一と同じジョギング部の物干しみたいに長身の橋口保、色黒丸顔ゆえにコゲパンというあだ名の寺内千春、バレー部なのにチビばっかりの豆バレー部の田部女史、鉄道愛好会に所属する田中博史クン。そして、この家を仲介したST不動産屋の社長の須藤さん、ワケありの女性事務員・垣本順子など、宮部みゆきがいつものようにじっくりと書き込んでいくので、それぞれがイキイキしたキャラで動き出す。

心霊写真の話から始まるため、最初は、宮部お得意のちょっとオカルトがかった話かなーと思うとさにあらず。最初はただの感じ悪い事務員かと思っていた垣本順子の存在が大きくなっていく。そして、インフルエンザ脳症で4歳のときになくなった風子(ふうこ)の存在を、それぞれが痛みとともに抱えていて、第3話、第4話と進むにつれて、じわーんとしちゃう。

この本の表紙は小湊鉄道飯給駅。線路脇をサクラ並木が彩り、菜の花の絨毯が広がっている。そこに上半分がクリーム色で、下半分が紅色の二両編成の電車が停まっている写真で、最終章で初めてその写真の意味がわかる。心霊写真とか念写の話が出てきても気にせずに読み進めるべし。

第一話 小暮写眞館
第二話 世界の縁側
第三話 カモメの名前
第四話 鉄路の春

c0155474_1241822.jpg
c0155474_1242436.jpg


by sustena | 2011-05-31 21:56 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2011年 05月 31日

カメラが気になる

3年ぐらい前には想像もつかなかったことだけれど、写真をせっせと撮るようになって、ヘタクソなくせにもうちょっといいカメラだと1000分の1くらいはいい写真が撮れるんじゃないかと夢想して、ついカメラが気になって、でも新しいカメラをゲットしても、やっぱりセンスだなぁということが痛感されるだけなんだけど、それでもやっぱりひとさまがどんなカメラを使っているのかはちょっと気になって、街角でカメラを構えているひとがいると、チラ見してしまう。

きょうも高田馬場でウルトラマンがカメラをさげていたので、何かなーとチェックしてしまった。この写真ではわかりづらいのだけれど、FLASH FUJICAでありました。
c0155474_215751.jpg


by sustena | 2011-05-31 21:05 | まち散歩 | Comments(8)
2011年 05月 30日

梅雨どきの台風

今年はさわやかな5月がなんだか短くて、あっという間に梅雨に突入して、いつのまにかドクダミがわが季節とばかり咲き誇ってる。
c0155474_22194643.jpg

台風2号の名残りも午前中まで、でも台風一過のスッキリした天気というわけではなくて、なんだかもわっとしてた真昼の銀座の空。
c0155474_22211611.jpg

そういえば(全然関係ないけど)最近読んだ記事のなかで、歌舞伎の衣裳で、仮名本忠臣蔵手本忠臣蔵の大序で、塩冶判官の妻の顔世御前が着るうちかけの波線模様を「立湧」といって、水蒸気やかげろうが立ち上る様子をあらわした文様なんだそうな。蒸気の立ち上るのは吉祥で縁起がよいのであるとモノの本にあって、へーえと思ったことでありました。

by sustena | 2011-05-30 22:33 | つれづれ | Comments(8)
2011年 05月 29日

立川流落語会

先日、国立演芸場で立川流落語会があって、志の輔と談春が出るので勇んで出かけた。満員で立ち見もチラホラ。オシャレな大人の女のひとが多いのは立川流だからか、志の輔ファンか。小三治などの客層と違う感じ。


演目は次の通り

前座の志の彦「つる」
志の春「元犬」
錦魚「猫の皿」
談慶「唖の釣り」
談之助「懐かしのスーパーヒーロー」
志の輔「ハナコ」
(中入り)
談春「宮戸川」
文字助「とんち相撲」
小菊「俗曲」
里う馬「五貫裁き」

前半で押したので、後半の文字助は、持ち時間20分のところをほんの3分ほどでまとめてあとにゆずった。そのとんち相撲とは、「たばこ屋と客、つり出してたばこ屋の勝ち」みたいなのをまとめたもの。

最高だったのは志の輔の新作落語「ハナコ」。去年は古典をやってたけど、やはりこのひとの新作はよくできていて、今回は富山出身の志の輔らしく、焼肉酒家えびすのユッケの話から。生肉は本来流通しないタテマエになっていたのにびっくりとか、トリミングするから高いんだ、トリミングって犬の毛だけじゃないんだ・・・なんて話から、ユッケ用だとかいうことをうやむやにして・・・なんて話から、昔は日本はそういう不都合なことは「あらかじめお断りしておきますが・・・」と伝えていて、決して隠す、ごまかすなんてことをしなかったってことが枕で、ある旅館に逗留した一行を迎える旅館の「あらかじめお断りしておきますが」攻撃の話に入っていく。笑いこけちゃったよ。

談春の「宮戸川」は前半。江戸の話じゃなくて、ほとんどいまの話に。遅くなって家から締め出しを食い、仲人好きなおじいさんの家に泊めてもらいにいく。そのおじいさんと、いぎたなく寝てるおばあさんのやりとりが楽しいけど、なんだかちょっとはしゃぎすぎの感じだったなぁ。

写真は新橋の飲み屋の看板。この猫がだれかに似てる気がしてぱちり。
c0155474_22222466.jpg


by sustena | 2011-05-29 22:22 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2011年 05月 29日

5月文楽公演

c0155474_0261054.jpgもう終わっちゃったんだけど、5月は久しぶりに文楽を観た。
住大夫の出る第1部か、生写朝顔話のある第2部とどちらにするかを迷ったんだけど、前から一度は、君の名は以上のすれ違いのラブストーリーの「生写朝顔話」を観たくて、第2部にする。

「絵本太功記」のほうは、文雀が休演となってちょっとガッカリ。この人の頑固なお母さん・一本芯の通ったおばあさん役がけっこう好きだったのー。

尼崎の段の切り場の燕三の三味線がよかった♪

「生写朝顔話」では、何をおいても簑助が絶品で、このひとの人形は本当に生きているようで簑助が遣うだけで空気が変わっちゃう。なんでここで気づかないかなーの別れが切なくて泣けちゃうんだけど、嶋大夫のうなりに今回はちょっと感情移入できなかった……。
c0155474_0262863.jpg
c0155474_23124117.jpg


by sustena | 2011-05-29 21:55 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2011年 05月 29日

気になった言葉

帰り道の高速で。「ゆずり車線」という見慣れない言葉が目に入った。

なにしろ私は、クルマに乗ってると、標語や看板や目につくいろんな文字を片っ端から読んでいるので、見慣れない言葉があると、???で頭がイッパイになってしまうのだ。

はて、初めてみたような・・・。英語も併記されていてSlower Trafficとある。Slower Trafficとあるからには、登坂車線と似た意味なのであろうか?まさか、呼びかえることにしたわけではあるまい。
調べたら、登坂車線の平地版で、関越自動車道の上り線では、勾配約0.6%のゆるい下り坂のあと、勾配約1.4%のゆるい上り坂が約1km続き、気づかないうちに速度が低下してしまううえ、混雑時には追越車線についついクルマが集まってさらにスピードが落ちてしまうため、夏場やGWなど交通量の多い時期に渋滞が発生うちゃうのを防ぐために、3月17日より埼玉県大里郡寄居町付近で約1kmのゆずり車線を設けたのだという。ふーん。

そうそ、もうひとつ最近???と思ったのが、台風2号のことを解説している気象予報士が「しまった台風」と言ってたこと。二度耳にしたから、そんな形容があるのか?等圧線がギュッと密なんだろうか??

写真は寄居IC。星の王子様で統一していて、IC内の物産でも、星の王子様のグッズほかフランス産のワインビネガーやお菓子などがいっぱい。フランス料理のバイキングやオムライス、粉から手作りのパンなど、アッと驚くICとなっていて(まだ少し工事中)、バラのミニ庭園もあったよ。びっくりー。
c0155474_123531.jpg
c0155474_1231429.jpg


by sustena | 2011-05-29 12:03 | つれづれ | Comments(4)
2011年 05月 29日

ツツジがいっぱいの喫茶店

軽井沢はちょうどツツジの季節だった。もちろんまだ緑が柔らかくて、雨を覚悟していたのだが、降られることなくのんびり散歩できてラッキー。
旦念亭前のツツジの道を歩いてコーヒーを飲む。水だしコーヒーが有名なんだって。
c0155474_1212651.jpg
c0155474_1213789.jpg

お昼はトラットリア プリモというお店で、ルスティカのピザ(季節野菜とチェリートマト、こだわりベーコンのピッツア、バジルソースの香りとの解説アリ)と、渡りガニ・あさり・甲イカ・ホタテを使ったリングイネ アッラ ペスカトーラを食べた。大きなピザだったけど、アッという間に食べちゃった。
c0155474_121467.jpg

こんな色合いが好きだなーと思ってぱちり。
c0155474_1215472.jpg


by sustena | 2011-05-29 12:02 | | Comments(4)
2011年 05月 29日

アンドレ・ケルテス写真展

知人が、誕生日祝を兼ねてメルシャン軽井沢美術展で開催中の「アンドレ・ケルテス写真展」に連れて行ってくれた。これまでケルテスをまとまって観たことはないので、とーーーってもうれしい。

ご存知の通り、アンドレ・ケルテス(1894-1985)はブダペスト生まれ。20世紀前半のモダニズム写真の先駆者として、ブラッサイやブレッソンなどにも大きな影響を与えたひと。俯瞰の構図や、光と影のコントラスト、明確な直線と曲線など、おと、写真芸術だわーという、独自の詩情あふれる静謐な写真で知られる。

今回は189点の写真を第1章ブダペスト19894-1925、第2章パリ1925-1936、第3章ニューヨーク1936-1962、第4章そして、世界で1936-1985の4章で構成して展示している。

写真を初めて間もないころ撮ったロマの人びと、写真家として少しずつ有名に鳴って行ったパリ時代の光と影の幾何学的なコントラストの美しい写真、そしてニューヨーク時代に自宅のアパートの窓からワシントン広場を見下ろして撮った雪の情景、そして明治神宮掃く二人を撮った写真や仏像の手を撮った写真、妻と二人の写真など、タメイキの出るほど美しいモノクロにうっとり。

カラーも何点かあったけれど、断然モノクロがよかったなー。
7月17日まで。

この美術館、秋には閉館しちゃうんだって。
c0155474_120853.jpg


by sustena | 2011-05-29 12:00 | Art/Museum | Comments(2)
2011年 05月 27日

コックローチ族

Cakeaterさんの「コックローチ族」という言葉がとても気に入って、でも、ゴキブリの鞘は気持ち悪いよね・・と思いながら、きょうもあちこちを通りぬけているワタシ。

お弁当の買い出しに行ったOLのひと。何もこんなところを通らなくても、と思うけれども、ショートカットなんだろう。
c0155474_22352255.jpg

狭いところに、年代物の自転車が。
c0155474_22354741.jpg

いつもサラリーマンがタバコをすっている路地に、ときどき猫が思案顔でたたずんでいる。
c0155474_22363195.jpg


by sustena | 2011-05-27 22:37 | まち散歩 | Comments(8)
2011年 05月 26日

宮崎 学「となりのツキノワグマ」

c0155474_07884.jpg銀座Nikonサロンで本日始まった写真展が宮崎学さんの「となりのツキノワグマ」。

宮崎学さんは1949年長野県生まれ。自然と人間をテーマに自然界の掟を真摯に見つめた『死』や『アニマル黙示録』などで有名で、児童向けのアニマルアイズ・シリーズに感銘を受け、7年前に長野の仕事場にお話を聞きにうかがったことがある。

今回の「となりのツキノワグマ」は、絶滅の恐れがあるとかなんとか思われているツキノワグマだが、どっこい人間社会のすぐ近くに生息していて、その実態を調べようと、独自の手作りの無人撮影ロボットカメラを何カ所かに設置して定点観測を行っている。

ハイカーが通る道に設置したデジタルカメラが写し出すのは、中高年のハイカーや子どもたち、その同じ道を、クマたちもせっせと通る。生物多様性が危機に瀕していて、食べるものがない? いやいや40年前のアルプスと今とを比べてみると、造林の手が入っていないぶん、今の方がクマたちの食べ物は多かったりする。そのことは、ホラ、糞を見てもわかる。(これがめちゃおもしろい! 宮崎さんはクマの糞を求めてあちこち歩く。他の動物とは明らかに違うんだって。以前、これはクマの糞じゃないかと、おばさんがケータイで撮った写真を見せてくれたけど、それは人糞だったそうだ)

ところでいったいどれくらいのクマがいるのか? クマの個体識別にチャレンジするために、人間の指紋に相当する鼻紋を撮影。たしかに、クマごとに違う!

クマたちは好奇心旺盛だ。設置してあるデジカメに近寄ったり、いじって壊していく奴もいるからたまったもんじゃない。自分で撮った写真じゃないからと、宮崎さんのことを写真家じゃないなんて陰口をたたく人がいるけど、とんでもない! 宮崎さんが開発したセンサーつきのカメラなくして、動物たちの行動はまったくわからなかったのだ。
クマの観察にあたっても、ドウガラシの袋を食いちぎったらシャッターがおりる仕組みの装置をつくったり、雌雄を識別するための股間盗撮カメラをつくったり(マタミールだったかな?)、媚薬?でクマをおびき寄せる「クマクール」では一晩に5頭もやってきて、417枚も撮影できたとか。

ことほどさように、宮崎さんは単なるネイチャーフォトのひととは一線を画している。動物のことを撮っているようで、ぜーんぶ、人間の社会を写し出しているんだよ。

好奇心イッパイにカメラを覗いてるクマの写真がサイコーだった。

宮崎さんのアトリエは、工具がいっぱいだった。
c0155474_05209.jpg

オキーフみたい
c0155474_052655.jpg

庭にもいろんな仕掛けがあった。
c0155474_053331.jpg


宮崎さんと、クマの話の詳細は
宮崎学写真館「森の365日」
ツキノワグマ事件簿

by sustena | 2011-05-26 00:09 | Art/Museum | Comments(8)