<   2011年 01月 ( 44 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 31日

リディア・アヴィーロワ『チェーホフとの恋』

c0155474_23174073.jpg図書館の新着図書コーナーにおいてあったリディア・アレクセーエヴナ・アヴィーロワ著『チェーホフとの恋』(原書名:А.П.ЧЕХОВ В МОЕЙ ЖИЗНИ:Чехов в воспоминаниях современников(Авилова,Л.А.小野 俊一/訳 ワルワラ・ブブノワ/イラスト 小野 有五/解説  未知谷/発行 2005年5月刊) の表紙に惹かれて読み始めた。

著者のリディア・アヴィーロワは1864年生まれの女流作家。結婚して子どももいたが、1889年の冬にチェーホフと出会い、3年後に再会し、秘密の文通を始める。

この本のカバーの惹句には

1889年の出会いから1899年の別離まで10年間のプラトニックな愛憎劇。家庭人でもある女流作家が手紙と回想で綴る濃密な恋。44年の障害で唯一真剣と言われるチェーホフ、もう一つの真実

とある。

しかし、この本で語られるのは、燃え上がるような恋ではない。
リディアは、チェーホフの才能に憧れ、彼を好もしく思い、自分のほうを向いてくれたらどんなにうれしいことかと、たまの逢瀬(というより会話)に有頂天になりながらも、夫と子どもの存在を常に意識している、妻であり、母としての存在から離れることができない。一方のチェーホフも、二度目に会ったときに「あなたにはこんな気がしませんでしたか? 三年前にお会いした時に? 僕たちは単に初めて識り合ったというのではなくて、なんだかこう長いこと別れていたものがとうとう互いにまためぐり合ったというような」「こういう感じというものはただ二人の間だけに起こり得るんです。僕は生まれて初めてそれを体験したので、忘れることができなかったんです」なんてことをしゃあしゃあというものの、ある一線を超えて、関係を深めていくかというと、どうもどっちつかずの感じなのである。
なので、ドラマだったら、ここで二人が結ばれるのに・・・なんて場面でも、すれ違い、ボタンの掛け違いがおこってしまう。

人生というのは、こういうふうな笑えない喜劇ではあるのだ。

興味深かったのは、巻末に収録されていた、訳者の小野俊一氏の息子である小野有五さんが綴った、俊一氏と彼の妻、小野アンナ、この本の挿絵を描いたアンナの姉のブブノワについての話。この一家の評伝があったら読んでみたいなぁ。
c0155474_2323143.jpg
c0155474_23232136.jpg


by sustena | 2011-01-31 23:23 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2011年 01月 31日

撮影会その2

撮影会に参集したのは全部で9人。うち3人がカメラマンで、その他がシロウト。
カメラマンは2人がNIKONで70-300mmのズームのみという縛りを自主的に設けていて、もう一人は60mmマクロ。シロウト集団のほうは、CX3と、PEN-LITE、D3000(標準ズーム)、D60(標準ズーム)、D40(これは私)、それと、機種はチェェ句しなかったのだけれど、コンデジ、という構成でありました。

ショーウィンドウや変わったお店、路地などはみんな目にするんだけど、何をどう撮るかは人それぞれ。

この撮影会では、毎回、集合写真を撮るというのがお決まりで、私はこれがいちばん好き。
シロウトだけに、頭で思い描いていたポーズを指示しても、まったくキマらないので、いかに的確に指示を出して、イイ表情が撮れるかが勝負であります。

望遠を持っていたカメラマンは、銀座中央通りを横一列で闊歩する集団を撮るために、うんと遠くに行ってしまった。すると、何をどうしてほしいと言ってるのか、ちっとも聞こえないのだった。

撮った写真を見ると、新橋方向のビルがすぐ後ろに見える。実質450mmだと、バックがこんなに近いんだーとオドロキ。

もうひとつの銀座を撮るというテーマについては、あるメンバーは「銀座の色気」で迫ろうと宣言。私は、いつも漫然と撮ってるだけなので思考停止状態・・・。

有名な懐石レストランの入口のガラスの色合いが気に入ったのだけれど、これじゃあちっとも銀座ではないのだった。
c0155474_21521794.jpg


by sustena | 2011-01-31 21:52 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(6)
2011年 01月 30日

銀座で仲間と撮影会

本日は、知り合いのカメラマンが主宰するカメラの同好会?の新年会があって、今年は銀座をテーマに撮ろうということになり、お昼過ぎから銀座1丁目を中心にカメラを片手にぶらついた。
おそろしく寒い日で、すぐにひよって、最近ぐんと増えた故郷の名産品のパイロットショップを眺めたり、お茶をしたりしてるうちに雪までぱらついてきた。

気に入った写真がちっとも撮れず、もちっと何を取りたいかを意識して撮らなくちゃイカンと、反省しきり。
ホコテンの中央通りで、8人の集合写真を撮ったのが楽しかったな。
集合場所に向かう途中で、またしても新しい工事中の場所が。
c0155474_22343647.jpg

ローバーミニのショールームで、大の大人が、子ども用のミニカーで遊びました。おじゃましました~。
c0155474_22361756.jpg

D40+F1.8 35mm

by sustena | 2011-01-30 22:36 | まち散歩 | Comments(8)
2011年 01月 29日

メフィストフェレス

私のイメージでは、メフィストフェレスはこんな感じなの。
c0155474_22581038.jpg

この子は、目と口元がカワイイと思ったのね。
c0155474_225962.jpg


by sustena | 2011-01-29 22:59 | つれづれ | Comments(8)
2011年 01月 28日

浅草新春歌舞伎───亀治郎、サービス満点

ここ3年ほど、浅草で若手歌舞伎俳優がイキイキと演じる「新春浅草歌舞伎」が気に入ってしまい、見に出かけてる。
今年も、行ってきました♪ 見たのは、第2部の「壺坂霊験記」と「黒手組曲輪逢引」。

壺坂・・のほうは、盲目の座頭沢市(愛之助)を想う女房お里(七之助)は、毎晩観音様に、沢市の目がよくなることを希う。沢市は美しいと評判のお里がいつもいなくなるのは、男がいるせいだと思い、自分さえいなければ、女房ももっと自由になれるのにと、観音様にお参りしたときに、お里に用事を頼み、そのスキに、急峻な山の崖を飛び下りる。戻ってきたお里が嘆き、自分も身投げする。お里の情愛の深さにうたれた観世音菩薩の功徳により、沢市の目が見えるようになり、メデタシメデタシという,まぁ他愛のないお話で、目に見えるようになった沢市とお里の天真爛漫に喜ぶさまが、なんだかこっちまでほわんとあったかな気持ちになるというお話。

今回のお目当ては、その次の「黒手組助六」で、これは歌舞伎十八番の助六のパロディにもなっていて、醜男がやる助六用にと、黙阿彌が書き下ろしたもの。

今回は亀治郎が、白玉(春猿)にダマされて白玉が吉原から逃げるのを助ける権九郎と、白玉がホレているヤクザモンのいい男の牛若伝次への早替わり、そして後半は、父の仇を探す助六の三役を勤める。助六と恋仲の揚巻には七之助。助六を見守る紀伊国屋文左衛門に愛之助、揚巻に横恋慕して、助六をいじめる鳥居新左衛門に亀鶴、新左衛門の家来にいたぶられる白酒売りが寿猿と、要所を締める配役である。
父の仇が新左衛門とわかったところで、シャンシャンとオシマイではなく、なんと、大詰めで水入り(えー、樽いっぱいの水の中に隠れるのであります)もある。これは、実に22年ぶりという。

冒頭から亀治郎に目が釘付け。権九郎は、太いゲジゲシマユに目の縁取りのブオトコ。鼻の下をのばして、デヘヘと笑う表情で、バッチくて、並んで歩きくのも願い下げって男になってみせるのである。逃げるお金を持っているのでじっとガマンの美人の白玉に春猿のハマっていること! 
早替わりのシーンも、予想はしてるけど、ほんとにパッと替わって、大喝采。
助六と新左衛門の対決シーンでは、亀鶴がなかなかイヤーな奴でよかった。
水入りの場面ではお向うが「冷たかろうに!」といいところで一声。ザンブと水が派手に飛び散り、客席も大いに盛り上がる。最後、揚巻がハッシと追手をにらみつける場面も、かっこよかったよ。
大満足~なのでありました。
c0155474_23244786.jpg
c0155474_23245629.jpg


by sustena | 2011-01-28 23:34 | Theatre/Cinema | Comments(2)
2011年 01月 27日

曽根裕「雪」

座のメゾン・エルメスで曽根裕さんの「雪」と題した展覧会をやっている。

水晶による雪の結晶の彫刻が16個、大きいものは、50cm四方で高さが30cm弱、小さいものは20cm四方で高さが10cmちょっと。雪の結晶だからよく似てるけれど、じっと見ると、形が少しずつ違う。いずれも、エルメスビルの8階の窓からの光を受けて、明るく透明に輝いている。窓には紙にチャコールで描いた雪の結晶が貼られていて、まるで凧あげの凧みたい。それと、大理石でできたスキー・リフトの彫刻、アクリルのタブローが2枚。

一見、簡単そうだが、会場で配られたリーフレットを読んだら、あまりのたいへんさにクラクラしてしまった。

そもそも雪の結晶、ただ図鑑をみてこんな感じとササッと描いたものを彫ったっていうんじゃないんである。

まず雪の科学を中谷宇吉郎博士や、カリフォルニア工科大の科学者などの研究で学び、次に雪の結晶の撮影に挑戦する。

そのために、ニコンD10を購入。それにジャバラの延長レンズを2つ繋げて、,先端に200mmマクロレンズを連結することで、デジタルカメラを顕微鏡に改造。そしてレンズとカメラと三脚が完全に固定されるように改造を重ねたあと、G5をつなげた。そして、機材を降雪から守る小型オープンテントを購入し、それら一式をトヨタカムリに載せて冬を待った・・というのである。

そして水晶である。まず原料をゲットすることからしてタイヘンなのだが、入手した水晶を彫るにも、機械でイッキというわけにはいかない。表面が熱変化に弱く、すぐにクラックが入ってしまうため、表面温度があがらないように、常に水ををかけて冷却しながらの手作業が必要なんだそうだ。チームを組んで彫っていくが、めちゃ時間がかかるらしい。

こうして、16個。雪の結晶が空に舞う風景を表現するという、かなりトンデモナイ企てだったわけなのだ。
c0155474_235251.jpg


by sustena | 2011-01-27 23:05 | Art/Museum | Comments(4)
2011年 01月 27日

マイクル・コナリー『死角-オーバールック』

c0155474_2223430.jpg「エコー・パーク」に引き続き、マイクル・コナリーの『死角-オーバールック』(THE OVERLOOK・講談社文庫 2010年12月刊)を読む。スピード感があって、読みやすくて、長津田までの取材の往復の電車の中で読み終えてしまった。

深夜、LAの展望台で男の射殺体が発見された。エコーパーク事件のあと、殺人事件特捜班に移ったボッシュに初仕事が舞い込む。しかし、セシウムをねらった国際テロリストが関与している可能性が出てきて、FBIが捜査の実権を握ってしまう。殺人犯人を追えば、セシウムも出てくるはず・・・。ボッシュは新しくパートナーを組むことになった若手に、やりすぎだと呆れられながら、例のごとく、我流で突き進む。

もともと新聞の企画モノとして書き下ろしたものを、ディテールを書き込んでペーパーバック化したそうで、事件解決までが12時間。したがって、筋もさほど錯綜しておらずシンプルで、ディテールを加えたとはいえ,圧倒的にテンポガいい。

もちろん、マイクル・コナリーだから、ただのノンストップノベルではなくて、巧みに配された伏線がきいていて、ナルホドこう展開するのか~と小気味いい。この人の短編も読んでみたくなったなぁ。

でもっとも、この主人公のハリー・ボッシュと一緒に仕事をするのは、ちょっと願い下げだなぁ。
c0155474_22224277.jpg


by sustena | 2011-01-27 22:28 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2011年 01月 26日

かきカレー、うまっ!

銀座の泰明小学校近くの泰明庵の斜向かいにある魚正という飲み屋、昨年末に行ってたいそう気に入って、お昼を始めたという話を聞いて、ぜひトライしてみようと思いながら、なかなか遠征するチャンスがなかったのだが、一昨日ふと思い立って立ち寄る。

焼き魚定食がサバしか残っていなかったので、ちょっと迷ったんだけどかきカレーを頼んだ。
じゃーん、これです。
c0155474_21262616.jpg

GXRなのでキャベツぼけまくりですが・・・。
3粒入っていたかきがアツアツでぷるぷるとしていてたいそうジューシーで、ルーはサラッとトロッの間ぐらい、じゃがいもとニンジンがほどよい固さで、辛さもいい具合でおいしかったなぁ。
「キャベツを混ぜて食べてみてください」といわれたあとで、「よかったら、これをキャベツにかけてもおいしいかも」と出されたのが、しょうゆタバスコ。初めてだったのだけれど、ほんのり辛くてこれまた合うのだった。

これにおみそ汁かついて800円也。
ふふっ、またランチに出向く店がひとつ増えたぞ。

by sustena | 2011-01-26 21:30 | 食べ物 | Comments(6)
2011年 01月 24日

粗忽者

先日六本木から表参道方面に散歩に出たときである。
この日は、GRD3と、D40に60mmマクロと二台体制で、小さいカメラバッグも肩にかけて行ったのである。

お昼にそばを食べたあと、今度は青山へとうろうろ歩いているときに、ふと足元が気になってちょっと前かがみになったのである。このとき、D40は肩からさげていて、いつもならレンズをしっかり持っているのに、ふと手を離してしまったのだ。

突然ガチャッという音がして、レンズの蓋が吹っ飛んだ。ららっ!! 肩から15cmぐらいずり落ちて、レンズが地面と衝突してしまったようなのだった。チラッと見ると、レンズが粉々・・・・。あーあバカバカ、一番お気に入りのレンズなのに~・・・・・

しばし呆然として突っ立っていて、我に返ってもういちどレンズをよーく見たら、派手に壊れたのはフィルターである。おそるおそるフィルターを取ったら、なんとか本体は無事であるようだ。不幸中の幸いではあった。

というわけで、どうか無事でありますようにと、あたりを見渡して撮ったのがこの3枚。
たぶん・・・大丈夫じゃないかなぁ・・・・・・。
c0155474_20574424.jpg
c0155474_20575389.jpg

c0155474_20584195.jpg


by sustena | 2011-01-24 20:58 | カメラ・レンズ・写真レッスン | Comments(12)
2011年 01月 23日

「十二夜」

c0155474_23535777.jpgシアターコクーンで上演中の串田和美・演出のシェイクスピアの「十二夜」は、思いがけずめっけものの、引き出しにしまわれてすっかり忘れていたオルゴールを見つけたような、小さな宝箱のようなお芝居だった。

いまさら十二夜もねぇ・・と実のところチケットを取るかどうか迷ったのである。でも、松たか子だし、このところの串田の演出はけっこう好調だし、十二夜をどう料理するのかの興味が勝って出かけたのだ。

砂浜の向こうに難破船が打ち上げられていて、青空が広がっている。と、どこかから音楽が聞こえてきて、一段の行列がやってくる。旅の一座だろうか、お祭りなのか、葬式なのか、結婚式なのか、笑ってるようでもあり、泣いてるようでもあり・・その一座が、中央の舞台で芝居をはじめる。

ご存知、嵐にあって離ればなれになった双子の兄妹と、彼らが打ち上げられた島の貴族と召使や道化が繰り広げる恋の話。

松たか子が主人公の双子を演じる。ヴァイオラは兄が死んでしまったと思い込み、兄がいつもそばに感じていたいと、男装してシザーリオと名乗り、オーシーノ公爵(石丸幹二)に仕える。彼は、伯爵の娘オリヴィア (りょう)にぞっこんで、シザーリオに恋の仲立ちを頼むが、オリヴィアは使いにやってきたシザーリオに一目惚れ。でも、シザーリオが好きなのは、オーシーノ公爵なのだ。とかくこの世はままならない。
一方、オリヴィアの叔父トービー(大森博史)の遊び仲間のアンドルー(片岡亀蔵)もオリヴィアに熱を上げている一人。トービーは、アンドルーをけしかけ、シザーリオに決闘を申し込ませる。
もう一人、オリヴィアに恋する男がいた。オリヴィアの執事・マルヴォーリオ(串田和美)である。彼を嫌っているトービーとオリヴィアの小間使い・マライア(荻野目慶子)は、道化(笹野高史)らと組んで、マルヴォーリオに贋のラブレターを送り、オリヴィアが自分に気があると思い込ませる。
そんな折、てっきり死んだものと思われていたヴァイオラの双子の兄セバスチャンが、アントーニオ(真那胡敬二)に助けられ、この島にやってきた。セバスチャンとシザーリオとを間違えて、あちこちで混乱が起きる・・・。

なんといっても松たか子がいい。男装したシザーリオ、乙女のヴァイオラ、双子の兄のセバスチャンと、声ひとつで、誰を演じているかが瞬時に切り替わって、まどうことがない。あの声の澄んで、通ることったら。

道化の笹野高史が冒頭で手袋だけで披露する、サザエとイソギンチャクの恋の寸劇もすばらしかった。

石丸幹二は、オーシーノ公爵のほかに、吟遊詩人となってグリーンスリーブスのメロディで恋の秘密を歌ったけれど、この歌も実によかった。これまでこの人のどこがいいのかサッパリわからなかったけれど、見直しちゃったよ。

十二夜の見せ場のひとつ、鶏になったマルヴォーリオの場面、みんなで彼の愚かしさを哄うところではあるものの、恋をしちゃうとこんなふうにモノが見えなくなるのよねぇ・・となんだか切なかったな。

つのだたかしのリュートと、串田和美の美術がすばらしい。この音楽と舞台装置がなかったら、なんと味気なかったことだろう。(ついでに、目黒陽介のジャグリングと飯塚直子のパーカッションも楽しかったことも忘れないように書いておく)

他に、ヴァレンタイン/酒向芳 フェイビアン/内田紳一郎 キューリオ/片岡正二郎 役人/小西泰久、アコーディオン/小春 チューバ/ギデオン・ジュークス
c0155474_21571125.jpg


by sustena | 2011-01-23 23:51 | Theatre/Cinema | Comments(2)