いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

齋藤利江の三丁目写真館「あの日、あの時、あの笑顔」

Cakeaterさんに教わって、銀座2丁目のギャラリー・アートグラフで開催中の、「齋藤利江の三丁目写真館『あの日、あの時、あの笑顔』~その2.昭和30年代のくらし」を見てきた。

小学館の『マイファーストビッグ』に連載された「特撰 三丁目の夕日」「月イチ三丁目の夕日」(作:西岸良平)齋藤利江さんの写真コラムの中から、昭和30年代の銀座の通りのスナップ、群馬の小学校や道端からかいま見える人々のくらしのスナップ。

写真家になりたくて、中学高校とせっせと写真を撮っていた齋藤さん、写真なんてやめてしまえと、お父さんに怒鳴られ、ネガを取り上げられてしまう。写真家の夢はお父さんがなくなり断念。40年後に、てっきり処分されていたとばかり思っていたネガが、お父さんの遺品の中から出てきたのだという(半分ウロ覚え)

撮影会で二眼や一眼など、手に手にいろいろなカメラを構えているところ、小学校の運動会、道端で遊ぶ子どもたち、銀座のモデルのような外国の人たち……。銀座の街並みなど、それとわかる場所もたくさんあって興味深かったなぁ。

それにしても、昭和30年代の前半は日本全国あちこちで子どもたちは似たようなカッコをしていたんだなぁ。いまもあと何十年か経つと、平成20年代だな、なんてパッとわかるんだろうか。
c0155474_23455238.jpg


by sustena | 2010-09-30 23:45 | Art/Museum | Comments(8)
2010年 09月 29日

後ろ姿

いつも颯爽と歩いている人の後ろ姿に見とれてしまう。私ときたら、年々ノタノタと歩いてる・・・。背筋を伸ばしてスピードアップをしなくちゃと思うんだけど、スピードは昔の半分ぐらいかもしれない。
c0155474_23505942.jpg
c0155474_23513556.jpg
c0155474_23514418.jpg
c0155474_23515528.jpg
GRDIII

by sustena | 2010-09-29 23:52 | まち散歩 | Comments(9)
2010年 09月 29日

荻上直子『トイレット』

「バーバー吉野」「かもめ食堂」の荻上直子の『トイレット』が実にいい。

研究者でロポットおたくのレイ(アレックス・ハウス) は、「人生は退屈の繰り返しに耐え忍ぶことだ」と信じてきた。母がなくなり、パニック障害で引きこもりのピアニストの兄・モーリー(デビッド・レンドル)と大学で詩を学ぶ勝気な妹リサ(タチアナ・マズラニー)とともに、母が残した家に住むことになる。
きょうだいのほかに、その家には母が日本から呼んだナゾのばーちゃん(もたいまさこ)がいた。しかし、ばーちゃんは一言も口を聞かない。英語も通じない。毎朝トイレにこもっては、深いタメ息をつくばかり。

ホントに血のつながってるのか?とレイはいぶかる。きょうだい3人も決して仲がよいとはいえない。コミュニケーション不全の家族である。

それが、母の残したミシンをモーリーが見つけて、自分であるものを縫い上げたいと思うころから、少しずつ、少しずつ心が通うようになっていく。

もたいまさこのおっかない顔が、メガネの奥にやさしい光をはなつころ、きょうだいの一人ひとりも、新たな自分を見出す。

レイの同僚のインド人やベンチにたたずむ女性(サチ・パーカー)、そしてセンセーという名の猫が実に美猫であります。リストやベートーベンのピアノにもうっとりしちゃったよ。
c0155474_0395982.jpg


by sustena | 2010-09-29 00:37 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2010年 09月 29日

金沢21世紀美術館「ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス」

出張帰りに、金沢21世紀美術館に遠征。お目当ては「ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス」展である。
以前横浜トリエンナーレで、彼らがネズミとクマに扮して繰り広げる、現代の寓話のような会話と、迷宮に足を踏み入れたかのような映像が忘れられなかったからである。
とはいえ、映像作品が多く、じっくり見ている時間がなかったのが無念の極み。
おすすめはネズミとクマシリーズと、ゴミ袋やタイヤ、ペットボトルやマヨネーズなどの容器やガラクタが、重力や遠心力、化学変化によってできる泡や爆発、水の流れなどによって、次々にドミノ倒しのようにエネルギーが伝わっていく《事の次第》。人を食ったようなタイトルでエッと思わせる写真もおもしろい。

コレクション展「目には見えない確かなこと」では、 椿昇の作品が興味深い。ジェームズ・タレルのガス・ワークスを体験したかったが、これまた時間がなかった(;o;)

ここにくると、レアンドロのプールにいつも感動して、写真を撮ってしまう。
c0155474_0154100.jpg
c0155474_0151692.jpg
c0155474_0152743.jpg


by sustena | 2010-09-29 00:15 | Art/Museum | Comments(10)
2010年 09月 28日

マネキン?

一瞬、マネキンが抜け出たのかと思っちゃった。
c0155474_23473198.jpg
GRDIII

by sustena | 2010-09-28 23:47 | まち散歩 | Comments(4)
2010年 09月 27日

朝の散歩で、ン?このカーブは??
c0155474_2164742.jpg

柵に二本、紐がはりわたしてあって、その下のほうの紐の影であることが(触ってみてやっと)わかりました。
そんなにたわんでないのに・・。

by sustena | 2010-09-27 21:08 | つれづれ | Comments(10)
2010年 09月 25日

故郷の目抜き通り(;o;)

富山に取材が入ったので、久しぶりに故郷に出かける。

ここは5歳ぐらいまでと、小6の2学期から高校生時代を過ごしたところである。取材までに時間があったので、空港から富山市のメインの繁華街で降りてぶらつく。昔通った本屋はまだあるだろうか、好きだったお好み焼き屋はあるだろうか?ちょっとセンチな気分でバスを降りてとまどった。

あれ、なんでこんなところに百貨店が?? 本来なら1ブロック離れた場所にあるはずのデパートの看板が手前に見える。方向感覚が狂ってしまったか・・・? でも目抜き通りの看板は間違いなくかつてそこを行き来した場所にかかっている・・・。しばらく歩き回って、その百貨店が移転したことがわかるが、もうひとつの百貨店はつぶれているし、映画館だった場所はフェンスで覆われ、テナント募集の貼り紙があちこちにあって歯が抜けたよう・・・・。

ロードサイドの専門店にクルマで出かけるのだろうなぁ。なにしろ、帰省してもここ十数年というもの、このあたりに来たことがなかった・・・。
中心市街地活性化のためにあれこれ手を打っているらしいが、3年前に移転したメインのデパートもまだそまんまなのだから・・・。ボーゼンとしてしまったことだった。
c0155474_2138310.jpg
金曜のお昼頃とはいえ・・・。かつてはここを歩いていたら必ず知り合いとすれちがったのに。
c0155474_21381137.jpg
c0155474_21382856.jpg
c0155474_21384192.jpg
c0155474_2139565.jpg
c0155474_21391543.jpg
c0155474_21392546.jpg
左手が移転し、ロゴの消えた百貨店。写真には写ってないが、この場所から右手には、もうひとつ撤退した百貨店がある。ここも看板からロゴが消え、ビルはそのままだった。

by sustena | 2010-09-25 21:39 | | Comments(13)
2010年 09月 23日

歌うワーニャおじさん

シアター・イワトで上演中の黒テント第70回公演「歌うワーニャおじさん」を仲間と見てきた。
チェーホフの「ワーニャ伯父さん」を、ミュージカル仕立てにしたもの。

都会から領地のある田舎に舞い戻った教授夫妻。エレーナは美貌で若く、その夫の教授は、リューマチをわずらい、頑固な年寄り。この二人の闖入で生活がすっかり乱されてしまったワーニャおじさんと、ソーニャ、ここに出入りする医師。医師とワーニャおじさんは、エレーナに恋い焦がれ、メーニャは医師に思いを寄せる。この領地を売り払おうという教授の提案に、大騒動が起こり、夫妻はまた都会に戻っていくという、いかにもチェーホフのお話を、登場人物たちの心情が歌とピアノを交えて綴られていく。

この手の芝居は、演技のできがもろ出てしまう。がんばってるなーとは思えても、安心して見ていられるのが、ばあや役の桐谷夏子だけなのはちょっとつらい。

構成・演出は斎藤晴彦 この日はAプロで、ワーニャおじさんが内沢雅彦、ソーニャが滝本直子、医師アーストロフ重盛次郎、教授夫妻は、エレーナが平田三奈子、その夫でソーニャの父が服部吉次、このほか桐谷夏子、小篠一成、山下順子、冨田訓広。

ちょうど、神楽坂駅すぐの赤城神社でお祭りをやっていたので立ち寄ると、最近建て替えられたらしくメチャ新しい。デザイナーズ神社といった感じ。この写真は旺文社の赤尾文夫が奉納したという蛍雪天神。
c0155474_218437.jpg


by sustena | 2010-09-23 16:48 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2010年 09月 23日

勘違い

一瞬、前の柵(?)の影かと思った・・・。
c0155474_16424369.jpg


by sustena | 2010-09-23 16:43 | まち散歩 | Comments(6)
2010年 09月 22日

銀座で値段の書いてない店に入ってはいけないという話

きのうの昼、あたしはたいそう急いでいた。1時から御成門で助成金の審査会に出席しなければならず、ほんとは11時半に会社を出て、長丁場の議論に備えて腹ごしらえをと思っていたのに、会社を飛び出したのは12時15分。ああ、このルートには、牛丼やもパンやさんもないし、地下鉄でチョコを買うぐらいか・・と、ふと横を見たら、ハンバーガーの看板。
c0155474_22163285.jpg

ハンバーガーは私の趣味ではないけれども、この際、選んでいる余裕はない。それに,燻製だなんておいしそうではないか? でも値段が書いてないのがちょっと気にかかる。でもなぁに、たかがハンバーガーじゃないか、とドアをあけたところが、お客さんは誰もいない・・・・。あっ、そうだっ、ここはたしか燻製モノをやってるバーだった。

ハンバーガーは時間がかかりますか?と聞いたら、5分~10分でできるという。ギリギリ間に合いそう。出されたメニューを見たら、がびーん、仙台牛のハンバーガー1200円、燻製ハンバーガー1400円!

メニューをパタッと閉じて、そのままUターンしたい気分だったが、審議の間中おなかがなってはイケナイ。「絶対に12時半には出なきゃいけないのでよろしくね」と頼んで、じっと待つ。
待つ間手持ちぶさただったので、テーブルにあるしょうゆとオリーブオイルをぱちり。
c0155474_22164642.jpg

こうして1200円のバーガーを2分で平らげて、店を出たのでありました。たしかに値段が値段だけにそれなりにおいしかったけれども、せめてもっとゆったり食べたかったよー(;o;) それに、どうせなら、燻製のほうにしておけばよかった。もう二度と食べることはないと思うにつけ、後悔もチラリ。

いま調べたら、煙事という店でした。
GRDIII

by sustena | 2010-09-22 22:19 | 食べ物 | Comments(6)