いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 31日

明るい病

胃腸がめちゃくちゃ丈夫である。編集や広告の仕事をしてるひとはフツーは胃が悪かったり、痔になったりするのに、と知人のライターは私のことを人間じゃないみたいな言い方をするけれど、まっこれは体質ですからね。

この看板は、仙川に行ったときに見かけた肛門と胃腸のお医者さん。胃の悪いひとは、こんな明るい顔をして……なんて思うのかなぁ。とにかく胃の悪いひとの気持ちはワカラナイんである。
c0155474_21302220.jpg

もっとも、これで悲痛な顔をしていたら、このお医者さんにかかりたいとは思わないんだろうけど。

by sustena | 2010-05-31 21:30 | 看板・サイン・ポスター | Comments(10)
2010年 05月 31日

仙川散歩

先日、ン十年ぶりかで仙川に出かけて、こぎれいな町になっているのにビックリ。
ああきれいな夕空だと思いながら、通りをぶらついた。
c0155474_1405723.jpg
c0155474_1411082.jpg

c0155474_1431578.jpg
c0155474_1412221.jpg
c0155474_1414161.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-05-31 01:06 | まち散歩 | Comments(4)
2010年 05月 30日

山菜大好き

先週信州に行ってきた。
写真があまりにへたっぴだったのでボーゼンとして、観光地は苦手なのよ……とブツクサいいつつ、あーショック。
それはともかく。お土産は道の駅でゲットした山菜&野菜。
上はコシアブラ。以前信州在住の写真家にお話をうかがったときに、御礼に日本酒を送ったら、おかえしにご自分で採ったコシアブラをたくさん送っていただき、それ以来のファンである。サッとゆがいて、出し醤油にひたしたたけなんだけど、あの独特のエグ味が滋養あふれる感じ。
c0155474_1462366.jpg

これはアスパラの菜っぱ。十字花系はみんな似たような味かというとさにあらず。やはり大根は大根の、アスパラはアスパラの味がする。
c0155474_1463592.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-05-30 20:48 | 食べ物 | Comments(5)
2010年 05月 30日

雨の渋谷

このビルのエントランス横の壁が好き。
c0155474_1481742.jpg

GRDIII

by sustena | 2010-05-30 14:52 | まち散歩 | Comments(0)
2010年 05月 30日

センダン

朝公園に散歩に行ったら、池の近くの木の先がもわもわと淡い紫色に煙っている感じがする。センダンが咲き始めたのだ。
空がドヨンと曇っているからきれいじゃないけど、これです。。
c0155474_14101959.jpg
c0155474_1493418.jpg

「栴檀は双葉より芳し」のセンダンは白檀のことというからややこしいな。
D40+18-135mm

by sustena | 2010-05-30 14:09 | 小さな自然 | Comments(0)
2010年 05月 30日

『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』

c0155474_14432568.jpg朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が好評なんだそうだ。朝いつも8時ちょっと過ぎに家を出るので、ニュースをつけっぱーにしていると、いつの間にか「ゲゲゲの女房」が始まっているので、ちょびっとは筋を知っている。こういう連続モノは、いったん見始めたら危険である。なのでテレビで音が流れてきても、努めて無視しようとするんだけど、ついついボーッと画面を見ていたりする。イケナイイケナイ。

おっと本の話であった。先日『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』(2010年2月刊 文藝春秋)を読んだ。
水木しげる、赤塚不二夫、手塚治虫のそれぞれの娘たちが父親について語り合ったもの。2008年7月に朝日新聞に掲載された鼎談がもとになっている。今の日本の漫画の父ともいうべき3人の漫画家が、家ではどんな父親だったのか、その素顔があけすけに語られる。

傑作なエピソードがある。
水木悦子さんのお姉さんが子どものころ、手塚漫画を愛読していてお父さんとケンカになって、「お父ちゃんの漫画には未来がない。手塚漫画には未来がある」って言ったという。そしたら水木しげるは、「これが現実なんだ! おれは現実を描いているんだ!」ってすごい剣幕で怒ったのだという。

東京博物館で手塚治虫展をやったときに、書斎の机を展示することになって机の中を整理したら、20年前のパンツが出てきたとか・・・
漫画ファンならずとも、おお!と思うような話がてんこもりである。

そういえば、昔、赤塚不二夫さんに画稿を依頼にいったとき、いきなりまぁあがっていきなさいと、納豆ごはんをご馳走になったなぁ・・、なんて懐かしく思い出した。

ところでこのタイトルは、朝日新聞の近藤記者が就寝中に思いついて夜中の2時に飛び起きたんだそうだ。実に傑作なタイトルで、このタイトルでもうおもしろいことが保証されたようなものだなぁ。

第1章 ずっと父が好きだった
第2章 父の仕事場
第3章 「普通の家」だった、かな?
第4章 “父親”として
第5章 父の女性観
第6章 父と音楽
第7章 作中の中のワタシ
第8章 父の仕事を継ぐ

写真は去年の秋に近くの公園で行われたアート展で赤塚りえ子さんが出品した作品の一部。
c0155474_13553624.jpg


by sustena | 2010-05-30 13:55 | 読んだ本のこと | Comments(6)
2010年 05月 30日

ここにも顔が

きょうはいまいちの天気だけど、洗濯をした。わが家の二槽式洗濯機はいまだ元気なんである。
干そうとしてふとピンチと目が合う。けっこうおとぼけの顔をしてるのね、アンタ。
c0155474_11465295.jpg
c0155474_114799.jpg
c0155474_11472331.jpg

なーにを撮ってるんだか。

by sustena | 2010-05-30 11:47 | つれづれ | Comments(4)
2010年 05月 30日

堀切菖蒲園へ

ショウブとカキツバタとアヤメとアイリスって区別がつかないのよねぇ・・・と前々から思っていて、ふと思い立って堀切菖蒲園に行ってきた。日暮里で京成線に乗り換えて行く。ふだんあまりお世話にならない路線なので、キョロキョロしてた。

堀切菖蒲園駅って、そのものズバリの駅があるなんて知らなかったなぁ。
電車から降りたら、向こう側のホームの下から商店街が見える~。なんだか気になってぱちり。こういうホームってあちこちにあったっけ??たぶんあるはずだけど、あまりこれまでホームの構造を考えたことがなかったよ。
c0155474_02934.jpg


菖蒲園までの道すがら、堀切天祖神社の脇に並んでいた十二支神が目に入る。なんだかバタくさい。これなんかは、ふしぎの国のアリスのウサギのようではないか。
c0155474_031645.jpg

正面側には「堀切七福神」がズラリ。
c0155474_091681.jpg

平成に入って建立されたものとかで、これもどことなくあっちの血が混じっているような・・・。これなど、サンタみたいだよ。
c0155474_085844.jpg

駅から歩くこと10分ちょっと。堀切菖蒲園につく。ここは200種6000株もの菖蒲があるという。見ごろは6月10日ごろとのこと。ちょっと早かったので、ちょびっとしか咲いていない。でも、「江戸錦」「八咫の鏡」「熊奮迅」「波乗船」などと書かれた立て札を見ながら、どんな花なのか想像しながら園内をめぐるのは楽しかった。
c0155474_0205617.jpg
c0155474_021958.jpg
c0155474_0213649.jpg

ところで肝心のショウブとアヤメとカキツバタの違いである。
園内に、看板が出ていて解説してある。ぐじゃぐじゃ書くより、表の一部をそのまんま載っけちゃおうっと。
c0155474_0282315.jpg

葉の幅と、外側の花びらの形の違いが大きいかなー。カキツバタ図屏風はやっぱり葉が立派なカキツバタでなければならないのだった。

近くの堀切水辺公園にもショウブが咲いているというので、足を伸ばす。
荒川の河川敷、ひろーい。
c0155474_035653.jpg

遠くに建設中のスカイツリーが見えた。
c0155474_035411.jpg

このヘンテコな建物は、堀切菖蒲水門ゲートである。水のある風景ってキモチイイ。
c0155474_0362142.jpg
c0155474_0363594.jpg

D40+Tam17-50mm

by sustena | 2010-05-30 00:37 | まち散歩 | Comments(0)
2010年 05月 29日

駅で見た顔

新橋駅で見た顔。
c0155474_235272.jpg
c0155474_23522119.jpg

番号が違うとビミョーに表情が違う。
c0155474_2352516.jpg

ホーム限界って何??
c0155474_23531611.jpg

キオスク横でも発見。
c0155474_23534061.jpg

会社に戻る途中で。これはピエロみたいだよー。
c0155474_23541060.jpg


(追伸)
これは西荻窪駅。
c0155474_2120830.jpg


by sustena | 2010-05-29 23:54 | つれづれ | Comments(8)
2010年 05月 26日

伊勢うどん

会社の近くの夏野というお箸やさんの地下に「花大根」というお店がある。ここで伊勢うどんをやっているという看板が目にとまった。

うどんはどちらかというと、コシのある讃岐うどんのようなタイプが好きで(あっ、でも稲庭うどんも好き)、伊勢うどんは、なんだかもっちり&べちょっとしていて、初めて食べたときはずいぶん驚いたけれど、ふと、どんな味だったろうか・・・と、久しく食べていないのでなんだか懐かしい気がして、フラフラッと入ってしまった。
c0155474_22214266.jpg

これに生野菜のサラダと食後にコーヒーと「おいり」という香川の伝統的なお菓子がつく。これは直径8ミリぐらいの、ほんわかした色どりの軽い食感のまぁるいお菓子で、香川では、“嫁入り道具”のひとつなんだそうだ。「心を丸く持って、まめまめしく働く」ことをあらわすとのこと。
c0155474_22271596.jpg

しめて800円也。ちと高い気もするけれど、さすが箸やさんだけあって、食べたお箸は持ち帰ることができる。しかも、サービス券がついていて、この券を持って同じビルの上の階にある子ども用の箸のお店に行くと、すべらない箸がプレゼントされるというおまけもついてる。

箸をもらいに行ったようなものだなぁと思ったことだった。
GRDIII

by sustena | 2010-05-26 22:36 | 食べ物 | Comments(12)