いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

あおもり犬

奈良美智が好きだと言いふらしていたら、青森県立美術館に行った知人が、あおもり犬の写真を送ってくれるという。あおもり犬はLucianさんのブログでも見たことがある。とっても大きくてかわいい。
でもね。送ってくれたのがこれです。
c0155474_23533577.jpg

えーん(;o;)
そしたら、別の知人が送ってくれました。
c0155474_2354537.jpg

見る角度によっていろんな表情に見えるんだって。

by sustena | 2009-10-31 23:55 | Art/Museum | Comments(7)
2009年 10月 30日

世間話

世間話が苦手なんである。

いまはコスト削減で、自分で撮影しなくちゃいけないことも多いのだけれど、以前はカメラマンと一緒に出向いたものだ。ひととおり話を聞いたあと、場所を移してバストアップなどを撮る。このとき、「しゃべってるほうが表情がいいから、適当に何か話をしてよ」、となるんだけど、実はこれがいちばん困る。何を話していいか思いつかないのだ。

突然お酒はお好きですかーなんてのもヘンだし。笑わせすぎてもいけないし。仕事まわりのことを聞いて真剣な表情になりすぎてもいけない。うーむうーむ。

自分でカメラを持ってるときはどうか。このときは私はプロじゃないからヘタクソだから、せめてめいっぱいいい顔をしてね。最後にあと3枚お願いします。はい~、アッ、いい感じです。なんてぐちゃぐちゃいいながら必死。

ポートレートってむずかしいよね、と尊敬するブロガーのsaさんのポートレートをみてあらためて実感しました。はい。
c0155474_21533415.jpg

Nikonのデジイチを買ったばかりの頃。D40x

by sustena | 2009-10-30 21:54 | つれづれ | Comments(8)
2009年 10月 29日

ラーメンのご飯

いつもは野菜とか、干物とかが好きなワタクシですが、ときどき、無性にギトギトしたものが食べたくなることがあって、きょうもフラッと立ち寄ったのが支那麵 はしご。
以前は東芝ビルの地下にあって、やはり同じビルに旭屋書店があったときに、書店帰りに行くとズラッと行列ができていたものだけれど、東芝ビルの地下のリニュアルのために、近くに移転したのだった。

ラーメンにご飯をつけるのは、炭水化物に炭水化物をつけてどーするのだ!と基本的には好きじゃないんだけど、このだんだん麵(辛さを選べて私は中辛を頼む)の場合は話が別で、ご飯をつけてもらい、お新香の細切りをてんこ盛りにする。ここのご飯はおいしいのであります。
c0155474_2257135.jpg
c0155474_22571772.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-10-29 22:57 | 食べ物 | Comments(12)
2009年 10月 29日

これも初歩的だけど

顔に見える建築という話が出たので、これも初歩的だけど、渋谷の宇田川町の交番を。これはたしかスズキエドワートの設計ではなかったかしら。
c0155474_22515189.jpg


by sustena | 2009-10-29 22:52 | つれづれ | Comments(6)
2009年 10月 28日

標語

以前採取したトイレまわりの標語。
c0155474_22541389.jpg

要は開けっ放しにしておくなということがいいたいのね。

by sustena | 2009-10-28 22:54 | 看板・サイン・ポスター | Comments(10)
2009年 10月 28日

工事中の看板

工事中の看板は、完成後の姿を描いたものや、森や木々を描いたもの、童画などいくつかのバリエーションがあるけれど、このパターンは初めて見たぞ。
c0155474_22403249.jpg

ディベロッパーやこのビルや日本橋に関連した数字が並んでる。
2011年は日本橋架橋100周年なんだって。
c0155474_2243982.jpg

実はこの写真、東京オリンピックの落選が決まったあとの10月14日に撮ったものだけど、いまもそのままになってるかなぁ。
c0155474_22441152.jpg


by sustena | 2009-10-28 22:44 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2009年 10月 28日

芸術祭十月大歌舞伎

歌舞伎座さよなら公演「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部の吉右衛門がすばらしかった!!
演目は義経千本桜。
吉右衛門が演じたのは、渡海屋と大物浦の知盛である。壇の浦で知盛は死なず、船問屋の主となって、源氏に復讐する機会をうかがっていた。しかし大物浦で義経に敗北、からだに碇を巻きつけ岩の上から身を投げる。知盛の心の動きと器の大きさがくっきり。最後、ひとり舞台に残った弁慶がほら貝を吹くシーンでは涙が出ちゃった。富十郎の義経も気品があったな。

友盛の壮絶な最後のあとの吉野山は、桜のなか、静御前が狐の化けた忠信とともに吉野へと向かう。菊之助は美しいけどちょっと固すぎ。続いての川連法眼館では、鼓を打つと、パッと姿をあらわす忠信がコミカルで、菊五郎はこういう軽みのあるものも似合う。華があるんだなぁ。

■渡海屋・大物浦
     渡海屋銀平実は新中納言知盛       吉右衛門
        女房お柳実は典侍の局       玉三郎
              相模五郎       歌 六
              亀井六郎       種太郎
              伊勢三郎     尾上右 近
              駿河次郎       隼 人
              片岡八郎       巳之助
              入江丹蔵       歌 昇
             武蔵坊弁慶       段四郎
               源義経       富十郎

■吉野山
        佐藤忠信実は源九郎狐       菊五郎
               静御前       菊之助
              逸見藤太       松 緑

■川連法眼館
   佐藤忠信/佐藤忠信実は源九郎狐       菊五郎
               源義経       時蔵
               静御前       菊之助
              亀井六郎       権十郎
             法眼妻飛鳥       秀 調
              駿河次郎       團 蔵
              川連法眼       彦三郎
c0155474_0101033.jpg


by sustena | 2009-10-28 00:10 | Theatre/Cinema | Comments(4)
2009年 10月 26日

天王洲アイルで見た顔

先日天王洲アイルに行ったときに、ご対面。
c0155474_2233516.jpg


by sustena | 2009-10-26 22:03 | まち散歩 | Comments(16)
2009年 10月 26日

ベトナム料理やさん

午前中、六本木で元気な50代女性のマーケティングセミナーを聴いたあと、雨のなか駅に向かう途中で見かけたベトナム料理やさん。外観がなかなかいい味。
ミッドタウンのフジフイルムで何か展覧会をやってないかなぁと足を伸ばしたけど、本日のオープンは2時から。ざーんねん。
c0155474_2212877.jpg


by sustena | 2009-10-26 22:01 | まち散歩 | Comments(4)
2009年 10月 25日

最勝院の観音

下にアップした紅葉の最後の銀杏は弘前の最勝院の本堂前にあったもの。ここの五重塔は、こじんまりと、姿の美しい塔だったけれど、そのアプローチにあった三十三観音の石像が、あら、これは観音さまではなくて、マリアさまなんじゃなかろうかと思うような風貌だった。ほとんどの観音さまの鼻の部分が白くなっていた。もげたのを修理したからだろうか。モノクロでぱちり。
c0155474_21483546.jpg

c0155474_21505510.jpg
c0155474_21485181.jpg

GRDIII

by sustena | 2009-10-25 21:49 | | Comments(6)