<   2008年 11月 ( 80 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

コニカミノルタプラザ/長谷川治胤・石本卓史・宮嶋康彦

新宿のコニカミノルタプラザでA~C3つのギャラリーで開催中の3人の写真展を見た。
c0155474_23351719.jpg

◎長谷川治胤 「CLEAR」
モノクロの海の写真である。正方形のフレームのほぼ中央に水平線が位置していて、そこに灯台だったり、テトラポッドだったり、突堤など、人工的なオブジェが配置され空と海とを分けている。
どこにでもある海の風景。そこに流れるでもなく、静止するでもなく、時間がたゆたっているような作品。

◎石本卓史「脆弱なる大地」
長谷川さんの海は、水平線は、あくまでも水平だった。でも石本さんの描くバングラデシュ最南部のデルタ地帯では、サイクロンや洪水に相次いで見舞われる人々の生活の不安定さを伝えるかのように、水平線は傾いている。人々の目には、あきらめたような、怒りをこらえているような、悲しみのような色と同時に、底光りのする生への静かな意思もたたえている。

◎宮嶋康彦「ヒッポダンス」

宮嶋さんは、カバが大好きなんだそうだ。1985年ごろからずっとカバを撮り続けていて、ここに並んだ約60点のカラーとモノクロのカバの写真も、なんだか、ぼわっとした色合いでやさしいカバ色なのだった。
ウガンダのカバもいれば、日本の動物園のカバもいる。雪の中のカバはちょっと寒そう。
鼻のてっぺんにカマキリをのせて平然としているカバはけっこう大物だ。カバの写真をみながら、いろんなことを考えた。
c0155474_1125023.jpg


by sustena | 2008-11-30 22:51 | Art/Museum | Comments(2)
2008年 11月 30日

これは干しイカではない

これ、何に見えます?
c0155474_2212197.jpg

Nuts-coさんにいただいた宮崎みやげ。わかるかなー。
干しイカでも、ホヤの干物でもありません。はい、干しタケノコです。ペラペラなのー。

続いてこれ。先日、Nuts-coさんと船橋を歩いたときに、乾物屋さんのお品書きに二人して目を吸いよせられてしまった。「凍りこんにゃく」だって??
c0155474_2264670.jpg

で、思わず中に入って、しげしげと眺めたんです。はがき半分ぐらいの大きさの、白くて薄っぺらい、よくホテルに置いてある、ぺしゃんこのスポンジタオルみたいなモノ。それが10枚ぐらずつ、2束輪ゴムでとめてあった。

おいくらですか?と聞くと、「高いのよ。1枚200円」。えーっ!! Nuts-coさんと二人で顔を見合わせて絶句する。こんな、実に頼りなく、めちゃくちゃ軽いモノが?? でも食べてみたい・・・。これ1枚だけ買うというのもあんまりだし、凍りこんにゃくを戻すのに半日かかるというから、その日食べることはできない。で、記念に買って帰ることにした。
※あとで写真を見返したら180円とあった(T_T)

戻す前と戻したあとをくらべてみたかったので2枚買ったんだけど・・・

ちっとも大きくなりやしなかった! ひとまわりの半分ぐらいかな。(右が戻す前です。でも、もともと右のほうが小さかったのだ)。
c0155474_221956.jpg


この2つを本日料理しました。水で戻した干しタケノコと、凍りこんにゃくを細く切って、ささがきゴボウと、椎茸をスライスしたのとごま油で炒めて、出汁と醤油、酒で味付けしただけだけど、繊維質たっぷりでヘルシーな1品になりました。

凍りこんにゃくは、こんにゃくと油揚げを足して二で割ったような味。炊き込みご飯に入れてもいいんだとか。

by sustena | 2008-11-30 22:19 | 食べ物 | Comments(5)
2008年 11月 30日

公園の秋

朝の散歩で。近くの公園も、紅葉がきれいになってきたなぁ。LX3
c0155474_22344548.jpg

銀杏も、日当りがいいところはずいぶん黄色に。
c0155474_2229538.jpg

久しぶりにGRDIIにテレコンをつけてみた。
c0155474_22294666.jpg

グラウンドではこどもたちが野球をしてた。春はきれいなサクラ並木のある場所。ここも落ち葉がいっぱい。GRDII
c0155474_22305233.jpg


by sustena | 2008-11-30 16:14 | 小さな自然 | Comments(2)
2008年 11月 29日

蕎麦打ち

きょうは久しぶりにのんびり曜日だったので、2週間前に届いた新ソバ粉で蕎麦を打った。

蕎麦を打つのに大事なこと。これは、なんといっても道具なんです。

以前、こね鉢がなくて大きなボウルでこねたときは、あちこちに粉が飛び散らないように本当に苦労して、粉をまとめるのだけでも往生した。伸ばす作業も、台がないから、ケーキ用シートを敷いたけど、ちっとも平らにならない感じだったし、普通の包丁で添え木なしに切ったら、まるで「ほうとう」か「きしめん」かという出来だった。

生協で蕎麦打ちセットを買って、合羽橋でこね鉢を買ったあとは、修行あるのみ、なのだ。でも、1年に数回しかやらないから、うまく行ったと思っても、次にはそのコツをすっかり忘れてる。
c0155474_22521372.jpg

息子は「味はいいけど、もっとソバを長くして」と注文をよこす。切りわけた段階では長いつもりなんだけど、ゆでて水をくぐらせるときに、たぶん、ちょん切れちゃうんだと思うなぁ。
c0155474_22531357.jpg


by sustena | 2008-11-29 23:01 | 食べ物 | Comments(4)
2008年 11月 29日

喜鮨にて

昨晩、本郷3丁目の喜鮨に出かけた。
先日、銀座くろ寿で穴子がメインのちらし丼を食べたとき、ひとつおいて隣でとてもおいしそうなお鮨を食べていた二人連れがいて、ああ、久しく(十年ぐらい?)ちゃんとしたお鮨やさんで、にぎってもらったことがないなぁ。よし、今度給料が出たら行こう!と、思っていたのである。

最初は、銀座くろ寿に行くつもりだった。握りのコースが8400円、お造りとかいろいろついたコースが12000円で、飲んべと一緒にいくと、1万5000~1万6000円になるなぁ・・・。よし、酒は控えめにするようにしよう、と算段していたのだ。Nuts-coさんのブログで喜鮨の記事を読むまでは。
あの食いしん坊の、もとい、食べるのが大好きなNuts-coさんの筆が踊ってる!すぐさま方向転換。で、月曜日に予約を入れて、知り合いのカメラマンとライターと3人連れで出かけたのであります。

いよいよ喜鮨。
c0155474_1103086.jpg

座ったのは入ってすぐのカウンター。まずはビールというところで仲間と乾杯していると、親父さん(喜久治さん)が、どうしてウチのことを知ったのか聞く。友達に教えてもらったんです。なんていう人?いろいろ聞かれるので、白状しちまいました。大学のときの同級生で、おいしい穴子で出るのは8時半からだから、逆算して7時ごろに行くのがいいと教えてもらったことまで。

親父さん、すっかり相好をくずして、ほほぉ、それはそれはと、やおら勢いづいて、次々とおいしそうなつまみを並べました。いろんな注釈・解説付きで。
サザエの壺焼きの身のとりだしかた。手を回すのではなく、貝を水平にまわす。汁を飲んだあと、貝の殻のぐるりんのあいだにまだ溜まっているから、さらにまわして飲めとか、ウドは白いばかりでなく、アスパラと一緒で地面にもぐってないところは緑だとか。

感動したのは、白海老を叩いてつぶして焼いたもの。白海老は富山名物だけど、地元富山だって、そんな食べ方はしません。少し凍らせてから剥くと皮がつるっと取れるんだって。
そしてカワハギのおいしいこと!!! うすピンク色の肝に薄切りをからませ、醤油につけてから、浅葱をまぶして食べる。残ったお皿に、イカを入れてぐるぐるして食べたあと、すし飯を入れてかきまわして海苔でまいて食べたり。カウンターの特権ですね。

カウンターのもう一方の端っこの人が注文したアジの巻き鮨もまわってきた。
そうそう、大きなおろし金でワサビをするんだけど、アルミホイルの上ですっている。アルミの味がしないかなぁと思って聞いたら、4枚重ねにしてすったときとの、わさびの味の違いを、実際に食べさせてもらい教えてもらった。4枚重ねだとチョーからいのである。

これはNuts-coさんが写真が撮れなかったと書いていた、喜鮨ご自慢の大間のマグロである。
c0155474_15251797.jpg

なんとまぁきれいな色!隣のカメラマンがGX200を取り出したので、私もLX3でぱちり。
c0155474_15261077.jpg

これでは大きさがちょっとわからないかもしれないけれど、幅が25cmくらいだったかな。頭とシッポをのぞいたマグロの16分の1(うろ覚えモード)で、カマの下の部分で、これで、36万円だったか37万円。わーお。

穴子は、8時半ジャストに出ました。予約の人数分しか用意しないんだそうです。熱々の穴子のふんわりした甘さが、口の中にぱーっと広がって、とてもおいしかった。(おいしいとしか書けないのが情けない)。

なんだかんだで、勧められるままにあれもこれも食べて、酒のつまみで盛り上がっているうちに、それだけでおなかいっぱいになってしまった。(これ、Nuts-coさんに気をつけろと言われていたんだけどなぁ)。

お値段は・・・うむむ・・・銀座で食べていたほうが安かったなぁ・・。

教訓
最初に予算を伝えておくべし。
きょうのオススメを聞いて、ねらいうちして食べるべし
もし握りを中心にしたいんなら、そう言おう。

5月下旬には、ムラサキウニとバフンウニのおいしいのが入荷するそのことでした。ウニはひとつひとつ全部味が違うんだそうです。

追伸
一緒に出かけたカメラマン、先日、ブローニーとNIKONのD200を売り払ったんだって。D200は本体2万5000円で。えーっ、教えてくれたら買ったのにィ……。

by sustena | 2008-11-29 11:02 | 食べ物 | Comments(3)
2008年 11月 29日

夜の大学

きょう、本郷3丁目の喜鮨に行った(この話は、のちほどアップする)。
東大の正門近く。校舎がなんだかがらんとしてるくせに、その一角だけ光ってた。こういう夜はLX3の出番よね、というわけでぱちり。
c0155474_251010.jpg


by sustena | 2008-11-29 02:05 | LX3 | Comments(1)
2008年 11月 29日

新宿中央公園から高層ビル街へ

新宿と初台の中間地点にあるクライアントに寄った帰り、新宿中央公園を横切る。20年ぶりぐらいかな?紅葉がなんだかばっちくてがっかり。腰かけの色がかわいらしかったのでぱちり。
c0155474_144218.jpg

道路の落ち葉を見ると、秋の日のヴィオロンの・・なんて気分になっちゃう。
c0155474_1445837.jpg

EPSITEに立ち寄ったら、まだ大西さんの、「ロマンティックリハビリテーション」の展示だった。
も一度見る。

突然、モノクロで撮りたくなってしまう。たぶん、壁の影が気になったためだと思うんだけど、ごちゃごちゃだったなぁ。
c0155474_2234988.jpg

このフォルムが気になったのでぱちり。
c0155474_1481630.jpg

こーゆー中途半端ではいかんなぁと思いつつ、考えてみたら、GRDIIを買ってもう1年になるのだなぁ。どう撮っていいかわからないよーというダメ写真をアップしながら、反省しつつ前に進もうと思ってはじめたブログだとなんだかシミジミして、イキオイでアップすることにする。

by sustena | 2008-11-29 01:59 | まち散歩 | Comments(3)
2008年 11月 29日

コクーンビル

11月初旬、新宿西口に、また名物になりそうな高層ビルが竣工。東京モード学園のコクーンビルで、めちゃくちゃ目立つ。工事中は、ちょくちょく近くを通ったけど、中に入ってみたのはきょうが初めて。
c0155474_1545619.jpg

地下はBook1st。最近オープンする書店は、ベンチがちゃんとある。
c0155474_1554840.jpg

驚いたのは、1階の「Blue Square Cafe」という喫茶店。インターネットが利用できるほか、デザイン関連の本が置いてある。自由に読めて、気に入った本は購入もできる。そのラインナップがすばらしい。ひたすら感心してしまった。
ちゃんと撮れなかったけど、1枚、アップしておく。
c0155474_1583023.jpg

いずれもGRDII

by sustena | 2008-11-29 01:58 | つれづれ | Comments(2)
2008年 11月 29日

雨の日

c0155474_1384363.jpg
朝から雨だったので、チャリを家に置いてバス停へと向かう。
青梅街道を渡ろうと信号待ちしてるとき、道路に映る信号がきれいでぱちり。ららー、ちっともその様子が捉えられていないわー。
バス停から道路を見る。あーん、右側の葉っぱにピンを合わせたかったのに(T_T)
c0155474_1393374.jpg

雨の雰囲気を出すのはむずかしい。悲しい。

by sustena | 2008-11-29 01:39 | LX3 | Comments(0)
2008年 11月 27日

陶器

会社近くのEPOCA the SHOPの地下1階は、「日々(にちにち)」というギャラリーになっていて、漆や陶器や骨董などの展示会が行われ、いろいろな小さな器が入口近くのショーウィンドウを飾っている。
地下に降りると盲目的に買ってしまいそうになるので、いつもそのショーウィンドウだけを眺めて楽しんでいるのだが、ああ、これでお酒を飲んだらすてきかも、と邪念が湧いて、本日は足を踏み入れてしまった。

高仲健一さんの白磁で、この写真のような小動物が描かれたものや、シンプルだけど質感のある小皿が並んでいた。

いいなぁ、ほしいなぁ、と思ったけれど、想定より4割ぐらい高い。

それに第一、買っても入れるところがない。いい器を日常遣いするのが憧れなんだけど、いかんせん、デンと食器棚を占領しているのは、若いときに考えなしにスーパーで揃えたハンパな食器。くやしいことに、それが丈夫ときていて、壊れてくれれば新しいのが買えるのに、けっこう乱暴に扱っても、割れないんだなぁ。

なので、結局今回も見ただけ。こんな小さな器じゃあ、お酒を飲むのに忙しくて仕方がない、と言い聞かせて。
c0155474_22542693.jpg

GRDII

by sustena | 2008-11-27 22:55 | つれづれ | Comments(2)