<   2008年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

東京国立博物館 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」

本日は振り替え休日をとって、東京国立博物館で開催中の「対決-巨匠たちの日本美術」 を観てきた。

    運慶 vs 快慶  —人に象る仏の性—
    雪舟 vs 雪村  —画趣に秘める禅境—
    永徳 vs 等伯  —墨と彩の気韻生動—
    長次郎 vs 光悦  —楽碗に競う わび数寄の美—
    宗達 vs 光琳  —画想無碍・画才無尽—
    仁清 vs 乾山  —彩雅陶から書画陶へ—
    円空 vs 木喰  —仏縁世に満ちみつ—
    大雅 vs 蕪村  —詩は画の心・画は句の姿—
    若冲 vs 蕭白  —画人・画狂・画仙・画魔—
    応挙 vs 芦雪  —写生の静・奇想の動—
    歌麿 vs 写楽  —憂き世を浮き世に化粧して—
    鉄斎 vs 大観  —温故創新の双巨峰—

日本美術の巨匠を二人ずつ、同じモチーフを描いていたり、師弟の関係にあったりするものを並べて12組を対決させたもの。キュレーターなら一度は思いつく企画じゃないかと思うけれど、実現するのはけっこうたいへんなんじゃないだろうか。

蕭白の絵の奇想のパワフルなこと。 応挙と芦雪の虎対決、水対決も見応えがあった。
一緒に出かけた人と、対戦相手のうち、どちらが好みかを比べてみた。12組中10組が同じってかなり趣味が似てるってこと??

ちなみにわたしの好みはというと、
運慶・雪村・等伯・光悦・光琳(これは迷った)・仁清・円空・蕪村・蕭白・芦雪(これは悩ましい)・写楽・鉄斎   

同時代の対決だけでなく、時を超えた対決もおもしろそう。

かなり混んでますけど、ぎゅーぎゅー詰めというほどではなくて、それなりにじっくり観ることができます。
c0155474_041251.jpg


by sustena | 2008-07-31 00:41 | Art/Museum | Comments(3)
2008年 07月 31日

『雲南の花嫁』

チアン・チアルイ監督の『雲南の花嫁』を観る。

雲南の少数民族イ族の伝統文化やしきたりと、愛する人への思いの狭間に揺れる新婚カップルをユーモアあふれるタッチで描くラブストーリー、なんて書くと、なんだか、堅苦しくて教養主義的で地味~でつまらない映画のように思えるけれど、それがどっこい、なんともすてきな映画だった。

同じ監督の『雲南の少女 ルオマの初恋』は、雲南の棚田風景がそれは見事な佳作だったけれど、残念なことに、中国でも興行的にふるわなくで、この雲南の第2作目では、もっと大衆にうける映画に!とつくったものだそう。

幼いころに母親をなくし、男手ひとつで育てられたフォンメイ(チャン・チンチュー)は、幼なじみのアーロン(イン・シャオティエン)と結婚する。イ族の夫婦は、結婚して3年間は同居してはならないという伝統があるが、自由奔放なフォンメイは、新婚早々酔いつぶれてアーロンの部屋に忍び込みバタンキュー。実家に追い返されてしまう。しかし、なんとしても大好きなアーロンと一緒に農家まかせの有機無農薬の野菜です過ごしたいフォンメイ、アーロンが指導する娘龍舞隊の一員に加わるが、男子龍舞隊とやりあったり、ビール会社の宣伝で龍舞を披露したりと,次々と型破りな事件を起こし、ついに・・・

なんといっても、フォンメイを演じるチャン・チンチューがいい。のびやかで、美しく、目がくりくりとよく動く。こんなにもまっすぐに好きだって言えるのって、ウラヤマシイ。

大好きなシーン。アーロンに結婚の印の花腰帯をつきかえされ、娘龍舞隊のクビを宣告されされたときに、町に向かって走るシーン。イン・シャオティエンが屋根の上で踊るシーン。思いを詩にして歌い交わす歌垣の場面……

おすすめです。

写真は、映画を見たあとに入ったおそば屋さん。彩蕎庵「吉遊」の季節の野菜天ソバ。1000円なり。「農家まかせの有機無農薬の野菜」がカラッと揚がっていておいしかった。九条葱と肉南蛮そば (1300円なり)もマル。1日限定10食の焼き畑ソバにも興味津々デス。
c0155474_0153825.jpg


by sustena | 2008-07-31 00:15 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 07月 28日

待て待て夕焼け

西荻窪で人身事故があったのが尾をひいて、中央線がだいぶ遅れて、ヤレヤレと駅を降りたとき、あれ、なんだか光の感じが違う。夕焼けがまぶしい感じ。わっ、こんな空めったにないぞ。雲の感じも。でもでも、撮影ポイントはずっと向こうだ~。
急げや急げとせっせとチャリを漕ぐ。でも、空が開けて見えるところはまだまだなんだー。
c0155474_2293992.jpg

えーい、これ以上経つと、色が変わっちゃう、というわけで、途中でチャリを停め、こればかりは、オートではダメなのよね、と焦るのだけど、なかなか、この色が出ないぞー、うなりながらシャッターを切っていたら、向こうからきたおばさん(私もおばさんだけど)、「あっちはもっときれいよ。こんな空、初めてじゃない?」と声をかけてくる。「ほんとに!」と答えながら、でもこれ以上遠くには行けないのだ、こんなときに備えて、いくつかお気に入りの撮影ポイントと、とっておきセッティングをめっけておかなくちゃ(こんなときにこそ、My Settingは役立つはずなのに)と反省しつつ、でも、ひょっとして、と、もっときれいだという方角をめざして進む。おーお、あっちの空の色がすばらしい。だけど、屋根の間から、ちょびっとしか見えない・・・。と思ううち、自宅近くのいつもの場所。
なんだか千載一遇のチャンスを逃しちゃったような。うーん、うそっぽい色だ。
c0155474_2294938.jpg


by sustena | 2008-07-28 22:10 | GRDIIレッスン | Comments(3)
2008年 07月 27日

盆踊り

きのう・きょうは近くの公園で盆踊り。朝散歩に出かけたら、やぐらに提灯とすっかり準備が整っているのでした。私のかかわっているミニFMも乏しい財政から3000円を拠出しました(名前が載ってます)。でも3000円なんてところはほとんどなかった・・。
c0155474_15192981.jpg
c0155474_15194273.jpg

公園なので、主催は風致協会で、お店も出せない。道路わきで細々と出しているだけ。むかしは花火もやったというのに、なんだか地味で、いまひとつ盛り上がらないのだそう。

by sustena | 2008-07-27 15:31 | つれづれ | Comments(0)
2008年 07月 27日

劇団☆新感染『五右衛門ロック』

新宿コマ劇場で、劇団☆新感染『五右衛門ロック』を観る。コマ劇場に入るのは、これが最初で最後(あともう一公演で閉館になるからね)。コマ劇場というと、北島三郎とか、森進一とか、まぁだれでもいいけど、演歌のスターたちに、中高年のおばさんが黄色い声援を送っている劇場のイメージしかないんだけど、考えてみれば劇団☆新感染も若いコたちがキャーッとノリりもよく、荒唐無稽なストーリーが、お決まりの大団円に向かって、音楽とスピード感のあるセリフで突っ込んでいくところなど、そう変わるもんじゃないなーと思ったのでした。ロビーには、観光地よろしく、顔を入れてパチリの記念写真セットもありました。(でも、そのセットをケータイでとってはいても、実際に穴から顔を出してる人は見かけなかったな)
c0155474_15161366.jpg

中に入ると、舞台に向かって、扇形のすり鉢状になった座席。両脇に生バンド。「おお!これが演歌の殿堂かー」が第一印象でありました。

さて、ストーリーは、豊臣秀吉の寝所に忍び込もうとしたところを捕まり、釜茹でにされた石川五右衛門。しかし真砂のお竜の手引きで、まんまと脱出に成功。日本を飛び出し、月生石という魔性の輝きをはなつ宝物をめざして、船を仕立てたけれど、嵐で船は難破。偶然たどりついた国では、王を亡きものにしようと国を分けた戦の真っ只中であった・・・。

稀代の大泥棒・石川五右衛門/古田新太 
真砂のお竜/松雪泰子 
五右衛門をつかまえることに執念を燃やす岩倉左門字/江口洋介

バテレンの武器商人 ペドロ・モッカ/川平慈英 
パラパ国の大将軍/橋本じゅん
その恋女房 シュザク/濱田マリ
  
タタラの英雄 クガイ/北大路欣也 
母を殺されたことでクガイに復讐を誓うクガイの息子・カルマ王子/森山未來
ガモー将軍/粟根まこと
月生石の採掘場を取り仕切る穴堀り隊長・インガ/高田聖子

作   中島かずき
演出 いのうえひでのり

予定調和てんこもりの世界をノーテンキに楽しむにはもってこい。森山未來の動きがすてき。江口洋介のキャラが捨てがたい。
c0155474_15163156.jpg


by sustena | 2008-07-27 15:16 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 07月 27日

合羽橋

長年使ってきたアルミの片手鍋の把手が壊れた。近くのスーパーにもホームセンターにも金物屋さんにもないので、合羽橋まで出かけた。
c0155474_1563074.jpg

おー着いた、と思ったところで1枚パチリ撮ったところで電池切れ。違うバッグを持ってきたので電池が入っていなかった。しくしく・・・。まぁ、本日は買い物にきたのだから、しかたがないか。
鍋の並んでいるお店に、順に入って探す。20センチだと把手がゴツいわりには、小さい。でもその上のサイズとなるととたん24センチでこれはものすごーく重たい。アルミだと、だいたいこの寸法で、軽いアルマイトのものは両手鍋だけしかないんだって。私がほしいのは22センチくらいなんだけど。
歩くこと1時間。いくら探しても目当てのサイズのものはなく、20センチのもので妥協しようと思ったとき、ふとみたら、ステンレス製の把手と対照の位置に持ち手のついた鍋を発見。おお!なんとすぐれもの。新潟県は燕市、(株)玉虎堂製作所のソースパンでありました。というわけで、台所で光っています。c0155474_16115068.jpg

by sustena | 2008-07-27 15:15 | つれづれ | Comments(4)
2008年 07月 27日

エコバッグ

最近愛用のエコバッグ。イッセイのプリーツプリーズのお店で買ったもの。
書類入れをモチーフにしたもので、畳んでもかさばらず、A4が楽勝で入る。クライアントから校正紙を受け取ったりするときなどに威力を発揮。
c0155474_14592810.jpg


by sustena | 2008-07-27 14:55 | つれづれ | Comments(0)
2008年 07月 26日

暑い!!

本日はほーんとに暑かった。銀座のリコーサービスセンターでGRDIIのファームアップをしてもらって(近いので、自分でやるよりラクチンなので出向いたのであります)の帰り道、ふと見ると、歩道脇のステンレスの置物?に、ヘンテコな絵が。思わずパチリ。
c0155474_141383.jpg

信号を待ってる間も、あまりにギラギラの太陽なので、松坂屋のところの入口に避難。見上げると、日傘を差して歩いている人が映って、なんだか頭がクラクラきたよ。
c0155474_16521.jpg


by sustena | 2008-07-26 01:12 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2008年 07月 24日

夏休み

夏休みだと、小さい子がウロウロ、チョロチョロしていて、歩き方がおぼつかなくて、でもなんだかほほえましい。新宿紀伊国屋の裏手、新しくオープンするピカデリーのシネコン近くにも、こどもが二人。たぶんきょうだい。
c0155474_0522185.jpg

ここの1階では無印良品の新しいお店がオープンするとあって、駅構内などに、すてきな写真のオープン告知がどどーんと柱やコインロッカーをジャック。
c0155474_053301.jpg
c0155474_0534615.jpg


by sustena | 2008-07-24 18:55 | 看板・サイン・ポスター | Comments(1)
2008年 07月 24日

ウニ

今日の夜のつまみはウニ。殻付きのウニは生まれて初めてで、醤油もわさびもなくて、潮の香りがして、臭みもなく、おいしかった。ひとつ298円也。思い立ってあわてて撮ったのでぶれましたねー。お相手は酒田の上喜元の雄町吟醸。
c0155474_101754.jpg


by sustena | 2008-07-24 00:55 | 食べ物 | Comments(1)