<   2008年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 29日

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』

ベッドに横たわる黒いセーターにジーンズのオノ・ヨーコに、全裸のジョン・レノンがすがりつくように接吻している写真、あるいは、『ヴァニティ・フェア』誌の表紙を飾り、国論を二分するほどの反響を巻き起こした、妊娠中の大きなおなかを抱えたデミ・ムーアのヌード。アニー・リーボヴィッツの名前を知らなくとも、彼女の撮った写真を見たことがある人は多いのではないか。

シネカノン有楽町2丁目で『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』をやっていると聞き、学生時代、「Rolling Stone」誌の表紙で、その名を知って以来、アニーの写真が捉えたミュージシャンのポートレートの大ファンだったので、いったいどんな撮影っぷりなのか、興味津々で出かけた。

アニーは1949年コネチカット州生まれ。1970年に「Rolling Stone」誌で仕事をはじめ、75年、ストーンズのツアーに密着して撮影、一躍その名が広まる。
オノ・ヨーコは言う。「彼女はたましいを撮ろうとしていた。それが伝わったの」。
ミック・ジャガーも「彼女は特別さ。いても気にならないう空気のような存在になる」
何千本もの生のバラのベッドの上で横たわる、ベット・ミドラーの写真の鮮烈さときたら!

83年にヴァニティ・フェア誌に移籍。撮影対象がミュージシャンからセレブに変わる。その人ならではのインパクトのある写真を撮るために、大がかりなセットで大仰なシチュエーションをものともせずに、バシバシ撮るアニー。「この光! いましかない」って感じで。よし、最高のものが撮れたと確信できたら、ハイ、おしまい。

「人物を捉えるなんて所詮無理よ。撮影はたったの数分。人生を通りすぎる」

とはいえ、単に、著名人たちをうまく撮るだけのひとではない。いつも真剣で、まっすぐに、飛び込んでいく。レンズを通して、相手の本質を鷲掴みにしちゃうのだ。

この映画では、セレブたちや、編集者がアニーのすごさを次々と証言してくれる。でも、私には、家族の肖像とともに、『写真論』をきっかけにパートナーとなったソンタグの写真が忘れられない。そして、ソンタグと行って撮ったサラエボの写真も。

小さいとき、ずっと自動車の窓から外を見てアメリカじゅうを旅したの。ずっと昔からフレーミングの術を知っていた。誰だってそんな生活をしていたら、カメラマンになるわ、とアニー。

監督はバーバラ・リーボヴィッツ。アニーの実妹である。

(追伸)
以下のサイトにアニーへのインタビューが載っていた。
http://fototapeta.art.pl/fti-ale.html
(このモノクロの写真がいいよね)

80年代に入ってからのあなたの写真はシチュエーションによりかかっているといった質問に対して、自分自身でいるより、何かを演じるほうが気楽なの、なんて答えてるところ(たぶん)など、興味深いのだった。

by sustena | 2008-02-29 00:28 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 02月 28日

池袋のバナー

きょう勉強会があって池袋に。新宿とも渋谷ともやはりゼンゼン雰囲気が違う。どこも電線はばっちいけど、ここはとりわけすごい。
火の用心の黄色いバナーがパタパタおもしろかったのでパチリ。
c0155474_23844100.jpg

てくてく歩いていくと、おお、ここはフロリダかー。
c0155474_238235.jpg

100円のコインランドリーとコインロッカーが同居しているビルもあったよ。
昼は日本酒愛好家が集まる「笹周」近くの石臼挽きソバのお店(池袋ときわ通り すみよし)でせいろを。おいしかった。

by sustena | 2008-02-28 23:22 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2008年 02月 28日

『サラ・ジー個展』

メゾン・エルメスで開かれているサラ・ジー(Sarah Sze)のインスタレーションがおもしろい! 

エレベータをを下りた瞬間、床に広がるヒモ、ピンとはったオレンジのストラップ、天井まで積み上げられた、FedEXの箱やダンボール、クッション、トイレットペーパーが目に飛び込んでくる。床には鏡や、色見本帳、画鋲やレシート、楊枝などが、規則正しく、あるいは、偶然をよそおって出会い、少しずつ床を浸食していくように広がる。扇風機がざわざわと風を送り、アームライトが乱暴にゆわえつけられ、あちこちを照らす。

荒物屋さんやジャンク屋さんから集められてきたものたちが、彼女の精神の建築のようにくみ上げられ、21世紀の機械に宿る生き物が、息をじっとひそめてる感じ。

フロアの床があちこちめくりあがり、機械室なども作品の一部になっていて、その計算され尽くした乱雑さに、意識をかすめとられてしまう。

贅沢なことに、この空間にスタッフ以外、わたしだけ。サラの世界に好きなだけひたっていることができる。写真を撮ったら、ずっと立ち続けているスタッフに、ご遠慮くださいと止められてしまった。しかたがないので、地下鉄からエルメスビルに入るところのポスターを。
c0155474_22562514.jpg

サラは1969年生まれ。ニューヨーク在住のアーティスト。http://www.sarahsze.com/の作品を見たら、どんなひとかわかるかな。

by sustena | 2008-02-28 22:57 | Art/Museum | Comments(0)
2008年 02月 27日

サクラチル、サクラサク

昨日と今日は、息子の合格発表で悲喜こもごも。

昨日が第一志望の発表日だった。英語と数学、小論文の試験で、息子の場合、小論文が鬼門だったので、母はいさんで、年末から特訓を重ねたのであります。まず、その学部のいちばん力のある教授の最新の本を読ませて、その後、その学部の研究ゼミを洗い出し、重要テーマをピックアップ。それぞれについて、高校生らしいどんな具体例を盛り込めばいいかを検討。小論文の基本は、とくに入試にあたっては、問題発見-問題解決を書き込むことが大切。また、志望学部の場合、ITとコミュニケーションをどうリンクさせてソリューションに結びつけるか、さらに、デザインは単に意匠のことではなく、社会をよりよくするための関係性の再構築であるのだ、みたいな話とか、web2.0時代の集合知や、グローカルな視点での新しい社会起業的なビジネスのヒントなど、私がその学部の出題者だったらどんな問題を出すかを占って、どんな問題でも1200字ぐらい書けるように泥縄で仕込んだのでありました。

結果、母の予想が大当たりで、読めといった本、コピーを渡した同じ筆者の別の本からの出題。が、半分はとれる、と踏んでいた学科試験が、ボロボロとミスったという。一縷の望みを託してネットで受験番号を入れたが、あえなく不合格の表示。(それにしても、ネットやケータイでの合否確認とはなんとあっけない。せめて桜がハラハラ散るとか、芸があればいいのに、番号を入力した瞬間、パッと出るのだ)。

本人はこれで人生が終わったかのような落ち込みよう。自分の努力が全部否定されたような気がしたのですね。何を言っても聞く耳を持たない。

一方の母は、その日、息子の受験と同じ頃にプレゼンテーションしたコンペが2つ通ったとの知らせ。その企画書を書くために、論文指導がちょっと行き届かなかった面もあったなぁと忸怩たる思いがあって、あーあ、コンペに通らなくてもよかったから息子が受かってさえいれば、と埒もない思いにとらわれて、いやいや、こんなに親が手取り足取りしたがために、かえって息子の精神的な自立が図れないのだ、と反省してみたり。

悶々として本日。きょうは、もうひとつの学部の発表日。といっても、経済学部なんて、ゼンゼン興味がないのだ、結果がどーあっても、もうダメだ。かといって浪人したくはない、と支離滅裂な息子。

こちらは、合格、と出た。本人は、第一志望じゃなきゃダメと落ち込んだままだったが、高校で進路報告会があって、周りから「おめでとう」と言われて、少しずつ気分が落ち着いてきたみたい。

万歳三唱とはいかないものの、ま、それなりの春を迎えられたようで、親としてもひと安心といったところなのだった。

写真は、東京マラソンの当日、受験開場となったキャンパスに隣接した神社。お参りをしたのが効いたかな。
c0155474_23475875.jpg


by sustena | 2008-02-27 23:48 | つれづれ | Comments(3)
2008年 02月 26日

狩野 博幸ほか『異能の画家 伊藤若冲』

狩野 博幸ほか『異能の画家 伊藤若冲』(新潮社 とんぼの本 2008年1月)を読む。

c0155474_2318992.jpg伊藤若冲はここ数年すごい人気で、2006年に東京国立博物館で「プライスコレクション 若冲と江戸絵画」展もすごい混みようだったし、2007年月に京都の相国寺承天閣美術館で開催された若冲展は、120年ぶりに釈迦三尊像と動植綵絵30編が再開したときなんぞ、開場1時間前からズラーッと並んだっけ(私も、出張ついでに観てきた)。

なぜ若冲が人気があるかというと、やはり現代の感覚にもピタッとあうからだと思う。このとんぼの本でも、彼の生涯と作品の変遷を同志社大学教授の狩野博幸先生へのインタビューを通して、実にわかりやすく伝えながら、彼の生涯を貫く「好奇心」がいつまでも彼を古びさせないのだ、と教えてくれる。

京都の錦小路で野菜を商う青物問屋の長男として生まれ、23歳で父親をなくし、家業を継ぐ。40歳で隠居し、画業に専念。「奇」であること「狂」なる精神を持つことが芸術家にとっていいことであるという、18世紀後半の京都の文化的活気のなかで、大典顕常や売茶翁などの型破りの知識人の推挙を得てオリジナリティを磨いていく。

大典の弟子が住職を務めていた鹿苑寺の大書院の障壁画を任されることになるのだけれど、いくら大典が推薦したからといっても、鹿苑寺ほどの格のあるお寺が大書院を町絵師にまかせるのは大きな冒険だったはず。寺側に新しい文化をになっていくんだという自負があったのだ、と狩野先生は解説してくれる。

白鳳図の色っぽさ、雪中鴛鴦図の雪の典雅さなど、動植綵絵のパーツパーツのクローズアップもなかなかステキ。(もっと質感が出る印刷だったらいいのに、と、これは「とんぼの本」にない物ねだりか)

18世紀のデジタル花鳥画ともいうべき「枡目描き」(西陣織の設計図である「正絵」にヒントをえたものだろうという)、狩野派からは邪道とされていた、墨のにじみを利用した「筋目描き」、江戸時代の点描画ともいうべき「石摺ふう」、色彩感覚にすぐれた多色刷りをいち早く生み出した「木版画」などの“空前絶後の絵画テクニック”の解説も、入門編として実にいきとどいた内容。

森村泰昌が、「南天雄鶏図」を紹介しながら、鶏のとさかと、南天の実、鶏の頬の白い点と背景の菊、鶏の脚と地面の亀裂、羽毛と南天の葉などが、互換性があるかのようにそっくり!という興味深い指摘をしていて、若冲には動物と植物のヒエラルキーはないのだ、と喝破するのは見事。森村さんは、彼のユニークさが、「スケールの小ささ」、つまり片隅の世界に無限の宇宙を観ていることにある、と指摘する。彼ががもし扮するとすると、「出山釈迦像」か「南天雄鶏図「老松白鳳図」がいいんだって。観てみたいなぁ。

若冲のいろんな才能にへーえ、とうなりながら、「この絵は見た」、「これはまだだなぁ」と思って眺めているうちに、アッという間に読み了えてしまった。

c0155474_9152833.jpg

写真は2006年2月25日撮影 canon IXY Digital55 オート f4.9 1/160秒
この鳥がちゃんとちょんと横向きで、シックな花鳥風月だったらここにアップするのにもふさわしいのだけど、これではあんまりだわ・・・。(若冲展に出かけたときの写真が見つからなかったの)

追伸。写真を見つけた。でもろくなもんじゃなかった。NIKON D40x。このほか墓の写真もあったけど、あまりに下手くそなのでゾッとしちゃった。ま、証拠写真ということで。
c0155474_2322435.jpg


by sustena | 2008-02-26 23:24 | 読んだ本のこと | Comments(2)
2008年 02月 26日

根津「鷹匠」

谷根千散歩のお目当ては、鷹匠というお蕎麦やさん。
はい。おいしかったです。せいろは930円ですが、地元の鞍馬ほど少なくはないので、おかわりしなくてすみますし、なんといっても盛り合わせ(写真参照)が630円とリーズナブル。煮物もまるやかなお味でグッドでした。(お酒は四季桜の黄ぶなを燗でいただきました)

c0155474_13445524.jpg c0155474_13451123.jpg









蕎麦やさんは12時オープンなので、その間、大名時計博物館へ。不定時法時代の機械式の合わせ方とか、大名時計に惚れ込んで調べたという解説が、なんだかとても一生懸命な語り口でマル。明治時代(江戸だっかたな)の万歩計も興味深い。
そうそ、いせ辰で千代紙の表紙のフリーアルバムも買いました。いい写真が撮れたら、キャビネに伸ばそうっと。帰りは、根津のたいやきやさんで、焼きたての鯛焼きをほおばって帰りました。
c0155474_13441448.jpg


by sustena | 2008-02-26 13:53 | 食べ物 | Comments(2)
2008年 02月 26日

シアターコクーン『恋する妊婦』

岩松了の今回の舞台は、登場人物がてんでに猫ふんじゃったを弾いていて、時たま、おっ、いいじゃん、ジャズってるってところもあるけど、なんだか、たどたどしかったり、やりすぎだったりとへんてこな不協和音もいっぱい混じっていて、ストンと響かない。

大衆演劇一座のバックステージもの。昨年秋のパルコの『シェイクスピアソナタ』もバックステージものだったけど、あっちのほうが数段まとまりがよかった。

ストーリーは、旅回りの坪内竹之丞一座から人気のイケ面俳優の慎之介(姜暢雄)と女優のアザミ(中込佐知子)が駆け落ちする。副座長(大森南朋)は怒りバクハツ、でもママ(小泉今日子)の取りなしもあって座長(風間杜夫)は復帰を認めようとしている。妊娠8か月のママの父親が、その慎之介ではないか、という不倫疑惑が持ち上がる。旅回りの一座という狭い世界で、好意と悪意、執着と無関心、さまざまな人間関係と感情が入り乱れ、乱反射して、物語は思わぬ方向へ…。

とこうまとめると、うむ、なかなか面白そうな、という感じなのだけど、いかんせん、人間関係がなかなか飲み込めない。で、副座長に大森南朋、その妹に鈴木砂羽。出入りの八百屋に荒川良々、役者志願の若者に森本亮治と、いろいろ個性派の役者が出てくるんだけど、なんだか、みーんなビミョーに似ていて(というのは、私が俳優のことをよく知らず、トシをとったせいかもしれない)、あれ~この人は誰だったかしら・・・と思いながら、ミョウに日常的なズレた会話を聞いているうちに、ストーリーを見失いがちになってしまうのだった。

風間はたしかに、アバウトな座長役がはまっているんだけど、小泉今日子は妊娠8か月にしては軽やかすぎ。でも「妊婦ってアタマ悪そうだとずっと思ってた」みたいなセリフがあって、妊婦である自分にイライラしてて、なかなか複雑なキャラなんである。戻ってきた慎之介とじゃれあうシーンがよかったな。

眠かったせいもあって、なんだか消化不良のまま終わっちゃった。ざーんねん。
c0155474_1365468.jpg

写真は谷根千の貸本屋。昭和32年より続けてきたけど、歳には勝てないので、3月末日で閉店するという案内が出ていた。このあとは古書店として再出発するんだって。

by sustena | 2008-02-26 13:07 | Theatre/Cinema | Comments(0)
2008年 02月 25日

これがウワサのガムテ文字

昨日、根津におソバを食べに行くついでに、谷根千を散歩しようと、日暮里駅西口へ。あちこちにとてもわかりやすい案内文字が。おお!これがウワサのガムテープで描かれた文字!実物を見て感動しました。(もっとガムテ文字について知りたい方は、「日暮里 ガムテープ 文字」などと検索すると、いろいろな傑作がズラリ)。ということで、1枚。
c0155474_1243331.jpg


by sustena | 2008-02-25 12:43 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2008年 02月 24日

清水義範『幸せになる力』

図書館に行ったら、新刊本コーナーに清水義範の『幸せになる力』(ちくまプリマー新書2008年2月)があったので借りてきた。つるつるとイッキに読了。
幸せになるには、幸せになる力をもっていなければならない、と人間観察の達人である小説家の清水義範は、小学校6年~中学生、高校生~大学生、その親たちに向けて語りかけるのである。

勉強ができれば幸せか、そんなことはない。人間を勝ち組、負け組にわけるほどおろかなことはない。それは多くの人を不幸にするだけだ。また、自分が何がやりたいのかを考えもせずに、単に有名になりたい、セレブがいいと考えるのはやめよう。それは赤ちゃんの考え方だ、と清水センセイは言う。

では、幸せになる力とは何か。

(1)自分の良さを知って、自分を好きになる
自分には、自分であるということだけで値打ちがある。それだけじゃない。どんな人間にも必ずいい点がある。それを見つめよう。そして、そんな自分を好きになろう。

(2)人の役に立つよろこびを知る
ごリッパな道徳だと皮肉にとるのはやめて、素直に考えてごらん。他人が幸せそうにしてるのと、不幸せそうなのと、どちらが気分がいい?感謝されるのっていい気分だぜ。

(3)自分を正しく知り、希望を持つ
自分の値打ちを知って自信を持ったら、その逆、自分が何ができないかも知ることが大切。自分を正確に把握した上で自分にふさわしい希望を持つ。希望と甘い願いとは違うからね。

(4)社会を知り、想像力を磨く
私たちは社会とかかわって生きている。世界のニュースをみてみよう。どんな悲惨な状況でも、人々が生きている。そんな社会のことを思いめぐらす想像力を身につけよう。苦境に立たされたとき、切り抜ける知恵が出せる。

それでもやっぱり世の中でつらいことに出会ったとする。なかなか切り抜けられないイジメなどもあるかもしれない。そんなときは

(5)苦境から自分を守るための回避力

も必要だ。

この新書の対象となっている小学6年生~中学生には、ちょっと抽象的だったり、ピンとこない点も多いかもしれない。でも、私は、自己肯定感を大切にして、自分なりの希望を掲げて、人とのふれあいを大切にしながら、社会を知ることが幸せにつながるという考え方に大賛成だ。でも、このトシにならないとわからなかった、とも思う。

私がシアワセだなーとしみじみ実感したのは、息子が保育園のころ。一緒にプールに出かけて、膝ぐらいの深さのプールで、顔をつけてぷかぷかしていたとき。

多くのひとが、幸せになる力に気付いていたら、もっとすてきな社会になるのにね。

写真は銀座通り松屋のはす向かいあたりの宝くじ売り場前。
c0155474_0415411.jpg


by sustena | 2008-02-24 00:42 | 読んだ本のこと | Comments(3)
2008年 02月 23日

第162回文楽公演・第二部

国立劇場小劇場で、文楽を観る。
c0155474_23315330.jpg
演目は、「二人禿」、ひばり山姫捨松より「中将姫雪責の段」、壺坂観音霊験記より、「土佐町松原の段」「沢市内の段」「山の段」。

中将姫雪責の段は、千手観音紛失の罪を継子の中将姫になすりつけようと、雪の庭で岩根御前が姫を割竹で責める。ほんとは岩根が盗んだことを中将姫は知っているのだけれど、責め殺されても、決してそのことは明かそうとしない。この切場を担当する嶋大夫がすばらしい。悪役の岩根御前は憎々しさと同時に、品位がなくてはいけないし、一方、中将姫は、息もたえだえのなか、継母をかばう清楚なけなげさが必要だから。

  あら労(いたは)しの中将姫
  七日七夜は泣き明かし明くる八日の浅の雪、我を責苦の種となり
  身も冷え返るその上に、素足に雪の氷道剣を踏むが如くにて淀めば
  「往け」
  と打ち叩く
  梢の雪がひと積もり、背に打ち掛かればどうと伏し、起きれば叩く割竹に
  手足も痺れ身も縮み、命も息も絶え/\にて
  「赦させ給へ、母様」
  と、声も惜しまず泣き給ふ

文雀の中将姫も、責められながらも凛として耐えるところが、ぐぐっとくる。

壺坂観音霊験記は、目の見えない夫とその妻の夫婦の情愛を描いた作品。お里(簑助)は盲目の夫、沢市(勘十郎)を献身的に介護し、回復を祈って壺坂寺に毎晩お参りを続ける。妻が夜ごとに抜け出すのを、情夫がいるのではと問いただす沢市に、お里は、一心に夫に尽くしてきたのに・・と涙ながらに訴える(ここの切り場語りは住大夫)。疑いが晴れて二人で壺坂寺へ行くことになる。沢市はここで3日間断食するからと、お里に家の用事を片づけてくるように言う。お里が帰ったあと、自分いないほうがお里が幸せになれると、沢市は身投げをしてしまう。胸騒ぎがしたお里が戻ってくると、夫がいない。谷底に夫が!杖がないと、あの世でも目が見えず困るだろうと、夫のあとを追い、杖を手に谷に身を投げる。あわれに思った観音様が、お里の日ごろの信心に応えて、沢市の目を治してやり、二人は生き返るのでありました。メデタシメデタシ。

伊達大夫が休演で、かわって山の段を千歳大夫が語る。千歳大夫は、中将姫雪責の段でも、前半を語っているから、この回二度目の登場。声が枯れないのかしら・・。
千歳大夫がうまいのは知っていたけど、あらためて、こんなお里のまろやかな、かろやかな声を出せるなんて、とちょっとびっくり。
簑助は登場するだけで、人形が艶っぽくみずみずしさを帯びる。勘十郎も、目が見えないときのネクラでイジイジした沢市と、ご加護で目が明いたときの、青年に戻ったようなイキイキした感じがくっきりしていて、どんどんうまくなるなぁ、と見飽きない。

もっとも、この壺坂霊験記、明治12年初演の浄瑠璃できわめてわかりやすいけど、深みがいまいちなような気もする。といっても、実は○○だった、なんて話が多すぎても、ついていけないんだけど。

この日、国立劇場前の梅が五分咲きぐらい。何人もケータイやデジカメで写真を撮っていた。私も記念に一枚ぱちり。
c0155474_2347858.jpg


by sustena | 2008-02-23 23:53 | Theatre/Cinema | Comments(0)