いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 30日

雨あがりの公園

夕べは遅くまで雨がふっていて、朝、近くの公園に行くと、地面はぐしょぐしょ。
蠟梅が咲き始めました。濡れたロウバイを撮りたかったのに、ちょっと失敗。
かわりに、バッタと、何かの実(わからない・・)のマクロで撮ったのを。
まだバックの処理がいまいち。でも、濡れた実はエロチック。
c0155474_1762297.jpg
c0155474_1764935.jpg
c0155474_177523.jpg


by sustena | 2007-12-30 17:05 | 小さな自然 | Comments(4)
2007年 12月 30日

「暴走老人!」藤原智美

(写真の本じゃないけど、最近読んだので備忘録にしたためておきます)

藤原智美「暴走老人!」(2007年8月文藝春秋)を読む。

ここ数年、高齢者がキレる事件が続発している。刑法犯で検挙された件数でみても、高齢者の人口増が1989年→2005年で2倍なのに、検挙数は5倍という。なぜ、新老人が暴走するのかを「時間」「空間」「感情」の3つの側面から考察したエッセイ。

なんといってもタイトルがいい。湯気をたてながら、どんどん走っていく老人が思い浮かぶ。(私は最初、エネルギーが余って、気持ちだけは若くて突っ走っちゃう、いつまでも大人になれない老人のことかと思ってた。)

冒頭に出てくるキレる老人の話も、「そうそういるいるこんなひと」という感じで、思わず膝を打ちたくなる。でも、そのあとは展開はわりとフツーなのであった。

ムダが排除され、管理されつくした現代の時間感覚、ケータイによって、「待つこと」の楽しみがなくなり、感情や想像の世界にも時間割が出てくる。退職後は、寄る辺ない消費者となってしまう。コミュニティは機能不全で、孤独とどうつきあっていけばいいのか。

ニオイや音など、個人と結びつくものをできるだけぬぐいさり、ひたすらクリーンであることがよしとされる現代。人間関係も、消毒されちまった感じで、個と個のぶつかりあいはできるだけ避け、マニュアル化された接客サービスが重視される一方、客もスターバックスでモタモタしないよう、従順な客となるべく「透明なルール」を身につける必要がある。そんな社会の変容が進むなか、適応障害を起こしているのが新老人であるというわけ。

といっても、私のまわりには、デジカメなど嬉々として扱う新老人がいっぱい。朝の公園を散歩していても、ジャングルジムを占拠しているのは、肉体を鍛えることに余念のない新老人たちなのであーる。

この写真は、朝の散歩でいつも集まって気功をやっている元気グループ。(ほんのタイトルとはもくろん、関係ありません)
1枚目は朝もやのなか、オナガがてくてく。
2枚目は、気功を眺めていた(?)シナコブガチョウがカメラをめがけて突進してきたところ。
c0155474_16432090.jpg

c0155474_16442097.jpg


by sustena | 2007-12-30 16:45 | 読んだ本のこと | Comments(4)
2007年 12月 29日

前出清『NIPPONIA NIPPON 1』

図書館で、前出清さんの『NIPPONIA NIPPON 1』(遊タイム出版 2002年12月発行 2,100円 A5判 上製本 128ページ)を借りてくる。聞き慣れない名前だったので検索すると、やはり同じ遊タイム出版から、自費出版で「花に棲む」という写真集を出していた。その惹句には、「ライカを片手に身近な日常を撮り続ける異端の写真家」とあった。

この本は、大阪の街角を行き来する人々の「ありふれた日常」を、あえてメリハリを消したモノクロで(しかも、いちばん濃い部分でも、スミアミ60~70%ぐらいの感じ)描いている。

電車の中での化粧や、ケータイに一心不乱に見入る人、何かを待っているこどもや老人……たしかに「今」の風景なんだけど、その半分色が消えかかったようなモノクロームの画像は、遠い過去の日常のようにも思えてくる。

好きな1枚。
バックに、「読書は散歩だ。コースはいくらでもある」という文字がうつり、手配写真や、カレー研究所、五右衛門スパゲティーなどの雑居ビルの看板がある路上で、3歳ぐらいの半分ねむねむの男の子をおぶおうとしたまま、かがんでケータイをしている若い父親の写真。

人と人のつながりや、一期一会の出会い、市井のいろんな人たちのつぶやきが画面からとけだしていくような、そんな不思議な浮遊感が漂う。

ほとんど解説らしい解説もなく(場所も、器材の情報も一切ない)、奥付部分に、20行ほど作者のメッセージがあるだけ。

「この写真集を、生活に追われ、子供を育てるだけで人生を終えてしまった”おかあちゃん”に捧げます」

-----------

というわけで、こちらは帰り道の新宿。この時期になると、聖書の言葉がエンエンと路上に流れる。「この世は滅び去る」と書かれたプラカードを持った人がポツンと。それとは関係なく家路に急ぐ人々がどんどんどんどん。
c0155474_214246.jpg

GRDII マニュアルモード ISO100 F2.8   1 /15秒

by sustena | 2007-12-29 21:49 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2007年 12月 29日

おおきな看板の存在感はすごい

銀座・天賞堂のわきである。
どーんと時計が大迫力。
c0155474_10331441.jpg

勤め先の近くにも、やっぱり大きな時計の看板があって、でもこれはいくらなんでもズルだよね。まんま、だもん。
c0155474_10365575.jpg

もひとつ、いつもなんとかうまく撮れないかと思っているのが、下の強運生活の看板と青空。これは遠くから撮ったのをポスター部分をトリミングしたからパッとしない。どんな構図でどんなレンズだといいのか、悩みながら見上げてる。
c0155474_10422293.jpg


by sustena | 2007-12-29 10:43 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)
2007年 12月 29日

なぎら健壱『東京のこっちがわ』

なぎら健壱『東京のこっちがわ』(岳陽舎2005年10月)を読む。

偽ライカ同盟のひとりだ。なぎらさんは、木挽町の生まれで、その後葛飾区、江東区に住み、70年代から写真を撮り続けているとのこと。
彼にとって「東京のこっちがわ」というのは下町。アレッと思う人もいるかもしれないけど、日本橋も銀座も下町であります。(このあたり、小林信彦の『日本橋バビロン』が詳しい)。

この写真集は、NIKON D-100、EPSON R-D1、Konica KD-500Zのデジカメで撮った浅草や銀座、上野、入谷などの街のたたずまい、お店やさん、飲み屋、祭りなどを撮ったもの。全体的に「赤」が印象に残る。飲み屋の写真なども、とってもいい。お酒も人も好きなんだだなぁというのが伝わってくる。ちょっぴり古いニオイのするTOKYO。

写真には撮り手のいろんな思いがこもってる。

以下の3枚は銀座を歩くひと。

c0155474_10261749.jpg

c0155474_10264253.jpg

c0155474_1027233.jpg


洋服に反応して撮っただけの凡作・・・。

by sustena | 2007-12-29 10:30 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2007年 12月 29日

トラックの色にぞっこん

東京駅から銀座まで、ガードに沿って歩いていたら、とってもステキなトラックを発見。ひょっとして、よく翻訳ミステリで出てくるシボレーのピックアップトラックとゆーのかしら・・・。(クルマについてはまったく無知なので、違うかも)。なんといっても、色がすてき!それに、荷台部分に、この写真じゃわからないかもしれないけど、植木鉢が並んでいて楽しい。思わずパチリ。(ナンバープレートはちょこっとカットしました)
c0155474_0143542.jpg

▲GRDII F2.4 1/90秒 ISO100 露出-0.3
c0155474_0145728.jpg

GRDII F2.8 1/125秒 ISO100 露出-0.7

思うに、日本のクルマって、高級車であっても、なんだかうすっぺらな色だよね。その中では、日産のマーチがけっこうがんばってる。日産の5年後のクルマを考えるためのデザインワークの指導をしている人が、風土にあった食べ物の色を出すことがポイントだと伝授したという話を耳にしたことがある。おいしそう、と思わせる色がいいんだって。

で、このシボレーである。ティールグリーン?何色といったらいいのかなぁ・・。
写真を見てねといいたいところだけど、カンジンな色が出せたかというと・・・許して~。

さて。その奥をズンズン行くと、行き止まりのビルの裏の室外機がなんだか廃墟じみた感じがちょっとして(ごめん、廃墟ではない)、その惹かれた所以を表現しようと四苦八苦。色みだけは6割5分ぐらい出せたか・・・。
c0155474_0205321.jpg

▲GRDII マニュアルモード F4.5  1/60秒 ISO 100

by sustena | 2007-12-29 00:25 | GRDIIレッスン | Comments(0)
2007年 12月 27日

『モノクローム写真の魅力』

江成常夫・松本徳彦『モノクローム写真の魅力』(新潮社 とんぼの本)を読む。1998年9月発行だから約9年前のもの。日本国内の著名写真家50人の作品を例にとり、モノクロ写真の魅力を語っている。

木村伊兵衛の「秋田」、森山大道の「にっぽん劇場」の役者、林忠彦の太宰治と川端康成、細江英公の「薔薇刑」の三島・・・日本写真史に名を残す、有名な写真がズラリ並ぶ。それぞれの写真家のモノクロに寄せる思いや、プリント術が語られる。

たとえば、東松照明の「モノクロは彫刻、カラーは絵画」というセリフ、「オレの記憶には、色がないんですよー」という鈴木清。多くはカラーは情報過多であり、内に秘めた情感を表現するにはモノクロだ、と語る。

モノクロを自分で焼く人にとっては、そのプロセスそのものが、表現との格闘でもあるのだろう。

GRDは、モノクロのTEバリエーションが豊富だ。「カラーで撮ったものを画像処理ソフトでモノクロにすれば同じじゃないの?」という人がいたけれど、否、そもそも撮るにあたってのココロがまえが違うし、露出やコントラストなど、モノクロならではの表現にするために工夫が必要なわけで、モノクロにするなら最初からモノで撮るべきだと思う。

といっても、なかなか、これぞモノクロ、なんて写真が撮れない(;o;) こんな本を読んだあとで、駄作をアップするのはおそろしく気が引けるのだが、3枚アップしてみる。

ひとつは、選ぶ人駅構内の売店で品物を選ぶ人たち。通りすがりに、モノで1枚、カラーで1枚と考えなしに撮ったもの。カラーはハッピの色が効いているけど、タイミングが悪ッ(仕事の帰り道の北千住駅)。
c0155474_22445831.jpg

c0155474_22453457.jpg


もう1枚は、銀座シネパトスの裏手あたりの工事中の現場前。あまり工事中感がなかったな・・・。
c0155474_22455545.jpg


by sustena | 2007-12-27 22:48 | 読んだ本のこと | Comments(3)
2007年 12月 26日

子どものいる風景

子どもとじいさま、ばあさま、それとペットはやはり最強なのだけど、自分の子ならともかく、最近はレンズを向けようものなら、なんで撮るの!と詰問されてしまうご時世であります。ペットと散歩している風景も、飼い主とそっくりだったときなどは特に、ああ、2ショットでどアップにしたい!と思うのだけど、遠くからおずおず撮るだけ。なので、ゼンゼンいい写真が撮れない(これは下手っぴのいいわけ)。

近くの公園の夕暮れ。なんとかぼーっとした色を撮りたいと思って奮闘していたところに親子が。雰囲気がいいので、バックが飛んでいるけど、アップしてみます。

c0155474_13261564.jpg

GRDII プログラムシフト F3.5 ISO80 1/153秒 -0.3ステップ

by sustena | 2007-12-26 13:29 | GRDIIレッスン | Comments(2)
2007年 12月 25日

布川秀男「デジタルカメラを楽しむ マクロ撮影の世界」

以前のIXY55で一番不満だったのが、マクロがオバカなこと。その点、GRDIIはマクロ撮影も得意なんである。なんたって1・5cmの接写ができる!最初はもっぱら風景を中心に撮ったけれど、時折サザンカなどをマクロで撮ったりするにつけ、ボケ感は美しいものの、やはり単に接写しているだけにすぎないなー・・・と思っていたら、図書館で偶然この本を見つけたので、さっそく借りて読んでみた。

プロローグは「操作カンタン!誰にでもできるマクロ撮影」。リコーのCaplioシリーズは、マクロが得意なんだよ、という話。続いて、第1章「すぐできる!初めてのマクロ撮影―精密描写で意外性を知る、新たな発見と感動」では、いろいろなCaplioの作例が。おそろしくピンがしっかり効いているので、ちょっとタメ息・・。

第2章は「身近なものを写す―"ウラ技"活用法」。旅行で時刻表や地図を撮ったり、お城の扉などの部分をクローズアップしたり、食事を撮ったりするなどして旅の記録をつくろうという話。旅でなくとも、野菜などの日常の食材や身近な素材にぐんと寄って違う世界を切り取るのも楽しみのひとつ。

第3章は「マクロ撮影グレードアップへの道」である。逆光を積極的に取り込むなど、光を読むことが大切。そのほか、水滴を撮る、緑を撮る、テーマで写す、季節を写す、など、テーマごとに、なるほど~と思わせる作例が掲載されていて、リコーのコンデジでこんなにも美しく撮れるものなのか驚きつつ眺めた。
最後の第4章ではプロ仕様の一眼レスでのマクロ撮影のいろいろ。

ノウハウより、作例の見事さに感嘆する本なのだけど、この本のタイトルがデジタルカメラ「を」楽しむなのであって、デジタルカメラ「で」楽しむではないことがミソ。主役はカメラなのね~。

というわけで、光、光と念じて撮ったのが次の3枚。でもなかなか手頃な光がないのよ。風も強かったり。むずかしいものです。
c0155474_22295353.jpg

c0155474_22304733.jpg
c0155474_2231087.jpg


by sustena | 2007-12-25 22:39 | 読んだ本のこと | Comments(0)
2007年 12月 25日

看板3種

このところ気になった看板がいくつか。
工事中であります。「墜落災害の絶滅」。「絶滅」とあるとなんだか妙に真に迫ってくる感じ。ふつうは撲滅かな?いや、絶滅でいいのかな?根絶かな?考えてるうちにワケがわからなくなった。
c0155474_16473568.jpg


きのうMOTに行くときもいろいろへんてこなのがありました。
MOTへは清澄白河駅に降りたって、清澄庭園を散歩したのち、深川資料館通りをずずーっと歩いていったのだけど、まず駅を出て、庭園に向かう途中、ふと見上げたのがこのリフォームやさんの標語。「変えるなら、奥さんよりも壁の色!」そりゃそうですけどね・・・。
c0155474_1652444.jpg

左手の緑の木が茂っているのが庭園であります。左折したところの塀に庭園への案内看板があって、こいつがいばってた。
「天下の名園 清澄庭園 東京都名称第一号」。隣に、「紀の国屋文左衛門-岩崎弥太郎-東京都」。由緒正しさを声高に述べてました。
続いて、深川資料館通りの入り口では、「日本一 まずい(この字が逆立ち)佃煮でごめん」。
以上、いずれもなんの変哲もない写真でごめんなさい。
c0155474_16533458.jpg

いずれもGRDII。

by sustena | 2007-12-25 16:58 | 看板・サイン・ポスター | Comments(0)