いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 495 )


2017年 06月 29日

ホテルの中に保育園が!

先週京都に出張に行き、四条駅近くの四条からすまホテルに泊まった。

朝食に向かうとき、エレベーターが4階に停まり、見れば子連れのお母さんが手をふり合っている。あれ?なんだか雰囲気がちょっと違う・・・と思って、フロアの案内を見たら、なんと保育園である。

チェックアウトして駅に向かう途中も、何人ものお母さんとすれ違った。

交通アクセスはいいけれど、お散歩なんかどうするのかなと思ってwebを見たら、専用の屋上園庭があるんだそうな。
むろん公立ではなく、京進という会社が経営している認可外保育園で、なんとネイティブ講師が常駐して1日約3時間英語で保育を行うらしい。給食はからすま京都ホテルと提携しているんだってー。

ビジネスマンで活気のあるフロントの前を、園児とその親が通り過ぎていくちょっと不思議な光景でありました。

前日の夕食は先斗町で。「酒亭ばんから」という名前の割には、比較的繊細なお味でした。
c0155474_14384396.jpg
刺身の盛り合わせがけっこういけました。
c0155474_14393461.jpg
賀茂ナスとエビのゆばあんかけ。
c0155474_14394393.jpg
琵琶湖の稚鮎の天ぷら。
c0155474_14395887.jpg
ハモの皮のきゅうりの酢の物。ハモがコリコリしてgoodでした。


by sustena | 2017-06-29 14:42 | つれづれ | Comments(6)
2017年 06月 29日

先達はあらまほしきものなり

夏場は暑いからあまりストッキングや靴下をはきたくないんだけど、最近サンダルを履き続けているから少しは休ませないとサンダルがダメになる。でも裸足でパンプスを履くのもなぁ、ベタベタして気持ち悪いし・・と思っていて、そうだ、こんなときに買ったのがあったな、と取り出したのが、フットカバーであります(靴に隠れて履いてるかどうかわからない浅履きの靴下ね)。

さて、履こうとして、ハタとわからなくなってしまった。
底に卵ぐらいの大きさのクッションがついているほうが前か、はたまた、カカトへの衝撃を防ぐために、こちらが後ろなのか・・・?
もう片方には、バーコ印刷のような、盛「ちょっとした違和感がある。

こんなときは、ググるといいのね。同じようにハテーとなる人はきっといるはず。

で、このときは、「フットカバー」というコトバが思い出せなかったので、「つま先、かかと、カバー」と入れると、amazonや楽天の商品がいっぱい出てきて、そうかフットカバーだったとわかり、「フットカバー 前後」と検索したところ、おお! トップに出てきたのが
「カバーソックスの前後が解らなくなってしまいました」という、Yahoo!知恵袋の質問であります。

質問者は、前後がわかる模様がない総レースのソックスを前に、どちらがつま先か、かかとか、解らなくなってしまったのだという。

手がかりは内側の約三分の一に付いている底のクッション。
「・・今時のファッションが解らない私は、それがかかとを守るクッションなのか、つま先を守るクッションなのか解りません。パッケージは、購入した数年前に捨ててしまっています。(写メを載せようと思いましたが、黒の総レースのため、ただの黒い布にしか写りませんでした。)」

として、教えを乞うているのであります。

回答が1件
「そのクッションはヒールなどを履いた時に、つま先を守る物なので、クッションがついている方が前ですよ(*^_^*) レースのカバーソックスかあ。いいですねえ^ ^ 私も欲しいです>_<」 

おお、なんとありがたいお答え!

お礼のコメントが

「有り難うございます。
非常に助かりました。
今逆に履いてました(笑)
はき直して外出します。」

いいなー。このやりとり♪

ということで、ワタクシも今度は迷うことなく、クッションのほうをつま先にしたのでありました。
c0155474_12142645.jpg
c0155474_12144593.jpg


by sustena | 2017-06-29 12:14 | つれづれ | Comments(4)
2017年 05月 06日

奥歯がないと不自由だー

ここ2カ月ばかり、歯医者通いをしている。本日も、連休のいい天気というのに、歯医者へ。
きっかけは十数年前にかぶせた奥歯の近くの歯茎が腫れたことだった。れんとげんを撮ると、根が折れているんだったかヒビが入っているのだという。消毒して、抗生剤を詰めたりして、腫れが引くのを待っている間、治療中の歯では噛めないため、もうかたほうのおくばで硬いものを食べていたら、半年ぐらい前にかぶせた部分のグラスファイバーが折れて、かぶせた部分が引きちぎれてしまった。
というわけで左右の下の奥歯が使えない羽目に!!!

ああ、これでは80歳までに歯を20本残すことはダメかもしれない。。。などと、くらーい気持ちになったうえ、実際問題として、食べたものをすりつぶすことができず、前歯で切断したあと、上顎の裏側あたりでなんとなく潰してエイッとのみこんだり、ああ、トシをーとって歯がダメになると、こんな苦労もしなくちゃならないのかと、トホホな毎日なのであります。

あと1カ月ぐらいかかりそうで、鬱々とかえるとちゅう、ネコが覗いてニャー。

c0155474_15072362.jpg


by sustena | 2017-05-06 15:08 | つれづれ | Comments(4)
2017年 03月 20日

久々の顔

いつも散歩のときに持っていくのが、小さな双眼鏡である。ポケットに入れたり、カメラバッグのポケットに入れているんだけど、こんなかわいい顔をしているだなんて、いままで気づかなかったなー。
c0155474_1422366.jpg

c0155474_14225591.jpg


by sustena | 2017-03-20 14:23 | つれづれ | Comments(6)
2017年 02月 22日

LINEでの会話

仙台にいる息子からときどきLINEで近況が届く。
きのうはこんなやりとり。

息「昨日ロケだったんだけど、被災地でしたインタビューがさ、
  もう胸にきて、こっちが泣きながらインタビューしてた」
さ「母もインタビューしながらウルッとしたことは何度かあるなぁ」
息「ウルっていうか、涙流しながらのインタビューですよ」
さ「滂沱ねー」
息「難しい漢字で送ってこないて。読めないし」
さ「えー。。。ぼうだ、っていうのよ」
息「あきらかに、読めないやろ、っていう感じで送ってきた気がする!」
息(立て続けに)「試された気がする!」
さ「そんなことない。母はよくこの言葉を使ってるのよ」
息「いつ使うねん。。。★カエルマーク」
さ「録画しておいた映画を夕食食べながら見て、泣き泣きになると使ってるのらー」
息「滂沱の涙ねーー」
さ「これで忘れないよねー」
息「あい ★カエルマーク」

写真は長野券のパイロットショップ、銀座NAGANOの前の雪だるまさん。かわいい。
c0155474_0362354.jpg


by sustena | 2017-02-22 15:35 | つれづれ | Comments(6)
2017年 01月 04日

2016に出かけたところ

2017年の手帳に、去年の12月にクレジットで購入した金額などを転記ついでにパラパラながめて、けっこうあちこち出かけたなぁ・・・とシミジミしたので、ここに書き写しておく(★はプライベート、あとは出張)

1月10日-22日 エチオピア★
2月23・24日 神戸・姫路
3月29・30日 金沢
4月18・19日 京都
4月22日 筑波
5月19-21日 愛媛★
5月23・24日 室蘭
6月9日 仙台
6月29・30日 大阪・京都★
7月25-26日 大阪
7月28・29日 熊本
8月2・3日 京都
9月9日 三島
9月23日-10月1日 スペイン&フランスバスク地方★
10月12・13日 高松・大阪
10月15・16日 高松
11月8日 栃木
11月16・17日 札幌・旭川
11月28日 名古屋
12月2・3日 京都★
12月9日 名古屋

このうち愛媛は、旧知の編集者・ライターとめぐったもので、大人の修学旅行と称して、年に1回、テーマを決めてあちこち出かけてる。きょうハードディスクにこのときの写真をコピーしようと思って、見当たらないのでアセッたら、なんのことはない、別フォルダに入れていたのを発見したんだけど、このところ写真を撮りっぱーにしてるので、今年からは心を入れ換えて、ちゃんとセレクトしてフォトブック印刷をするか、プリントアウトしないと、片っ端から忘れちゃうよなーと思ったことだった。

写真は、大人の修学旅行の一人から、昨年暮れにいただいたおせんべい。
あたしゃ太宰は生理的にキライなんだけど、現実にこんな人が頼りなさげに寄ってきたら、ああもうッ!て感じて助けちゃうかもしれない。この似顔からして、実に困った感じの人たらしの顔である。
c0155474_21494479.jpg


by sustena | 2017-01-04 21:52 | つれづれ | Comments(12)
2016年 12月 31日

焼きハゼ

昨晩、仙台から息子が焼きハゼをおみやげに帰って来た。

昨年、仙台に取材に行ったときに魚屋の店先で見つけて、一瞬買おうと思ったけれど、あまりの高さに断念したのである。
よし、明日はこれでダシをとろう!
c0155474_13554922.jpg


あと、きんとんとタタキゴボウと伊達巻をつくれば、おせちの準備はおしまい。
なんだか、バタバタだー

by sustena | 2016-12-31 13:56 | つれづれ | Comments(2)
2016年 12月 15日

インフルエンザ

c0155474_22442458.jpg
先週金曜日、 名古屋出張から夜中に戻るとなんだか寒けがする。翌日は、地元の仲間とやってるラジオ放送のあと、取材でお台場へ行き、熱っぽさをこらえながら撮影担当。夜中はうちで反省会と称する飲み会で盛り上がり、やっぱり寒けがひかないのは、こりゃ風邪をひいたかもと思い、翌日は念のため、I日じゅう臥せっていて、その翌日の月曜日、熱が下がったので会社に行き、念のため近くの内科で診てもらったら、インフルエンザだという。

エーッ、インフルエンザなんて、この歳になって初めてかかったような。。。。
それで、しばらく会社を休まなくてはならないのか聞いたら、決まりがあるのは子どもだけで、大人はそれぞれの勤め先次第なんだって。てわけで、そのまま仕事に追いまくられてる今日この頃。

写真は、仙台の息子が送ってきてくれた山形県産の秘伝豆を、煮たもの。ひたし豆かサラダがオススメらしいので、手製のダシにひたしてる。白菜3束と一緒に入ってたものだけど、母子が逆転してるような。。。白菜は取材で食べて感激したそうな。豆はなぜ買ったのか知らないけど、これも取材の一環なんだろうと思う








by sustena | 2016-12-15 22:50 | つれづれ | Comments(6)
2016年 11月 27日

てんてこまい

なんとまぁ、1か月以上、ごぶさたしてしまった。仕事とプライベートと、両方ドタバタだったのだ。

11月は近くの公園と西荻窪とを結ぶ現代アート展の事務局をやっていて、そこに仲間たちと芝居を出して3日間、公演をした。

とんなストーリーかというと・・・・・
ジェット光線の設計図(上)を持ったマサエは行方不明に。マサエの行方を黄金バットが探していると、黄金バットの背景をずっとやってきていて、未来も予言できるというナゾの男があらわれる。その男の予言によると、バットは生まれ変わってお姫さまに。そのお姫さまが龍に食べられようとするそのとき、王子様に生まれかわったマサエがあらわれるという。
ナゾの男とともにこうもり国に向かうバットを待ち受けていた運命とは?
----------------------------------------------------
ナレーションとともに、登場するのは男国 田柳博士。昔 善福寺池には龍がすんでいたという来歴を述べる。カワウソが巨大になったのだという。
c0155474_23541310.jpg

バットとともに、ナゾの男が登場。
c0155474_2354456.jpg

バットはナゾの男とともにこうもり国へ。そこにはヒンポンパンの3大臣が。
c0155474_2355246.jpg

大臣が語るには、この国は龍の横暴に苦しめられていて、龍の怒りをやわらげるため、毎日一人ずつ美しい女をイケニエとして差し出しているが、もうコウモリ姫さましか残っていないのだという。
コウモリ姫を呼ぶと「お待たせー」と出てきたのは・・
c0155474_23555367.jpg

コウモリ姫さまではなく、おつきの浮舟であった。もう一度コウモリ姫を呼んでイケニエ台へといざなう。
c0155474_23563936.jpg

泣き崩れていた姫が顔をあげると・・・・
c0155474_23572057.jpg

遠くから龍の叫び声が聞こえる。キャーッ。と、そのとき、遠くから、風の翼に乗って、王子が登場。
c0155474_23581646.jpg

「美しい姫、ぼくが来たからにはもう安心ですよ」「まぁ、頼もしいお言葉」
c0155474_23584192.jpg

「闇の支配者、龍よ!
眠ったら龍に食べられてしまうから、僕たちは眠らない、この国では夜明けまで誰も寝てはならぬ」と宣言する王子。
c0155474_2359961.jpg

そこにナゾの男があらわれて、「誰も寝てはならぬ」を歌う。
c0155474_23593879.jpg

実は大悪人ナゾーであった。
c0155474_002192.jpg

まあ、美しい姫をだましたのね!
c0155474_23595839.jpg

ふふ、お前たち、あの龍はこのナゾーがあやつっていたのだよ。まとめて設計図を奪う作戦だったのだ。いでよ、龍よ!
c0155474_012743.jpg

ジャーン!巨大龍の出現。
c0155474_015888.jpg

龍と戦う王子。
c0155474_031031.jpg

c0155474_033454.jpg

ナゾーのいうことを聞け、とナゾーが叫ぶと、龍は一転、ナゾーをのみこんでしまう。
c0155474_041263.jpg

帰っていく龍。マサエと再会し、平和が戻ってメデタシメデタシ。
c0155474_045012.jpg

c0155474_0525.jpg


動画は25分と長いので、前編後編に分けました。お時間があれば、どうぞ。
前半

後半


by sustena | 2016-11-27 23:49 | つれづれ | Comments(4)
2016年 09月 11日

今年も見世物小屋

昨日は、地浮くの小学校の校庭で夏祭りがあり、仲間とともに、「見世物小屋」を披露。

演し物は、ろくろっ首、一つ目小僧、大いたち、ゴム人間、空中浮遊。
空中浮遊は、構想十年(?)
きれいに浮いたのでした。

早くも行列が・・・。
c0155474_2210451.jpg

看板に見入る親子
c0155474_22104010.jpg

司会の人造人間
c0155474_22123974.jpg

暗くてよくわからないけど、浮いているんです。
c0155474_22132953.jpg

最後は花火でオジツイ
c0155474_22142771.jpg


動画はこんな感じ


by sustena | 2016-09-11 22:15 | つれづれ | Comments(0)