いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 511 )


2017年 11月 20日

公園で2タイプの音楽ライブ

昨日は、3日から23日まで開催しているアートイベントの一環で、2タイプのライブがあった。

一つは、ノイズエレクトロニカバンドMAMMOTHによる、公園の環境音をリアルタイムレコーディングしビートを紡ぐ公開実験GIG。
c0155474_16302921.jpg
c0155474_16304331.jpg
もう一つは、セルマー・マカフェリタイプのギターを中心にしたGYPSY SWING。ノコギリのようなミュージック・ソーやバケツを使ったベースが興味深かったなー。
c0155474_16305754.jpg
c0155474_16310784.jpg
寒い一日だったけど、公園の雰囲気にマッチしてました。

今度の23日でアートイベントもおしまい。
c0155474_16311764.jpg


by sustena | 2017-11-20 16:36 | つれづれ | Comments(4)
2017年 11月 12日

今度は天空の対決だっ!

本日は私たちも3回の公演。
連続ラジオドラマの実演版で、ラジオ時代から数えるともう92作目。
今回は、チェロ人間スットコバリバリとカザルス、篠原博士の娘マサエはなぜかリンドバーグならぬチロリンバーグとなって登場する。とーぜん舞台は雲の上!

2回目の公演をYouTube にアップしました。
20分ちょっとお時間のある方はこちらをどうぞ
お急ぎの方は写真で舞台を想像してくださいませー

狂言回しのナレーター
c0155474_21564119.jpg
カザルス登場
c0155474_21544749.jpg
愛用のチェロをチューニング
c0155474_21545494.jpg
これから演奏するのは、故郷の民謡の鳥の歌。ふだん言えないピースという言葉も、音楽でなら自由に言える
c0155474_21550615.jpg
そうこうするうちに、マサエちゃんを探している黄金バットが登場。あれあれ、空に誰かがいるぞ
c0155474_21551443.jpg
なんとスピリッツオブゼンプクジ号に乗って善福寺上空にやってきたチロリンバーグ
c0155474_21554379.jpg
ここで、カラスがくわえてきたロープがバットのからだに巻き付き、3人は空の上へー
一方、チロリンバーグの乗った飛行機も墜落してしまう。雲の上で出会ったバット一行とチロリンバーグが、からだに巻き付いていた縄を引っ張るとナゾー城が登場。
すべてナゾーの悪だくみだった
c0155474_21555230.jpg
魔法にかけられ、苦しむバットたち。芸まで出す羽目に・・・
c0155474_21560098.jpg
ナゾーの音楽好きに気づいたカザルスが「鳥の歌」を演奏するとナゾーは退散し、フェニックスがあらわれる
c0155474_21560743.jpg
平和が戻りめでたしめでたし
c0155474_21561588.jpg


by sustena | 2017-11-12 22:05 | つれづれ | Comments(2)
2017年 11月 12日

本日はパフォーマンスデー

公園を舞台にしたアートイベント、本日はパフォーマンスデーで、仲間との活劇?のほか、オンドス+キャラバンぜんぷくの多彩な演しものがあった。

黄金バットに客演いただいた鈴木秀城さんのパントマイム「山あり亀あり」。なんと本物の亀が登場した。
人形劇おいっちには「三匹の子豚」。オオカミがわらの家を飛ばすとき、キティ台風なみの大風なんて意味のことを言ってたけど、子供たちも若い親御さんもわからなかったと思うぞ。このほか、三毛猫の音読屋、五反舎はなたれ組はハンガリーの作家の精神病棟を舞台にした戯曲のリーディング。
最後は、オンドス率いる橋本フサヨさんの指導により、西荻案内音頭ほか2曲を輪になって踊った。

鈴木秀城さん
c0155474_21405291.jpg
c0155474_21413428.jpg
c0155474_21414464.jpg
c0155474_22314655.jpg
c0155474_21411385.jpg
c0155474_21421868.jpg
人形劇おいっちに
c0155474_21425248.jpg
三毛猫の音読屋
c0155474_21433698.jpg
c0155474_21435250.jpg
五反舎はなたれ組
c0155474_21440663.jpg
c0155474_21442092.jpg
オンドス
c0155474_21443967.jpg
c0155474_21454272.jpg
c0155474_21455219.jpg
c0155474_21460209.jpg



by sustena | 2017-11-12 21:48 | つれづれ | Comments(0)
2017年 11月 11日

遊歩音楽会

本日は例のアート展で、「池の畔の遊歩音楽会」があった。今年で8回目で、辻康介さんがイタリア留学中で、歌のない新しいバージョンとなった。

青山学院大学総合文化政策学部でサウンドスケープをテーマに研究をしている鳥越けい子先生とゼミ生、チャンゴと踊りのチェ・ジェチョルさん、100年後の祭りを提唱する語りとパフォーマンスのトチアキタイヨウさん、それに小菅村の創作神楽に取り組む「珊月花」の3人、フラダンスの「ののりこ」さんが加わって、水の恵みやかつていたかもしれないカッパを思い、音を全身で感じながら上池を1周。ところどころでパフォーマンスがあったのだが、通りすがりの人からは、あれはいったい何の団体かしら・・と半分不信のマナザシが・・・

最初は、2-3人で1グループになって、ゼミ生が持つ竹と一緒に、音をたてないように落ち葉の積もった森の中を歩いたり、後ろ向きに歩いたり、目隠しor目をつむって歩いた。
ゼミ生と水に感謝する踊りと、太陽に感謝するフラを踊るののりこさん。
c0155474_23250819.jpg
弁天さまのところでは珊月花による創作神楽。
c0155474_23251761.jpg
c0155474_23252668.jpg
c0155474_23253347.jpg
チェ・ジョチョルさんのチャンゴと踊りにはいつも吸い寄せられてしまう。
c0155474_23254281.jpg
c0155474_23255650.jpg
c0155474_23260496.jpg
c0155474_23261366.jpg
c0155474_23262280.jpg
ホースを回す音を聞きながら池を回る
c0155474_23263100.jpg
c0155474_23264062.jpg
竹をゴム草履でたたくとなかなかいい音が・・・
c0155474_23264926.jpg
トチアキさんのパフォーマンス。学生たちはカワウソとカッパについての詩を朗読している
c0155474_23271250.jpg
c0155474_23270153.jpg
c0155474_23272044.jpg
c0155474_23273528.jpg




by sustena | 2017-11-11 23:35 | つれづれ | Comments(2)
2017年 11月 06日

アート展始まる

近くの公園で、私も事務局の一員として活動しているアートイベントがスタートした。
事務局のスタッフが少ないなか、よくやっているなーと自賛。
このほか仲間と、恒例の黄金バットの芝居(今回でなんと92作!)を上演し、日曜と祝日にはカフェを出しているのだからまぁ・・・
c0155474_22311269.jpg
c0155474_22312935.jpg
c0155474_22314164.jpg
c0155474_22315540.jpg
c0155474_22321388.jpg
c0155474_22324073.jpg



by sustena | 2017-11-06 22:33 | つれづれ | Comments(6)
2017年 10月 22日

こどもフェスティバル

昨日は児童館でこどもフェスティバルがあり、0円ぱちんこを出店。
椅子を用意したけ
c0155474_08392679.jpeg
ど、誰も座りゃしない。


by sustena | 2017-10-22 08:42 | つれづれ | Comments(4)
2017年 10月 17日

しあわせな一日

いつも誤字を指摘してくださるありがたいiwamotoさんがBBQをする、Cakeaterさんもいらっしゃる、というので、期待とおそれとがmixされたキモチで出かけたら、なんとまぁワタクシの慰労会だったとは。

しかも! esikoさんからたんと食材が届いたということで、昨日は昼間からうんと飲んで、食べて、おなかがくちくなりました。

イッキに紹介します。ワインの写真は、iwamotoさんのブログへ
鹿のジャーキーとスモークチーズ、iwamoto家の定番料理、八角の香りがほのかな煮干し豆
c0155474_21574638.jpg
ポテトサラダと、大麦?のサラダ
c0155474_21575480.jpg
イワナ。最初アミの中央で焼いたら、片面が一気に焦げたので、ひっくり返して、はじっこでじわじわ焼いてるところ。
c0155474_21580377.jpg
サトイモと、紅はるかじゃなくて紅乙女、いや紅小町?なんていうサツマイモだったかな・・
c0155474_21581139.jpg
焼き豚をあたためて、特製ミソをトッピング
c0155474_21582032.jpg
これがウサワの「おおまさり」.大きさを示すために、Cakeaterさんが、さっと5ミリ方眼のノートを取り出したのは、さすがー。
c0155474_21583937.jpg
c0155474_21584872.jpg
庭のコスモスとキバナが雨に濡れてました。雨の音がなんだか川のほとりでのBBQみたい。天気予報がおどかすほど寒くはなかったよ。
c0155474_21585924.jpg
c0155474_21590810.jpg
ヤマメ(たぶん)もおいしくて、イワナとあわせて3匹も食べたので、龍の子太郎のおっかさん気分。
c0155474_21591753.jpg
このあと、ヒレ肉をじっくりローストしたのなんかも出たんだけど、すっかりシアワセな気分になって撮ってません。
そして、こちらはなんと!!松茸ご飯です!
c0155474_21592830.jpg
夕方になったので庭から室内に移動、ウイスキーを飲みながら,干しリンゴとお菓子。
c0155474_22004503.jpg
残りの炭火でじっくりあたためたバナナ。グラス越しに見たら顔写真だよ、とCakeaterさん。そりゃちょっと苦しいみたい。
c0155474_22101808.jpg
これまたお手製の濃厚ヨーグルト。
c0155474_22010749.jpg
iwamotoさんの知性は、庭とおいしい料理と手仕事で培われているのねー
Cakeaterさんの次から次へと繰り出されるお話も、すばらしい酒のつまみ。

ブログやっててヨカッタな。しみじみー♪




by sustena | 2017-10-17 22:44 | つれづれ | Comments(5)
2017年 10月 10日

今後の皮算用

本日はめちゃ暑い。
いつもは平日はラジオ体操をかねての散歩、休日は朝食後の散歩、というパターンなんだけど、仕事がのらなかったので、昼食後にも公園に散歩に出かけたら、セミが鳴いていた。もうとっくにセミのシーズンはおしまいと思っていたのに。

さて、今年度は何とか仕事がありそうだからいいけれど、もし収入がなくなったら飢え死にしてしまうことはないか、なんとなく心配になったので、貯金残高と保険などを棚卸ししてみることにした。エクセルのタイトルだけは「資産台帳」と景気のいい名前をつけたけど、資産なんて呼ぶには、ケタが違いすぎるよねぇ。

それはともかく一覧にしたところ・・・


一昨年から去年にかけて、養老保険が満期になったのを年金にしたり、ずっとほってあった学資保険の満期金を同じく個人年金にしたりしたため、75歳から80歳までは問題ないことがわかった。70歳からでも、今のように芝居をひと月に何本も観たりしなければなんとかなる。問題は今から70歳までであります。

ちょびっとでも仕事をして、貯金を取り崩せばダイジョウブだな、といちおうの見通しが立ったので、めでたしメデタシ。もちろん健康が大前提なんですが。

c0155474_14441476.jpg
c0155474_14441968.jpg


by sustena | 2017-10-10 14:46 | つれづれ | Comments(2)
2017年 10月 08日

年季明け?

数日前に、肺がんの手術以来、定期的に通っている医者にCTの結果を聞きにいった。

5年が過ぎて再発がなければ、これでオシマイである。
「なんらがんの兆候はない」ということで、無罪放免となるはずだったが、CTで別のささやかな異常が見つかった。

今すぐどうこうというわけではないけれど、こんど「面通しのために」別の科を受診せよという。
えー、うそー、血液サラサラのひとだと思ってたのに・・・
でもまぁ、会社をやめて定期健診がなくなったから、その0かわりと思うことにしようっと。

それにしても、呼吸器外科とはオサラバできるものの、うーむ、トシをとってすっかりポンコツなんだなー。

公園ではこのところカワセミをよく見かける。でもいつも遠い・・。
c0155474_09061467.jpg
この同じスポットに、シラサギやウがとまっている。
c0155474_09063022.jpg
昨日は鳥の集団が飛んできたなと思ったら、イッキに舞い降りた。仲間なのかなー
c0155474_09062187.jpg
こういうのが近くにいると、カワセミさんも寄ってこられないかも。
c0155474_09060011.jpg


by sustena | 2017-10-08 09:18 | つれづれ | Comments(6)
2017年 09月 16日

この1週間

会社をやめてのんびりしているはずなのに、うかうかとすぐに時間が経ってしまう。
とくにこの1週間はあっという間にすぎてしまい、いま北陸新幹線の中。きょう同期会、明日はテニス部の同期会があるのだ。

この1週間を振り返ってみると・・・

9日(土)
午前中は地元の仲間とやってるラジオの公開放送・夕方から深夜にかけて、秋の公園での黄金バットの芝居についての企画会議。12時過ぎに解散。

10日(日)
午前中に散歩と洗濯。午後は、メゾンエルメスのフォーラムで「血を吸うカメラ」を見る。殺される前の女性の恐怖の表情のドキュメンタリーを撮っている心の病んだ男の話。恋人の盲目のお母さんとの対決シーンが緊張感イッパイ。「サイコ」より怖かったなぁ。
映画の終了後は、同じくメゾンエルメスで開催中のエマニュエル・ソーニエ展を見る。セロニアス・モンクへのオマージュ。最初の展示室の黒いガラス管で描かれたATMの文字と、さまざまな動物や鳥に見える黒っぽい朽木?が白い壁に配置されているインスタレーションが印象的だった。

11日(月)
14時ごろまで原稿書きのあと、新国立劇場で上演中のケラリーノ・サンドロビッチ演出の「ワーニャ伯父さん」を観る。出だしからセリフが本当にスーッと耳に入ってくる。薄い幕越しに語られる家族の物語。その後べ麺転換した後も部屋の壁に映る登場人物の影が印象的だったな。
もう人生をやり直すにはあまりに遅いと叫ぶ登場人物にイタイぐらいに共感。チェーホフだけど、決して古臭くなく、まさしく今の時代の芝居だった。
最後の黒木華のセリフもじわーんとくる。そのあとの間もよかった。宮沢りえは最初は意外にもコミカルな演技、次第に、人生に憂いた美しい若妻の一挙手一投足に目が離せなくなってしまう、山崎一は、ジコチュウの老インテリがぴったり。全員のアンサンブルがすばらしかった・
前から2列目の左から3番目の席で伏見蛍さんのギターが間近で、沁みたーー

12日(火)

歌舞伎座で秀山祭昼の部を見る。「彦山権現誓助剱」仮名手本忠臣蔵より、「道行旅路の嫁入」「極付 幡随長兵衛」の3つ。吉右衛門の長兵衛が、死に向かう覚悟とプライドがにじみ出ていて最高。長兵衛の妻役の魁春も、夫の心を知り尽くした表情が良かったー。

歌舞伎のあとは、シャネルネクサスホールで開催中のレイモン・ドゥバルドンの写真展へ、東京オリンピックがいかに日本にインパクトがあったか、よくわかる。その後の65-2008の日本の写真はほとんど無国籍、2016のカラー写真はまたいかにも現代の日本。それが不思議。会場構成がすてき。

13日(水)
この日は、文楽「生写朝顔話」、すれ違いの悲恋バナで、主人公の朝顔を今回は3人が遣う。簑助は哀れさが絶品、一輔、清十郎もそれぞれ違う味。勘十郎の祐仙、笑い薬で笑いが止まらぬ男の全身の動き、ディテールまで神経が行き届おいていて、オーバーになりすぎずさすが。最初の濡れ場がないのはちと疑問だなー

14日(木)
朝イチで、秋の野外展の予算やリーフレット配布先などの打ち合わせ。
その後、元の会社の営業と日本橋 室町砂場でお昼かたがた打ち合わせ。天もりをおごってもらう♪ でもその営業も10月半ばでやめると聞き、複雑な感じ。クライアントと打ち合わせののち、銀座の資生堂ギャラリーへ。
コズミックワンダーと工藝ぱんくず舎の『かみ』展を見る、浜辺に自生する、はまごうの紙衣が、存在感があって、独自にこの空間の中で呼吸しているようなたたずまいで惹かれた。
夜は歌舞伎の予定で、時間がまだまだあったので、ニコンサロンでスリランカに滞在した若い女性の写真家の個展を見て、GINZAシックスで時間をつぶす。

歌舞伎座夜の部は、「ひらかな盛衰記」と「再桜遇清水」。逆櫓と渡海屋がなぜかごっちゃになってしまうワタクシ。「再桜遇清水」は桜姫と清玄のお話。染五郎が、破戒僧の清玄と奴浪平の二役早変わり。出ずっぱりで大奮闘。桜姫に一目惚れする表情が良かったなぁ。最後は桜姫一途の怪談に。思った以上にわかりやすいストーリーだったよ。

15日(金)
野外展のまちなかの部のリーフレットの写真とテキストのl整理、キャプション用の翻訳依頼とニュースリリースの作成のあと。区役所に行って国保に加入。
これでようやく五十肩の診断に医者に行けるー

ここまで打ってブログを公開しようとしたら、トンネル続きで全部テキストがふっとんでしまった。もう一度打ち直しているうち、じきに富山だよ。
c0155474_10345531.jpg




by sustena | 2017-09-16 10:25 | つれづれ | Comments(4)