カテゴリ:食べ物( 229 )


2014年 04月 23日

タケノコ狩り

日曜日、千葉に別荘を持つ知人宅でタケノコ堀りをした。
館山からちょっと山の方に入ったところにあって、定年後に奥さんは陶芸、旦那は野菜づくりをしに、週の半分通っている。目の前が竹林で、この時期、イヤになるくらいタケノコが生えてくるので、掘って持ち帰ってほしいという。ついでに堀りたてを食べさせてくれるというので、仲間とツアーを組んで出かけた。

部屋からみえる竹林。ここからどこどこ生えてくる。
c0155474_2291730.jpg

こんなふうに頭がちょこんと出ているのを、片っ端からクワとスコップ(堀りにくい)で掘っていく。
石ころやいろんな根っこがからみあっていて、めちゃ掘りにくかった。
c0155474_22101776.jpg

それでも6人ほどで掘ったら(うち3人はほとんど眺めてただけだったけどね)、一人大小込みで8本ほど持ち帰ることができるくらい収穫が。持ち帰りやすいように、外皮をすこし剥いで軽くする。
c0155474_22105453.jpg

労働のあとはなんたってビールだ。道の駅でゲットしてきた地ビール3本セット(写真ではわかりにくいけど、3本それぞれに味が違う。
c0155474_22144896.jpg

まずはタケノコの刺身。新鮮だからやわらかいけど、かすかなえぐみが舌に残る。
c0155474_22164079.jpg

これは単に電子レンジでチンしたもの。
c0155474_22194473.jpg

私は焼いたのに、しょうゆをつけて食べるのが好きかなー。
c0155474_22202210.jpg


by sustena | 2014-04-23 22:21 | 食べ物 | Comments(0)
2014年 04月 02日

小籠包は飽きない

上海の話はちょっと一休み。

本日、ランチをどこにしようか、消費税が8%になって、お店ごとに対応が違うなーなどとチェックしながらウロウロしてたら、気づいたら三原小路。そういえば、この近くに先月オープンしたシンガポールの点心専門店があったはず。。。。

有楽町近辺には、「パラダイスダイナシティ」や「ジョーズシャンハイNY」といった小籠包の店があるし、恵比寿には台湾の「京鼎樓」があって、東京都写真美術館を見に行った帰りがけに寄ったりする。そう私メ、小龍包好きなんであります。

上海で飽きるほど食べたわけじゃないもんね、とゆーわけで、「京華小吃(ジンホア)」に入る。先月までは結構入っていたのに、消費税アップの影響もあるのか、昼時なのになんだかガランとしている。
メニューを見ると、ランチセットがない!麺類は通常の半分ぐらいのボリューム(100グラム)になっているので、それを点心とセットにするとよいという。

主なメニューは・・・・

■3鮮焼き餃子800円
■小籠包600円
■ジャージャン麺500円
■サンラータン麺500円
■中華蒸しカステラ600円 ★消費税別

でも、小龍包はたったの4個である。高いぞっ!

ちょっとだけ悩んで、サンラータン麺と小籠包を頼む。麺が太くてもちもちなのはマルだけど、ちょっと甘味が強いかなぁ。小籠包は皮が薄くなんともまぁ上品。アツアツを楽しみたいなら一気に食べるのがよいんだけど、それじゃぁすぐになくなってしまう。悩ましい。
c0155474_2311784.jpg

c0155474_23112777.jpg

コスパ悪し。せめてタダのお茶ぐらいあってしかるべきではないかしらん。

by sustena | 2014-04-02 23:11 | 食べ物 | Comments(6)
2014年 03月 13日

黒カレー

本日、あと2カ月ぐらいで完成する虎ノ門ヒルズの近くを通った。でかーい。
しかも、いま建設中の環状2号線が、このビルの中を貫通するらしい。なんとまぁオトロシイことを考えるのであろうか。

それはそうと、お昼どきなのであった。ここ3年ぐらいの間に、バンやトラックを改造したワンプレートの弁当やカフェご飯的なメニューを出すキッチンカーが増えてきたんだけど、虎ノ門・金刀比羅宮のところで、黒カレーの表示があって、フラフラッとなって買ってしまう。

「黒」のところに弱いのであります。

で、近くのベンチで食べました。
じゃーん。ちなみに雑穀ごはんです。
c0155474_2234389.jpg

ウィンナーがちゃーんと肉の味がして実にマル。
ただし、先割れスプーンはちと食べづらかったです。

by sustena | 2014-03-13 22:05 | 食べ物 | Comments(4)
2014年 03月 09日

牛スジ肉のチャーハン

うーむ、久しぶりの投稿で食べ物の写真だけというのはいささか気が引けるが・・・・。
新橋の広島風お好み焼きやのHIDE坊で、人気が高いメニューの一つが牛スジ肉のチャーハンで、カウンターで見ているといつもリズミカルな手さばきでつくっているのに見とれていたのだが、先日同僚といったときに、みんなでシェアすることにして初めて頼むことができたのだった。
なかなか具だくさんでgoodでしたー。
c0155474_17254572.jpg


by sustena | 2014-03-09 17:25 | 食べ物 | Comments(2)
2014年 01月 08日

七種粥

昨日は朝起きてから、お米から土鍋でコトコトおかゆをつくる。
そしてたっぷりの七草(7種類だから七種でもあり、いつもどっちの漢字をあてようか迷ってしまう)。こちらは刻んで塩揉みしたのに、お湯をかけて、水気を絞るだけ。

時間はさほどかからない。残り物のご飯を使うより、お米がしっかり粒立っていてgoodです(何年か前も同じような写真をのっけたけど、ついいろんな人にオススメしたくなるので、またものっけました)。

夜に職場の新年会があり、隣の局長に「ほら」と見せたら、こんなにてんこ盛りのものは見たことがないと言ってた。でも、このあと、まぜて食べるんだもん。
c0155474_22445121.jpg


by sustena | 2014-01-08 22:46 | 食べ物 | Comments(0)
2013年 12月 11日

おふくろの味?のランチ

泰明庵に行こうとしたら、手前の路地のところで、この寒空に本日のメニューを持って立っていたおばちゃんがいたので、その店に行く。

「おふくろの時間」という居酒屋。ここはしょっちゅう入れ替わりのある場所で、中は前の店のものをそのまま使っている感じで、全然店名と中の雰囲気が合わない。カウンターの向こうにいるのは、私の母といってもうなずいちゃうぐらいの割烹着を着た中高年女性が3人(失礼・・・・)。

定食は日替わりのようで、本日はかきあげ定食とロールキャベツ。かきあげはカロリーが高そうなので、ロールキャベツを注文。あまり待たずにすぐ出てきた。

ほかに小松菜の茹でたのにシメジを混ぜた副菜、玉ねぎと油揚げと豆腐の味噌汁、きゅうりの糠漬け。トーゼン割烹のようにおしゃれでも繊細でもない、いわゆる家庭料理である。味は並だけど、それなりに手作り感があって、コンビニ弁当やデパ地下の惣菜とはひと味違うところはまぁマル。

食べ終わってもう一度、手書きのへたくそなメニューが出してある外の看板まわりを見ていたら明け方まで営業とあった。おばちゃんたちが交代で店に出るんだろうか。たいへん・・・・。
c0155474_233735100.jpg


by sustena | 2013-12-11 23:38 | 食べ物 | Comments(0)
2013年 10月 24日

情熱の??シーフードカレー

忙しくても、昼はなるべくなら外に出てちょっとは歩かないと、椅子にお尻がくっついてしまいそうで、とくにどこへ行くというあてもなく歩いていく。きょうは、海鮮丼と稲庭うどんのセットにするか、はたまたおごって穴子丼にするか、あるいはラーメンか・・・となんとなく穴子コース方面に足をのばすと、ふと見慣れぬ看板が目についた。

やや、これは??
c0155474_2123154.jpg

「魚介ゴロゴロ」の表現が気になって、突然カレーの胃袋とアタマになって、2階へ上がっていく。

でも、シーフードカレーというのは、へたをすると、冷凍のイカと小さなエビか何かが入って、ただ冷凍臭い、シャワっと水っぽいシーフードセットが入ってるものだったりする。でも、元仲買人とあるし、カレーでこんな値段を取るのだからと、吉と出る方に期待を寄せたのだった。

聞けばお昼は1カ月ぐらいに始めたばかりで、シーフードカレーのメニューだけなんだそうだ。
1100円のものを頼んで、カレーにしては待たせるよねぇと思ったころに料理が出てきた。

まずはサラダ。おやっ、タコさんが入ってる。
c0155474_21292249.jpg

カレーの具は、かなーり大きいカキ2個、大きなホタテひとつを2つにヨコにスライスしたの、大きめのアサリ3個、そしてプリッとしたこれまた比較的大きなエビ(頭はなかったけど、たぶん10㎝ぐらいだと思う)
それがちょうどよい火の通り加減で入ってる。なかなか感動的であります。
c0155474_21395246.jpg


そんなに混まないからと一人で入ったのにカウンターでなく窓際の4人が座れるテーブル席に案内してくれた。窓から軒を見上げてると飽きないのだった。
c0155474_21334979.jpg

メニューをみせてもらったけど、夜もリーズナブルな感じ。いつか夜のみにきてみたいなー。
(でも、ランチどきぐらい完全禁煙にしてほしい)

by sustena | 2013-10-24 21:37 | 食べ物 | Comments(4)
2013年 10月 14日

黒酢酢豚の誘惑

先日、池袋で仲間と芝居を観たあと、「蘭蘭」という中華料理店中国家常菜の店に入った。総勢7人いたので、次々と頼む。
ここの名物は北京黒酢酢豚といおうので頼んでみる。酢豚は店により味のばらつきがものすごーーーーく大きくて、危険なためにゼッタイに頼まない料理なんだけど、黒酢という言葉に惹かれたのであります。

待つことしばし。黒々しいカタマリが出てきた。箸でも小さくちぎれるぐらいやわらかい揚げたブタと、長いもが入って、黒酢がアメみたいにねばっこい。でも酢の味があとをひいて、酒のつまみに絶妙。
c0155474_22355859.jpg

これはトマトと玉子炒め田舎風。
c0155474_222989.jpg

全体的に味がちょっと濃すぎるのだが、コストパフォーマンスは悪くないし、ボリュームも満点。

個人的には緑ザーサイがオススメです。

by sustena | 2013-10-14 22:29 | 食べ物 | Comments(14)
2013年 09月 15日

酒肴のヒント

昨日、代々木のOriental Table AMAという店に入って、2つ気に入ったメニューがあった。
ひとつが、ナンのピザ。バクチーがアクセントになっていて、チーズと意外に合うのだ。
c0155474_23365524.jpg

もうひとつが、にがうりときゅうりの黒酢漬け。暑くてグッタリしてるときにピッタリ。にがうりは、ゴーヤーチャンプルか、茹でて梅肉和えにするか、おかか和えにするかぐらいしかバリエーションがなかったので、ちょっぴりウレシイ発見でした。
c0155474_2339377.jpg


by sustena | 2013-09-15 23:39 | 食べ物 | Comments(2)
2013年 08月 24日

ゆずあずきバー

とにかくやたら暑くて、我が家のアイス関連の消費量もうなぎのぼりである。

カフェオレバーとか、イチゴアイスとか、ガリガリ君とか、近くのスーパーで目についたものを買ってくるのだが、5回に1回は、井村屋のあずきバーを買っている。

そのあずきバー、今年は発売40周年になるらしいのだが、4~6月期の売上げが前年同期比8%増の7000万本で、2010年の年間最高売り上げ2億5800万本を上回るペースで売れているらしい。その主役は、中高年で、今年の暑さをしのぐためにアイスの購入量が増えているというのだ。あー、私のことかー。

先日、セブンイレブンに行ったら、何やら目新しいあずきバーがあった。上5分の3をゆずシャーベット風味でコーティングしてある。昨年夏に「ゆず」のリーダー北川悠仁さんがあずきバーが好きだと、自身がパーソナリティを務める「ゆずのオールナイトニッポンGOLD」で発言したことをきっかけに誕生した新商品なんだって。

というわけで、昼休みにデスクの前で食べる前にぱちり。香料と味がややきつくてビミョーなところもあるんだけど、意外な組み合わせでしたー。
c0155474_22382973.jpg


by sustena | 2013-08-24 22:25 | 食べ物 | Comments(12)