いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:食べ物( 237 )


2008年 10月 15日

Cheap Luxury

大学の授業はもうほとんど覚えていないのだけれど、わずかに残った記憶のひとつが、19世紀のイギリスの作家・チャールズ・ラムの『エリア随筆』に出てきた「Cheap Luxury」という言葉。「ささやかな贅沢」とでも訳せばいいのか、つましい暮らしをしているなかで、ほんのちょっとだけ、たとえば季節のはしりの果物とか、ちょっと高いなと思うけれど、ちょっぴりだけ買って食べる。そんなふうに、それを見たり想像するだけで、心がほんわかする、そんな幸せを綴っていた。

山形のもって菊(「もってのほか」、という名前だったと思うが、パッケージは「もって菊」となってた)をサッとゆでて、その言葉を思いだした。
c0155474_22571365.jpg


by sustena | 2008-10-15 22:57 | 食べ物 | Comments(6)
2008年 10月 09日

井村屋「焼いもアイス」

c0155474_2223990.jpg袋をひっちゃぶいて食べようとして、「アッ、これは!」と思って慌てて撮ったので、とても見せられた写真じゃないのだけれど、これはぜひ報告しておかねばならぬ。
井村屋製菓の焼いもアイスである。芋のかたちをした薄紫色のモナカ、中は芋味のラクトアイスで、モナカに接する内皮の部分に芋餡とチョコのコーティング。
ほんとは半分に割ったところも撮ったほうがわかりやすいんだけど、食い気が勝ったのと、ベタベタな手でカメラにさわるのは、いくらなんでもね、と断念したわけ。
いやはや、これは久しぶりのケッサクであります。白くまのアイスとどっちにしようか悩んで、こっちを買って大正解だった。ふっふっ。
こんなことだから、太っちゃうんだけど。

by sustena | 2008-10-09 22:23 | 食べ物 | Comments(1)
2008年 09月 15日

みたらし団子

きのうは十五夜で、一日遅れだけれど、きょうレシピを見ながら息子が作ってくれたのがこれ。
c0155474_211854.jpg

上新粉と、白玉粉をまぜて蒸してこねこねして焼く。昔、息子が保育園のころにたまに作ったのだが、もう長いこと作っていなかった。毎年十五夜になると「あのみたらし団子」と思い出したように作ってくれとねだられるんだけど、ついつい買う方が簡単なので、「またね~」と言ってるうちに十年以上経ってしまって、今年は自分でレシピを見て挑戦してみるというので、スクラップブックを渡したのである。
台所は、それはそれはおそろしい様相を呈していたけれど、皿の上のこのお団子はなんともおいしそうである。待て待て記念に、ということでパチリ。
LX3とGRD2と2つで撮って、LX3のほうがタレがおいしそうだったのでちょっとピン甘だけど、こちらをアップ。

by sustena | 2008-09-15 21:22 | 食べ物 | Comments(2)
2008年 09月 13日

うおがし銘茶

築地のうおがし銘茶の本日のオススメは「おせっかい」という煎茶。いつもは銀座のお店で一服するのだけれど、築地に用事があったついでに、入った。銀座はすべてお店の方におまかせなのだけれど、築地店では、一杯目はお店の人がいれてくれて、飲み終わったころに、おかわりのお湯を持ってきてくれる。なので、2杯目、3杯目がどんなふうに香りが変わるのかなど味わいくらべることができる。
しかも!お茶代300円で、なんと、こんなおいしいお茶うけがつくのだ(500円のお茶もあります)。きょうは白玉ぜんざい。大満足なのであります。
c0155474_1572451.jpg

これはおかわりのお湯が入った急須。色やカタチがかわいい。
c0155474_158517.jpg

喫茶室に上る途中の階段の掛け軸。うおがし銘茶は灯りのセンスもいい。
c0155474_1592663.jpg

年配の御夫婦。「お前のいれてくれるお茶よりずっとおいしい」「そんなことを言うならもう二度といれませんから」なんて、言いあってました。ほんとにおいしいけど、奥さんに言ってはいけないなぁ。

by sustena | 2008-09-13 02:02 | 食べ物 | Comments(0)
2008年 09月 05日

本郷の蕎麦屋さん

午前中に本郷3丁目界隈で会合があって、久しぶりに本郷へ。三丁目の交差点付近のみずほ銀行の裏手に、「田奈部」というおいしいお蕎麦屋さんがある。
8カ月前くらいに偶然入って、ゆで加減がバッチリだったので、目をつけていたのである。
せいろが一枚800円とちょっと高いけど、自家製粉の石臼挽きで打ち立て。前回せいろを試したので、本日はフンパツして穴子の天せいろにする(1550円也)。なかなか肉厚でふんわりあがっているけど、もうちょっとカラっとしてたら最高だったな。
蕎麦つゆは、深みがあっておいしい。甘いとそれだけでイヤになってしまうから。蕎麦湯も濃くて好き。
蕎麦猪口が空っぽのまま撮るなんておバカだったわ。
c0155474_21225278.jpg

LX3 F2.0   1/30秒   AWB   ISO200

by sustena | 2008-09-05 21:29 | 食べ物 | Comments(2)
2008年 08月 18日

京都で満腹

c0155474_2354221.jpg今回の京都では、お昼がなかなかリッチだった。

16日(土)は12時半に京都駅について、三十三間堂近くのわらじやへ。
ここは3回目ぐらいで10年に1回ぐらいの割合で来ている。前回は息子がまだ5歳ぐらいだったかな。寒い冬にうぞうすいがとってもあたたかかった。
今回は仲間が4人。抹茶からはじまって、簡単な先付け、うなべ、うぞうすい、デザートと、これしかないコース。

オリンピックの人種による得意不得意の話で盛り上がっていたら、給仕の女のひとも参戦。「私は体育大学出身なんですけど、それは農耕民族と狩猟民族の違いじゃないでしょうか」。

c0155474_2394748.jpg

左がうなべ、右がうぞうすい。

食事後に、三十三間堂と、京都国立博物館へ。夜は、昨日アップした五山送り火を楽しんだあと、知人宅で遅くまで話し込み、少々寝不足。

17日(日)は少々寝坊して、あちこち散歩しようと思っていたのをあきらめて、曼殊院まで歩く。

思いのほか時間がかかったので、曼殊院は駆け足で。紅葉のころはきっときれいだろうなぁ。
そこから東山の銀閣近くの白沙村荘へ。
ここは、日本画家の橋本関雪が30年かけて土地を買い、土を盛り、石を集めて苦労してリッパな庭にしたところ。その座敷で庭を眺めながら食事ができる。入場料800円、お食事4,000円也。関雪記念館で干支の掛け軸を来年の干支のものを今買うとオトク、とセールスしていたっけ。
c0155474_23233819.jpg

c0155474_2324218.jpg
c0155474_23242211.jpg

銀閣をみる時間がなかったので、同じ敷地にあるノアノアで、隣の同じ経営者のお店から、宇治金時を運んでもらう。
おいしそうでしょ。500円也。
c0155474_23263941.jpg


by sustena | 2008-08-18 23:28 | 食べ物 | Comments(2)
2008年 08月 15日

ポルトガル料理

知人と、ポルトガル料理のレストランに行った。
c0155474_13402458.jpgけっこうこのトシになると和食がいいんだけど、でも、お盆時期に空いていて、せっかくなら話題性のあるところにしようと思い、赤坂のTBS近くのカステロ・ブランコを選ぶ。

頼んだのは
イベリコ豚べジョータのチョリソー
ペティスコス 前菜小皿 シェフのおすすめ5種
柔らかタコとじゃがいものサラダ仕立て
イワシのオーブン焼き
カルドヴェルデ ~千切りキャベツとポテトのポタージュ~
漁師風のカルディラーダ ナザレ風 ~白身魚、パプリカ、トマト~
スペイン子豚のロースト バイラーダ風
トウモロコシパン
デザート

それと、ポルトガルビールとポルトガルワインの白と赤。
スペイン子豚のロースト バイラーダ風が焦げすぎだったことを除けば、なかなかおいしかった。
タコのサラダと、カルドヴェルデがオススメ。

c0155474_1340745.jpg


知人は200GXをさげていた。ついこの間まではGRだったのに。
4人で飲んで食べて33000円ちょっと。ワイン2本で9000円ちょっとがきいたかな。

by sustena | 2008-08-15 13:41 | 食べ物 | Comments(0)
2008年 08月 09日

ふきのとうアイス

今回のドライブでヒットだったのがこのアイス。
途中の道の駅でみた黒保根やまびこアイス。『黒大豆』『山椒』『ふきのとう(春いぶき)』の3種類があって、ふきのとうを選ぶ。ホントにふきのとうの香りがして、とーってもおいしかった。ああ、山椒も選んでみればよかった。
c0155474_1713887.jpg

桐生市黒保根町の農家の方ががんばってつくったのだと思う。ふれーふれー。

by sustena | 2008-08-09 17:14 | 食べ物 | Comments(0)
2008年 07月 24日

ウニ

今日の夜のつまみはウニ。殻付きのウニは生まれて初めてで、醤油もわさびもなくて、潮の香りがして、臭みもなく、おいしかった。ひとつ298円也。思い立ってあわてて撮ったのでぶれましたねー。お相手は酒田の上喜元の雄町吟醸。
c0155474_101754.jpg


by sustena | 2008-07-24 00:55 | 食べ物 | Comments(1)
2008年 04月 22日

出張弁当

きょうは午後から新潟へ取材に。お昼に東京駅で弁当を花王としたら、お目当ての弁当は軒並み品切れ。え~ん、NREの吹き寄せ弁当がほしかったのにな。ヤケになって、懐石弁当「大人の休日」を奮発する。一度食べてみたいと思っていて、でもあまりに高すぎる(2000円もする)ために手が出せなかったのだ。本日は、あまり寝てないから元気を出すため、というのを口実にして買ってみた。
c0155474_1225046.jpg

二段重ねであります。
「一の重」
江戸すし玉、桜海老三色真丈、熨斗烏賊、有頭海老艶煮・めばる味醂焼・甘酢茗荷・筍と蒟蒻の木の芽味噌和え、山独活醤油漬け、桜海老と塩昆布のかき揚げ、子持ち白魚黄金揚げ・蛸から揚げ・青唐・華シューマイ・三色団子・あんず花びら餅
「二の重」
春の煮合せ(蝶々南瓜・筍.ひろうす・帆立・里芋・蓮根・牛蒡・菜の花・花人参)・御飯・香の物

日本ばし大増の。書き出すとすごいけど、値段と比べると今三かなー。ほんの少し味が濃かった。

タクシーの中からパチリ。チューリップが咲いてました。
c0155474_1241938.jpg


by sustena | 2008-04-22 01:24 | 食べ物 | Comments(0)