カテゴリ:小さな自然( 249 )


2014年 08月 31日

ヤマボウシの実

久しぶりに公園に散歩に出かけたら、赤い実がいっぱい落ちていた。
c0155474_16215372.jpg

ヤマボウシだ。
c0155474_16213988.jpg

あまくて、サルも大好きだというので、持ち帰って食べでみた。
c0155474_16213738.jpg

皮はゴワゴワしてるけど、なかはふにゃねっとりしてほの甘い。冷やすともう少し食べやすいかもしれない。お酒やジャムもいけるようだけど、この量ではね。

by sustena | 2014-08-31 16:24 | 小さな自然 | Comments(0)
2014年 06月 16日

またまたカルガモのヒナ

けさいつもの公園を散歩したとき、ふと、木の向こうの池で動くものがあった。何かな?と思ったらカルガモのヒナだった。親鳥とともに、3羽泳いでいる。

何日か前に、今年2回目の目撃情報を耳にしていたので、ひょっとしたら会えるかもしれないと考えていたのだが、ラッキー♪ ほんとはもうちょっと生まれたはずだけど、いまは3羽。この池には青大将もいるし、獰猛そうなアオサギもいるし(生まれたてではないから、食べないかもしれないけど)、この先も安心してはいられないのだ。

その後、草むらに上陸し、朝食?をとっていた。もっと見ていたかったんだけど、アルゼンチン戦があるので、そそくさと帰った次第。
c0155474_22552228.jpg

c0155474_22553655.jpg

そうそう、スイレン池の手前に見慣れない植物も生えていた。ミツガシワだろうか・・・? もうちょっと大きくなって、花でも咲けばもう少し手がかりもあるんだけど。
c0155474_2256203.jpg


by sustena | 2014-06-16 22:59 | 小さな自然 | Comments(2)
2014年 05月 17日

カルガモのヒナを発見!

10日ぐらい前に、バンのヒナが生まれたという情報があって、朝6時起きして毎日、双眼鏡片手に公園に出かけてるんだけど、いまだ会えないでいる。

きのうは、声がするので見たら、ちょうどヨシの茂みに入ってしまってやはりダメ。知人は昨日5羽見かけたといってたので、本日こそは!と思っていて、成鳥のバンがウロウロしていたので行き先をじっと眺めていたんだけど、やっぱりいない。
きょうもダメかな・・・・と思っていたところ、なんだかスイレン池の端っこのくいにとまっているカルガモの近くに、小さいものがわらわらといる。よーくみると、あっ、ヒナ!
双眼鏡を観ながら何羽いるか数えようとするが、すぐ団子になったり親の影に隠れるのでよくわからない。そのうち、川の方に向かってスイレンの茂みを出て行こうとする。まだ危ないのにー!とハラハラしていたら、またスイレンのところに戻ってきた。

水面に出てきたところを数えるとヒナは11羽。きのうは12羽いたらしい。無事に大きくなることができるんだろうか・・?
c0155474_2116623.jpg

c0155474_2116215.jpg

c0155474_21163953.jpg

c0155474_21165680.jpg

こんなとき TAMRONの16-300mm (換算24.8ミリ~465ミリ)があると超便利なのになー。

by sustena | 2014-05-17 21:21 | 小さな自然 | Comments(4)
2014年 05月 06日

GWハイキング

毎年恒例となっている地元の仲間たちとのハイキング、今年は武蔵五日市の今熊山に出かけた。

武蔵五日市駅から八王子行きのバスで今熊山登山口で下車。そこから今熊神社を経て山道に入るのだが、神社へと向かう途中に、高周波ブレンドという会社の看板が目に入る。
c0155474_20154632.jpg
いったいどんな会社なんだー。高周波なんてブレンドできるのかー??とアタマの中が?でイッパイになるが、考えてもわかるわけもないので、そのまま進む。
途中に、公園においてあるようなコアラがポツンとたたずんでる家が。
c0155474_2016170.jpg

今熊神社は行方不明の人を探す人たちの信仰を集めた神社とかで、山頂近くにも 同じ名前の神社がある。もともとは山頂にあって、昭和55年にここに新たに建てられたという。けっこう派手な権現づくり。(後ろに見えるのが、これから登る今熊山。)
c0155474_20193864.jpg

山頂付近のトイレの男女マーク。どちらも登山帽。
c0155474_2023249.jpg

我々一行は10分ごとに休憩して登ったのに、山頂近くの今熊神社には散歩のワンちゃんが・・・。
c0155474_20235986.jpg

山頂の標識。標高505メートルなり。
c0155474_20243383.jpg

あとは下り。けっこう急な下りが続く。途中木の切り株が、イヌにも、巨大な昆虫のようにも見えたなー。
c0155474_20251510.jpg

ちょっと道をそれて金剛滝を見る。写真はしょぼいけど、なかなかヨカッタ。
c0155474_2026441.jpg

緑もきれいー。
c0155474_20262064.jpg

金剛滝bはイッキに下って、また同じ道を登るのはイヤだなーと思っていたら、広徳寺へと向かう別ルートがあった。ホッ。
広徳寺はシャガの花ざかり。
c0155474_20282638.jpg

アユのコイノボリ?
c0155474_2028583.jpg

のどかな風景が広がる。
c0155474_20293162.jpg

蕎麦屋へと向かう途中で、ノラボウ菜を購入。足りなくなっておじさんが畑に採りにいってくれる。
c0155474_20305630.jpg

「寿屋 忠左衛門」という、隣が製麺所の蕎麦屋さんで昼食のあと、駅へと向かう。
こんなお店もあったよー
c0155474_20324385.jpg

歩行時間は2時間半。本日は太股が悲鳴をあげてますー。
そうそう、ノラボウ菜はとってもおいしかったですー。
c0155474_203788.jpg


by sustena | 2014-05-06 20:33 | 小さな自然 | Comments(8)
2014年 03月 16日

目がパッチリ

朝、公園に散歩に行く。きょうはあたたかだ。

1ほんだけ満開の河津桜の花のところで動くものが。見るとメジロだった。びっくりマナコのようでかわいい♪
60㎜マクロをつけてたので、うんと拡大してトリミング。あっ、2羽いたんだー。
c0155474_1636725.jpg
c0155474_1636031.jpg


by sustena | 2014-03-16 16:37 | 小さな自然 | Comments(6)
2014年 02月 16日

またまた週末のドカ雪

またぞろ週末の雪であります。ドカ雪なんて書いたら、雪国のひとにケッと笑われてしまうけど、ヒヨワな首都圏にとってはタイヘン。

金曜日は神戸に出張で、なんどか訪れたことがある研究室だったので、当初door to doorの新幹線を予約していたのだが、朝の時点で25分の遅れとあったので、慌てて予約を変更して1時間早めてバス停に走って、なんとか新幹線に乗ったのだった。
結局新神戸には42分遅れぐらいで到着。やっと割り込んで入れてもらったアポをすっぽかさずにすみ、ホッ。

取材時間自体は45分ぐらいで、本来なら三宮あたりをぶらついてもよかったのだが、雪が心配で、ブタ饅とシューマイだけを買って、すぐさま帰りの新幹線に飛び乗り、今度は30分ぐらいの遅れで8時過ぎに家に戻ったんだけど、その日の夜中、雨のはずが雪がせっせと降っていて、しかも明け方には雨に変わったので、今回の雪は、じとっと重たくて、ベチャベチャなのだった。

積もったのは同じくらいかなぁ。しかし、NTTの固定電話は通じなくなるわ、日曜朝に公園に散歩に出かけたら、先日満開になった野梅の紅梅は根元が持ち上がって倒れて切られてしまったし、ほかにも八重桜や、雪の重みで倒れた木が何本もあって、公園管理の人がこんな雪では車も入れられないと嘆いていた。
c0155474_22191497.jpg

1日経ってもまだこんなふうに重そうに雪をのっけてる梅が。先日のような粉雪だったら被害は少なかったのになぁ。
c0155474_2219553.jpg


by sustena | 2014-02-16 22:20 | 小さな自然 | Comments(4)
2014年 02月 09日

積雪26cm

いやあ積もりましたねぇ!

昨日の朝、公開放送に出かけるときは、こんな感じで降ってました。
c0155474_17331673.jpg

昼に戻ってきたときはすでに10㎝ほど、雪かきをして、夕方のみに出かけるときはまたまた10㎝ほど積もっていて、帰るころにはさらに積もっていて、夜はあまり降らなかったけど、けさベランダの雪を測ってみたら26㎝。いやあ、土日でよかったー。

選挙に行く途中、道路脇に停めてあった自転車。
c0155474_17374638.jpg
ついでに公園にも足をのば帰り道、公園に寄っていくと──。
さっそくかまくらが登場。
c0155474_17382158.jpg

c0155474_17383225.jpg

このプーさんは、なかなかよい出来。
c0155474_1739037.jpg

11月末で休業してるボートにも雪が。
c0155474_17391349.jpg

c0155474_1740228.jpg

スキーを持ち出して歩いているひと。
c0155474_17401259.jpg

水鳥たちもじっとしてる。
c0155474_17405727.jpg

c0155474_1741977.jpg

これくらい積もってました。
c0155474_17413760.jpg

咲き始めた梅も寒そう。
c0155474_17415928.jpg

この赤い梅は野梅なんだって。
c0155474_1742337.jpg

本日はこれからいい天気になりそう。でも全部は溶けないよね。
c0155474_17425786.jpg


by sustena | 2014-02-09 17:26 | 小さな自然 | Comments(9)
2014年 02月 03日

またまたツグミ

このところ公園でツグミによく出会う。
もうツグミはカンペキに覚えたぞ、と思っていたら、鳥に詳しい知人が、似てる鳥にアカハラ、シロハラもいるので、胸のテンテンに注意、と言う。

わっ。ツグミなら同定できそうという自信がグラグラと壊れてゆく・・・・。
でもこの子はツグミ。
c0155474_21513280.jpg


by sustena | 2014-02-03 21:39 | 小さな自然 | Comments(4)
2013年 12月 29日

冬の日の公園散歩

けさは今冬一番の寒さ。いつも散歩に出かける公園の池も半分ほどシャーベット状に凍ってる。

台所の換気扇とレンジ周りとお風呂は掃除したので、あとは床のワックスがけなのだが、息子の建築模型が場所ふさぎで、とてもリビングと隣のサンルームには手がつけられそうにない。ガラス窓も、暇になったら俺がやるからと力説するので、いつになるやらと思いつつも、今回はさぼることにする。なので、あとは賀状とおせちづくりだけ。

長玉をかまえた人が二人、じっと向こうの木にらんでた。なにがいるのか聞くと、モズだという。奥に隠れて出てこないので、待ってるらしい。一緒にしばし待ってみるが根気のない私がしびれを切らして歩きだすと、フッと飛んで行くものがある。あれか。
運のよいことに、比較的近くの枝に止まる。怖いイメージがあったけど、意外にやさしそうな顔をしてる。
c0155474_1550716.jpg

なんだかエヘンと威張ってびくともしない鳥がいた。ツグミである。
冬場は葉が落ちるので、比較的鳥が見つけやすい。
c0155474_1556115.jpg

コブシの枝には、このところこの位置が気に入ってるゴイサギがなんだか寒そうにしてた。
c0155474_1557822.jpg

日当たりのよい場所ではすでにロウバイのつぼみがふっくら。
c0155474_15574657.jpg

ヤツデの花もよくみるとけっこう華やか。
c0155474_1558461.jpg

ツバキとサザンカは区別がつきにくいものも多いけど、これはツバキのほうだろうなぁ。
c0155474_15592797.jpg


by sustena | 2013-12-29 15:59 | 小さな自然 | Comments(4)
2013年 12月 24日

久々のカワセミ

近くの公園に散歩に出かけたら、久々にカワセミを見た。
コブシの枝にとまっていて、そのうちに、一羽加わり二羽に。
c0155474_0225644.jpg

おお!と感動してるうちに、またも一羽は池の中央のスイレンの柵へと飛んで行ってしまった。
c0155474_0224898.jpg

残る一羽を眺める。オスかメスかはどう見分けるのだったか・・・。
目のあたり、まるで白目のように見えておもしろい。
c0155474_0251160.jpg

見られなれているのか、堂々たるものである。

by sustena | 2013-12-24 00:25 | 小さな自然 | Comments(2)