カテゴリ:小さな自然( 249 )


2008年 10月 11日

キンモクセイ

散歩のとき、この時期、ふっと鼻の先をよぎるのがキンモクセイの香り。なんだかすっかりトイレの芳香剤の香りといわれちゃってカワイソウなんだけど、本物は広がりとか、ふわーっとする気持ちがダンゼン違う。
昨年、某企業の中国工場の開業10周年の招待状を制作したとき、オープンにあたって中国側から贈られたのがキンモクセイなので(なんでも、その工場のある市の花らしい)、それをいかしたデザインにしてほしいと頼まれて、デザイナーと頭を抱えた。どんな花だっけ?色だけは思い浮かぶものの、ゼンゼンイメージがわかなかったうーん、とうなりながら、さすがプロなので、それらしいアレンジを加え仕立てていたけど。
というわけで、こんな花です。
c0155474_14535464.jpg


by sustena | 2008-10-11 14:53 | 小さな自然 | Comments(1)
2008年 09月 06日

酔芙蓉続き

朝、いつもより1時間遅く散歩に出たら、先日アップした酔芙蓉がほんのりピンク色に。
c0155474_15374487.jpg

LX3 F2.8 1/320 ISO80 露出0ステップ
午後2時半ごろに出かけたら、もっと赤くなってた。ほんとに変わるんだー。
c0155474_15402585.jpg

LX3 焦点距離7mm F4.0 1/800 ISO125 露出0ステップ
これはスイフヨウのつぼみ。もっと全部くっきり写ったのもあるんだけど、この赤い粒ッとした表面が気に入ったの。
c0155474_15413639.jpg

LX3 F2.8 1/400 ISO80 露出0ステップ

by sustena | 2008-09-06 15:45 | 小さな自然 | Comments(0)
2008年 09月 02日

酔芙蓉

近くのお寺にスイフヨウがある。朝は白い花。夕方には酔っぱらったように赤くなるので酔う芙蓉。朝の5時50分。これから公園を一周してラジオ体操をして帰るのがこのところの日課。
c0155474_22365617.jpg

LX3 絞り優先モード F3.5 1/100秒 ISO80

by sustena | 2008-09-02 22:38 | 小さな自然 | Comments(0)
2008年 06月 01日

カルガモのヒナを撮りたかったのに(;o;)

近くの公園でカルガモのヒナが誕生してとてもかわいらしいというので、散歩のときにぜひ傑作を、とニコンの一眼とGRDIIを持っていったけど、そんなに都合よく出合えなくて(カラスに食われたのでなければいいけれど)、かわりに見つけたのが、すっかり葉を食われたアジサイだった。ありまに、ぜーんぶ食べられてて、ゲージツみたいだったので、シャッターを押したら、なにがなんだかわからない。とんだ失敗作! こんども一度、アミアミの葉をちゃんと撮ってリベンジしようっと。
c0155474_1540684.jpg


by sustena | 2008-06-01 15:39 | 小さな自然 | Comments(0)
2008年 04月 13日

雨上がりの散歩

朝、雨が上がったので近くの公園に散歩。
まだ太陽は顔を出していなかったけど、アジサイの緑や、ケヤキやエニシダやいろいろな緑がやわらかくて気持ちいい。
c0155474_1272179.jpg

水玉を撮ろうとしたらボーケボケーのボケ~。
c0155474_1295957.jpg

c0155474_12101931.jpg

池のヤナギのそばに、ウコン桜が。この桜、毎年ここで花見をやっていた飲み仲間の一人がなくなって、記念に植えたいというたっての依頼で植えることになったものなのだと、管理事務所のひとが言ってた。
c0155474_12125262.jpg

あちこちでヤマブキがきれい。ボート乗り場の小屋の脇にも。
c0155474_1213324.jpg


by sustena | 2008-04-13 12:13 | 小さな自然 | Comments(0)
2008年 04月 09日

花いろいろ

このところ、あちこちで春の花ざかり。

わー、きれい、と思って撮るんだけど、花ってそれだけできれいなので、おいおい、お前は何を撮りたかったんだ?という写真になってしまう。

花のきれいなのはあたりまえ。ではどう切り取るのか?とにかくまずは光よね。と思いつつも、このところ天気がいまいち(=言い訳)。なので、どんな花かを教えるには全体感がなく、マクロで思い切って近づきまくったというわけではないんだけど、証拠写真としてアップ。

コブシ。
c0155474_0534433.jpg

しだれ桜。
c0155474_055879.jpg

ユキヤナギ。
c0155474_0563660.jpg

ハナカイドウ。
c0155474_0553967.jpg


by sustena | 2008-04-09 00:57 | 小さな自然 | Comments(2)
2008年 03月 29日

花見の短冊

けさの朝の散歩で。前夜の雨が上がって、きょうは絶好の花見日和であります。
近くの公園では、いつもその時間気功をやっているグループがすでに盛り上がってます。遠くから見ると、桜の木が七夕みたい。なにかなー?と近くに行くと、会の名前がいっぱい下がっているのでした。
c0155474_1136357.jpg

先日ほんの数輪しか咲いてなかった池の桜ももう満開。なんだか生き急いでいるみたいに開花から満開まで、こんなにイッキなのも珍しいような。

桜の写真はむずかしいなー。ストロボを光らせたら、なんだかブキミな写真に。
c0155474_1140372.jpg

ブルーシートの上に、空きビンを入れた袋や、古雑誌の束をのせて場所取りをしているものも。月曜日に出す予定の資源ゴミ!
きょうはこれから花見に繰り出します。

by sustena | 2008-03-29 11:42 | 小さな自然 | Comments(0)
2008年 01月 06日

朝の公園

寒~い!朝、公園に散歩に行ったら、霜がおりていた。光に注意して、マクロで撮影。
なんとなく、砂糖菓子みたいでおいしそう。
c0155474_10172158.jpg

公園をぐるり一周。この時間、決まってカモたちに、自転車に乗ってエサをやりにくるおばさんがいる。最近はカモがメタボになって、生物多様性にも悪影響が出るとしてエサやりを自粛するよう掲示があちこちに出ているけれど(「飛べないカモ」という見出しの新聞がパウチされてエサやりポイントに掲示してある)、そんなの関係ないとばかり、続けてる。毎日の習慣とあって、その時間近くになるとカモたちは待ち構えている。

きょうおもしろかったのは、ちょうどその時間にやってきた同じような風体をしたおじさんが、カモたちに周囲を取り囲まれて啞然としていたこと。ほどなく、遠くから例のおばさんがやってきて、間違いに気づいたカモたちは、あわててそっちに行ったけど。
えさやりが終わって去っていくおばさんのあとをオナガたちが未練がましく追いかけていく。この写真はあきらめて、池に戻り始めたカモたち。朝の光で白トビしてるけどご勘弁。
c0155474_10234795.jpg


by sustena | 2008-01-06 10:26 | 小さな自然 | Comments(0)
2007年 12月 30日

雨あがりの公園

夕べは遅くまで雨がふっていて、朝、近くの公園に行くと、地面はぐしょぐしょ。
蠟梅が咲き始めました。濡れたロウバイを撮りたかったのに、ちょっと失敗。
かわりに、バッタと、何かの実(わからない・・)のマクロで撮ったのを。
まだバックの処理がいまいち。でも、濡れた実はエロチック。
c0155474_1762297.jpg
c0155474_1764935.jpg
c0155474_177523.jpg


by sustena | 2007-12-30 17:05 | 小さな自然 | Comments(4)