カテゴリ:まち散歩( 289 )


2014年 09月 27日

旧東海道歩き

先日、さわやかな秋空だったので、ふと散歩に出たくなって、以前歩いた続きをと旧東海道へ。京浜急行の大森海岸で降りて、てくてく歩く。しばらくは第一京浜国道沿いに行かなくてはならない。
駅から降りてすぐのところにキバナコスモスが咲いていて、ちょっとウレシイ。
c0155474_2322254.jpg

まずは、『三代実録』に、859年(貞観元年)「武蔵国従五位下磐井神社官社に列す」と記されていたという由緒正しい磐井神社へ。
c0155474_2311082.jpg

ここの狛犬は、なんと子連れだった。
c0155474_231231.jpg

そのあと、近くの密厳院へ。ここには、八百屋お七にちないだ振り袖姿の「お七地蔵」がある。鈴ヶ森で火あぶりになったお七に何を拝んでいいのかよくわからなかったけど、狂おしい恋は、ちょっとあやかりたいような気もして、むにゃむにゃ手をあわせる。
c0155474_2363172.jpg

第一京浜に戻る途中の看板をぱちり。
c0155474_23154694.jpg

しばらくいくと、ようやく第一京浜とはわかれて、旧東海道の商店街に入る。写真のちょっと細い道がそれ。1918年に、昔の東海道を第一京浜として拡張したとき、この美原通りは商店街があって栄えていたので、第一京浜を脇に通したため、旧東海道が残ったものという。
c0155474_231781.jpg

c0155474_23172497.jpg

シャッターに東海道五十三次の絵を描いたり、昔の風情をかもしだそうとしているようなのだが、祝日というのにシャッターがしまっている店がほとんどで、なんだか寂しい。
c0155474_23231117.jpg

で、私としては、旧東海道の風情よりも、年季の入ったコーンに驚いたりする。
c0155474_23235772.jpg

美原通りもすぐに通り過ぎて、再び第一京浜沿いの殺風景な道が続く。梅屋敷公園は、落ち着いた公園かしらんと思っていたんだけど、ヒガンバナと萩の花がちょっと咲いてるだけで、風情ゼロの公園だった。
c0155474_23261028.jpg

日本橋から三里十八丁の復元された里程標があった。
c0155474_23385977.jpg
昔の人はこれくらいイッキに歩いたかもしれないけど、私は大森海岸から歩いただけで閉口して、品川に戻り、品川翁へ。
実は東海道を歩くというより、品川翁でそばがきを食べたさに、今回のルートを選んだのだった。
わさびの醤油漬けとそばがきを頼み、ビールでノドをうるおす。
c0155474_23292097.jpg

c0155474_23302985.jpg

帰りにキヤノンギャラリーに寄ろうと思ったら、祝日は休館なのだった。無念。この日は1万7000歩ぐらい。

by sustena | 2014-09-27 23:31 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 09月 26日

この曲線はフランク・ゲーリー!

シャネルのビルを出て、ふと通りの向こうを見ると、ルイ・ヴィトンのビルに何やら、ゲーリーっぽい曲線が。
近づいてみると、おなじみのマストのある帆船をイメージした、メタリックグレーのカーブが、ウィンドウ・ディスプレイを構成している。

どうやら、LVMHグループの現代アートのミュージアム「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」がこの10月27日にオープンするのを記念して、フランク・ゲーリとコラボしたウィンドウ・ディスプレイが お目見えしたようなのだ。このミュージアムももちろんゲーリーの設計で、パリ・ブローニュの森北部のアクリマタシオン庭園にあるんだって。

ビルバオのグッゲンハイム美術館ができて以来、ビルバオ詣でする人が増えたというけど、ああ、模型や写真でなく、ビルバオを見てみたい。このフォンダシオンも見たいなぁ。。。
c0155474_21374669.jpg

c0155474_21375922.jpg

c0155474_21381275.jpg


by sustena | 2014-09-26 21:38 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 06月 26日

フェンスで個展かなー

銀座6丁目の松坂屋の跡地をJ. フロントリテイリングと森ビル、Lリアルエステート、住友商事の4社で再開発を進めている「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」。現在、そのブロック全体がすっかーんと白いフェンスに囲まれているんだけど、何日か前に、本城直季さん? の大きな写真がズラリ並んだ。
歩いているひとも別サイズのミニチュアみたいで、なかなかいい感じ。
c0155474_22185721.jpg

c0155474_2219645.jpg

c0155474_22191744.jpg


by sustena | 2014-06-26 22:20 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 06月 26日

これは金網!?

昼休み、フラフラと銀座を歩いていたときのことである。
久々に遠出して、おや、レースがビルいっぱいに・・・と思ってよく見たら、金網だった。
すごいー。
c0155474_0214524.jpg

c0155474_022419.jpg

c0155474_0232833.jpg

最後の写真の一部を拡大すると─
c0155474_22104336.jpg


by sustena | 2014-06-26 00:22 | まち散歩 | Comments(6)
2014年 05月 07日

日本橋・神田川クルーズ

先日、知人たちと日本橋・神田川クルーズ船に乗り、約1時間半、川からの眺めを楽しんだ。
ルートは、日本橋のりば~江戸橋~隅田川(永代橋・清洲橋・両国橋)~神田川(浅草橋・万世橋・聖橋)~日本橋川~一ツ橋~常盤橋~日本橋のりば。
運航会社のZEALのホームページで、地図にプロットしてある
。(もっとも、クルージングツアーの主催者は阪急交通社。満員だったから、しっかり儲かったと思う)

日本橋川のごくごく短い距離を、音楽を聴きながらめぐったことはあるけれど、ぐるりと回るのは初めて。ZEALのお姉さんの解説つきで、いくつもの橋をくぐっていく。
c0155474_2315850.jpg

c0155474_232199.jpg

晴天で、川面にうつるビルの姿もゆらゆら。
c0155474_2333047.jpg

このあたりは江戸時代、醤油や酒などの積み出しが行われたところ。ミツカンのマークと、船長の袖口のラインが似てませんかーなんて、笑いをとっていた。
c0155474_235014.jpg

c0155474_2351461.jpg

清洲橋が美しいッ。
c0155474_2361233.jpg

A-netというファッション会社の看板。
c0155474_2375153.jpg

隅田川から神田川へと入った柳橋周辺には釣り舟や屋形船がいっぱい。柳橋たもとの佃煮の小松屋のご主人が、かつての写真と照らし合わせて解説してくれた。
c0155474_2383656.jpg

c0155474_23114485.jpg

とにかくずんずん進む。いっぱい橋をくぐったけど、どれかどれだったか忘れてしまったな・・・。
c0155474_23133435.jpg

これは万世橋だったと思う。
c0155474_2314631.jpg

昌平橋
c0155474_23142487.jpg

秋葉原を過ぎてお茶の水近く。まずは、総武線の線路の下をくぐる。
c0155474_23152346.jpg

聖橋。左は中央線。
c0155474_23154671.jpg

総武腺が走ってるー。
c0155474_23162054.jpg

また日本橋川に戻ってくる。橋のところにゴイサギを発見。
c0155474_2317649.jpg

常磐橋 (たぶん)は工事中だった。
c0155474_23175119.jpg

c0155474_23181973.jpg

紀田順一郎のミステリに、犯人の鉄壁と見えたアリバイが、川路を使うことに気づき崩れちゃうってのがあったっけ。ほんと、川からの眺めは新鮮だった。

今度はスカイツリー方面や、工場見学ルートも行ってみたいなぁ。

by sustena | 2014-05-07 23:19 | まち散歩 | Comments(4)
2014年 05月 04日

太鼓祭り

昨日は近くの神社で、年に一度の太鼓祭りがあった。
氏子たちが直径四尺五寸もの大太鼓をたたきながら、一帯を練り歩く。この地に移ってきて約20年。これまで太鼓祭りについてはまったく知らなかったのだが、昨年、神社の蔵にしまわれていたこの太鼓を見てガゼン興味を持ったのである。

神事のあと打ち初め、そして御神酒で乾杯をして、いよいよ公道に。
c0155474_231420100.jpg

c0155474_23143212.jpg

c0155474_23145046.jpg

太鼓の上には3人が乗る(いちおう命綱をつけている)。一人は直立不動でじっと前方を見ている(このポーズのまま、電線などに注意を払うのである)。両脇の二人は、掛け声を発しながら提灯を上げ下げし、たたき手は両サイドから太鼓を叩く。
太鼓は鉄の車輪で踏まれたら足がつぶれてしまうし、太鼓を振り上げるのでまわりに通行人がいたら危険だし、ガードレールや、置きっぱーの自転車や、ポストとか、うっかりよそ見をしていてぶつかっては危ない。太鼓のまわりに、警護のメンバーが並び、住宅街を進む。途中老人ホームなどでは止まって何回か太鼓を打ちならす。ものすごーく響く。この音が邪気を払ってくれるのかなー。
c0155474_2320839.jpg

c0155474_2320226.jpg

暑かったので、練り歩きには1時間ほどつきあっただけで、こちとらは退散。家に戻って飲んだビールがおいしかったー。
巡行の様子は短い動画をご覧ください


by sustena | 2014-05-04 23:24 | まち散歩 | Comments(0)
2014年 05月 01日

蕎麦屋に行きたさに街歩き

先日の日曜日、自由が丘駅から武蔵小山駅までを歩いた。せっかくの連休、どこに行くあてもないので、天気もいいし、知らない蕎麦屋に出かけてみるか、というわけである。

ここがいいんでは、とあたりをつけたのが、武蔵小山駅近くの「手打ち蕎麦 ちりん」。ただ食べに行くだけではなんだからと、手頃な散歩コースでもと調べて、自由が丘・八雲・碑文谷・・・とコースを定めたのだ。

まずは呑川緑道を歩く。暗渠にしたところがサクラ並木になっている。花のころは賑わうんだろうなぁ。
c0155474_22275580.jpg

途中、立派な富士山の絵のある銭湯を見つける。
c0155474_22283673.jpg

八雲小学校は創立140周年なんだって。
c0155474_22292069.jpg

いまの季節はツツジとハナミズキがきれい。
c0155474_22295775.jpg

立会川緑道、さきほどの呑川緑道同様、かつて川があったところ。橋の名前だけが次々に出てくる。
c0155474_22314410.jpg

円融寺の釈迦堂は国の重要文化財。室町時代の建立で、都区内最古の木造建築なんだってー。
c0155474_22332960.jpg

歩くこと1万9000歩でお目当ての蕎麦屋に到着。1階はカウンターで、なんだか蕎麦屋っぽくない。
c0155474_22351557.jpg

名物の炙り厚揚げネキトロ焼きを頼む。なかなかボリュームたっぷり。
c0155474_2236852.jpg

せいろはけっこう歯ごたえがあったよー。
c0155474_22363431.jpg


by sustena | 2014-05-01 22:36 | まち散歩 | Comments(4)
2013年 12月 03日

やりすぎだよー

きょうは、銀座松屋まで遠征する用事があったんだけど、ふとショーウィンドウを眺めて絶句。
バッグが顔に見えることはよくあるけど、これはあきらかにそれを狙ったもの。
やりすぎっ!
c0155474_21381398.jpg

c0155474_21382463.jpg

c0155474_21383416.jpg


by sustena | 2013-12-03 21:38 | まち散歩 | Comments(8)
2013年 06月 27日

ズロースの陳列

ズロースが並んでるように見えてしまった。いったん見えてしまったものは仕方がない。
c0155474_22152723.jpg

最近、iwamotoさんが顔写真をせっせとアップしているせいで、女の人の後ろ姿まで顔に見えてしまった・・・・。とほほ。目のクセみたいなものなので、伝染しちゃうんだよー。
c0155474_2217212.jpg

ついでに言うと、このコはひこにゃんに見える~。
c0155474_2243383.jpg


by sustena | 2013-06-27 22:17 | まち散歩 | Comments(8)
2013年 06月 16日

西荻窪の不思議商店

中央線の西荻窪は、骨董品店が軒を並べ、ちょっと裏の路地に入ると、おいしい飮み屋や雑貨屋やカフェが並び、ギャラリーなどもそこここにあって、なんともまったりした、田舎臭いけどおしゃれな街なんだけど、きょう夕食のワインに合うパンを買ったあと、自転車で裏通りを行くと、妙に心ひかれる店があった。

まるで傘みたいなディスプレイで、どう見ても「ニヒル牛」としか読めない。めちゃヘンな店名であります。

あとで検索してみて驚いた。プロデュースしたのは、「さよなら人類」の「たま」の元パーカッション担当石川浩司さんで、オーナーは妻の石川あるさんであるらしい。この店は2のほうで、もう1店の「ニヒル牛」が、ボックス型のスペースを借り、その中で自分の作品を自由に展示、販売するコーナーを設けているのに対して、2のほうは、貸し出すのは、くり抜かれた地球儀だったり、古時計だったり、そこのスペースを見た上で、使いたい場所の相談をしていくシステムなんだって。

いろんな作家と出会う場所になるといいね。
c0155474_2149683.jpg

c0155474_21493225.jpg


by sustena | 2013-06-16 21:48 | まち散歩 | Comments(2)