いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅( 415 )


2017年 10月 30日

2階のエルビス

本日は東岡崎で取材。

台風が心配だったのだが、早めに関東を抜けたようで、本日は晴天。
三島あたりでは雲が多かったのだが、少しずつ青空の面積が増えていき、富士山が見えた。
あれ?先日初冠雪のニュースがあったばかりのはずなのに。。。
台風で降った雨のせい? 風が雪を吹き飛ばしたの?
c0155474_22024512.jpeg
取材が終わって駅までの約20分を歩く。東岡崎の駅近くに、あれはひょっとしてプレスリー?
c0155474_22310995.jpeg




by sustena | 2017-10-30 22:36 | | Comments(6)
2017年 10月 29日

有馬の宿

有馬温泉で泊ったのは、高山荘華野という宿。
全17室、12歳以下お断り、カラオケなしということで、ゆったりできそうかなと選んだのだが、想像以上によかった。

ロビーや館内のあちらこちらにいけてある花や花器、版画や掛け軸などの美術品、布、椅子や家具とてもすてき(李禹煥のデッサンや大好きな有元利夫の版画などもあった)。
写真の左下の花器など、アフリカの酋長の杖なんだよ。
c0155474_11324755.jpg
食事もおいしかった。とくに朝食のくみ上げ湯葉と豆腐には大満足。
お風呂も露天風呂のほうは、「金泉」と呼ばれる有馬のしょっぱい赤湯で、いくらでもつかっていられるぐらいキモチ良かった。

おすすめですー。







by sustena | 2017-10-29 11:34 | | Comments(4)
2017年 10月 28日

ちょっとブキミな、飛び出し注意クン

神戸取材のついでに有馬温泉で1泊してきた。
c0155474_22530403.jpg
有馬温泉は2回目なんだけど、ずーっと初めてだとばかり思っていて、さんざ歩き回ってようやく「以前にもきたんだっけ・・・」と思い当たるなんて、もういろんなことを片っ端から忘れてしまってるんだなぁ。。。とボーゼンとしたことだった。

それはそうと、有馬温泉は坂の多いところで、あちこちに源泉があり、あたり一帯が茶色く変色している。
c0155474_22531504.jpg
c0155474_22532408.jpg
c0155474_22533476.jpg

路地裏を歩いていて目に付くのが、ちょっと不気味な飛び出し注意クンである。といっても、飛び出し注意を呼び掛ける必要のない路地奥にあったりする。なんでも2013年に行われた路地裏アートプロジェクトの小川しゅんさんの作品で、評判を呼び、終了後もそのまま置いてあるんだそうだ。

c0155474_22534246.jpg
c0155474_22534940.jpg
c0155474_22535677.jpg
c0155474_22540494.jpg
c0155474_22541322.jpg
炭酸せんべいがあちこちに。賞味期限5秒。焼きたてをどうぞということね。
c0155474_22542165.jpg
このお店の看板が気に入ったんだけど、お休みだった。
c0155474_22542879.jpg


by sustena | 2017-10-28 23:07 | | Comments(2)
2017年 09月 22日

むぎや祭りに感動♪

2日目の女子テニス部の同期会は実に盛りだくさんのプログラムだった。

10:00集合 音川観光ぶどう園-「農家レストラン大門」でランチ-庄川温泉郷の温泉でのんびりー夕方 城端のむぎや祭へ

この日は台風が接近中で、天気予報では終日雨。
朝の段階では空はどんよりしているものの降ってはいない。どうにか持ってほしいと祈りながら、カッパをカバンに入れ、知人の車に乗せてもらい集合場所へ。

出発にちょっと手間取ったので、最初の訪問場所のぶどう園ではブドウを一房買ってみんなで食べただけ(それにしても、砺波でぶどうを栽培しているなんて、全然知らなかった)。

お昼は、砺波の伝統集落であるアズマダチと呼ばれる、古民家をリノベした農家レストランで伝承料理のランチ。
主なメニューは、ゆべす、よごし、丸山(がんもみたいなの)、いとこ煮、三色くずきり、干しずいきの白和え、大門素麺。丸山が具沢山で味がしみていておいしかった。
c0155474_10500539.jpg
砺波は散居村が有名で、小高い丘から見ると、すごくいいんだよ。地理で習ったけど、ちゃんと見たことがない。

c0155474_10501660.jpg
c0155474_10502648.jpg
昼食後、ちょっと雨がぱらついて、もはやこれまでかと思ったけれど、その後すぐにやんで、庄川温泉での露天風呂でまったり。

そしてメインイベントのむぎや祭へ。

毎年祭りをはしごしているという友人によると、いつもは駐車場がいっぱいで停める場所を探すのにも苦労するというが、台風襲来の予報で断念した人が多かったためか、どこもかなり空いている。

城端駅前での「街並み踊り」は中止だったが、そのほかの3会場では、地域ごとに子ども達から大人までが踊っていた。
麦屋節は、越中五箇山に落ちのびた平氏が都を偲んで唄い踊ったのが始まりとされ、農作業をする間も、敵に見つからないように笠で顔を隠したりしつつも、背筋を伸ばした凛とした踊りがなかなかすてき。

麦屋節の一節。
烏帽子狩衣ぬぎ打ちすてて今は越路の杣屋かな
心寂しや落ちゆく道は川の成る瀬と鹿の声

このほか、『お小夜節』『四つ竹節』『古代神』など、じっと聞いていると味わい深い歌詞で、どの踊り化は忘れたけど(古代神?)、手の指がバリ島や東南アジアの踊りみたいにしなっていて興味深かったな。
c0155474_10503749.jpg
c0155474_10505018.jpg
c0155474_10510089.jpg
c0155474_10511055.jpg
c0155474_10511802.jpg
c0155474_10514303.jpg
c0155474_10521618.jpg
トイレもこんなマーク

これは旧野村銀行を経営していた財閥の野村家の土蔵。
c0155474_10520634.jpg


善徳寺前では「むぎや踊り競演会」が行われていて、越中五箇山民謡保存会や越中五箇山麦屋節保存会、越中五箇山筑子唄保存会(こきりこね)なども加わって、プロフェッショナルなノドと踊りが披露された。
ここでも雨には降られることなく舞台を堪能できたのは、実にラッキーなことだった。
c0155474_10522385.jpg
c0155474_10523302.jpg
富山出身とはいえ、富山のお祭りは全然見たことがなかったので、大満足の夜だった。
松屋で食べたきのこ蕎麦、Aコープでゲットした、権次郎漬本店のかぶら寿し(ニシン入り)がとーってもおいしかった!


by sustena | 2017-09-22 10:45 | | Comments(8)
2017年 09月 18日

環水公園のスタバ

天気予報では本日は午前中は暴風雨のはずだったのだが、朝から目が覚めたら青空である。

昨日も雨を覚悟していたのだが、やはりほとんど雨にはたたられず(後日報告します)、ふふ、私はやっぱり晴れ女。


というわけで、本日ははうわさに名高い(富山県民の間にだけだと思うが)、世界で一番きれいだというスタバに出向いた。

c0155474_14382731.jpg

富山県富岩運河環水公園にあるスタバで、めちゃ混んでいたけど、運良く窓際の席をゲットできた。

世界一ではないとは思うけれど、たしかに気持ちのいい場所で、この手の行政主導の水辺公園としては、なかなかマルではないのだろうか。

c0155474_14380309.jpg

この公園のシンボルが、両脇に展望台のある天門橋で、エレベーターでのぼると、赤い糸電話と名付けられた告白用の?糸電話があった。写真ではちょん切れてます。

c0155474_14390111.jpg
c0155474_14394620.jpg
c0155474_14401444.jpg
c0155474_14400102.jpg

とはいえ、総合体育館や富山県美術館(この報告も後日)もあるし、富山の訪れるべきスポットの一つではあるんじゃないかなー。



by sustena | 2017-09-18 15:00 | | Comments(2)
2017年 07月 03日

トレニタリアでの旅──イタリア旅日記#3

今回、都市間の移動は、海岸沿いの世界遺産のモンテロッサーポルトヴェネーレ間を除き、基本は鉄道。利用したのは、イタリアの大部分をカバーしているトレニタリア(Trenitalia)だ。

40年前は、トーマスクックの時刻表を片手に、明日はどこへ行こうかと、その日の気分次第の旅だったけど(もっともファーストクラスを使える2ヵ月間有効のユーレイルパスを持っていたし、どこへ行くのも今ほど混んでいなかったので、気分次第でもまったく問題はなかった)、今回はホテルとあわせて、ほとんどの列車をwebで予約。。同じ区間でも、時間帯や日にちによって価格が違うから、行程と予算とをにらみあわせて、希望の列車をクリックすればOK。座席指定もできるしね。予約したものをプリントアウトするか、スマホなどを持っていたらそれにデータ入れておけばいい。なんて簡単になったんだろう!
(ところでトレニタリアの日本語のサイトは、手数料が加わるためか、英語のサイトより割高。鉄道でのイタリア旅行を計画している人は、英語のサイトで予約すべし)

時間がわかっていて、チケットさえゲットしていれば、あとは実にラクチン。
日本の駅よりよほどわかりやすいのではないかなぁ。
飛行機と一緒で、出発時間別に、列車番号や行先がボードにずらーっと一覧になっている。ホームが決まり次第、出発ホームの番号が表示されるから、そこで待てばよろしい。
日本だと、どの方向/ルートかによって、いちいち専用のボードをチェックしなければならないから、目的の路線の表示がどこにあるかを探さなきゃならない。しかもホームもあちこちにある。新宿駅や東京駅、上野駅なんで、初めて利用しようとする人にとっては、ちょっとした迷宮なんじゃないかしらん。

気持ちがいいのは、ミラノ中央駅である。天井が高くて大きなアーケードが美しい!ホームが順にズラッと並んでいるから間違えっこない。
c0155474_21242552.jpg
c0155474_21243233.jpg
c0155474_21244113.jpg
c0155474_21245104.jpg
c0155474_21250016.jpg
今回利用した列車は、けっこう年季の入ったものばかり。大胆に落書きがあるものもいっぱいあったなぁ。
フレンツェの駅近くの建物や塀などは、グラフィテxだらけだったし。
c0155474_21263196.jpg
c0155474_21263813.jpg
c0155474_21264594.jpg
c0155474_21265125.jpg
アッシジで列車の到着を待つ乗客。こんな風景はどこも一緒。
c0155474_21282098.jpg
今回、一番の長旅はアッシジからフィレンツェで乗り換えてベネチアまで。でも、窓から外を眺めていて、飽きることがなかったなー。
c0155474_21291652.jpg
c0155474_21292479.jpg
c0155474_21293354.jpg
c0155474_21294032.jpg


by sustena | 2017-07-03 16:56 | | Comments(6)
2017年 06月 20日

パスタ・パスタ・パスタ!──イタリア旅日記#2

イタリアといえばパスタの国であります。

とにかく種類が多い。太さだけでも、日本のそうめん、冷や麦、きしめん・・みたいに、スパゲティにタリアテッレ(フェットチーネ)、リングイーネ、ラザーニェ、いろんな形や長さのショートパスタがあって、小さな帽子という名前のカッペッレッティや、ニョッキにラヴィオリ・・・
三回の食事のうち2回はパスタを頼み、もちろん、主菜の前にいただくので、あまり食べるとくちくなるし・・・・

というわけで、食べたパスタをどどっと紹介。

ペスカトーレのスパゲティ(モンテロッサ)
c0155474_15320282.jpg
ムール貝のニョッキ
c0155474_15321199.jpg
これはなんだったかなー
c0155474_15322297.jpg
麺の名前は忘れたけど、ピエンツァで食べたアラビアータ・太くてコシがある麺だった。
c0155474_15323056.jpg
きしめんみたいな生パスタ。フィレンツェで。
c0155474_15324154.jpg
フィレンツェの市場2階でゆでたての生パスタを。バジルソース。
c0155474_15325186.jpg
フィレンツェでカラスミ入り。
c0155474_15330149.jpg
アッシジだけど、中身は忘れちゃったなー。たしかトリュフ入り。
c0155474_15331074.jpg
ベネチアでイカスミのスパゲティ
c0155474_15332084.jpg
ヴェローナで。きしめんの2.5倍の太さ!
c0155474_15332717.jpg
シンプルなボンゴレ。ミラノで
c0155474_15333551.jpg
マルペンサ空港で
c0155474_15334583.jpg







by sustena | 2017-06-20 15:55 | | Comments(1)
2017年 06月 19日

16日間のイタリア──イタリア旅日記#1

今回のイタリアは、足掛け16日、正味2週間の旅行で、カタール航空で往復6万9000円と、予想より安くチケットをゲットできたので、ちょっと贅沢をしてスカラ座でオペラとコンサート、あとは、大都市と中・小都市、田舎と都会を適宜おりまぜ、古典と現代絵画もブレンドし、あきないようにプランニング・・・といってもホテルと電車の時間を調べた程度ではあったんだけど、終わってみればアッという間で、戻ってから翌日は会議、火曜・水曜と北海道に出張で、1週間たってようよう、ひとごごちがついた感じ。

日程はこんな感じ。

1日目
成田を深夜出発
■機内泊

2日目
昼ミラノ着 
ドゥオモ、ガッレリア、サン・サティロ教会など見学 
■ミラノ泊

3日目
ブレラ美術館、プラダ財団、夜スカラ座でオペラ 
■ミラノ泊

4日目
電車でチンクエテッレへ。遊覧船でヴェルナッツァなど
■モンテロッソ泊

5日目
遊覧船でポルトヴェネーレへ 
■ポルトヴェネーレ泊

6日目
電車でフィレンツェへ。ドゥオモ、、ジョットの鐘楼など見学 
■フィレンツェ泊

7日目
オルチャ渓谷ツアー 小さな村を回る
戻ってからポンテヴェッキオなど 
■フィレンツェ泊

8日目
市場、 サンマルコ美術館、メディチ家礼拝堂、ウフィツィ美術館など 
■フィレンツェ泊

9日目電車でアッシジへ、サン・フランチェスコ大聖堂、サン・ダミアーノ修道院、サンタ・キアラ聖堂など見学
■アッシジ泊

10日目
鉄道を乗り継ぎベネチアへ、ベネチアビエンナーレ、リアルト橋付近をそぞろ歩き
■ベネチア泊

11日目
ベネチア市内見学。サンマルコ広場、ドゥカーレ宮殿、プンタ・デラ・ドガーナ、サンタ・マリア・グロリオーサ・ディ・フラーリ教会など
■ベネチア泊

12日目
電車でヴェローナへ。円形競技場跡、ジュリエッタの家、エルベ広場、スカリジェロ橋など見学
■ヴェローナ泊

13日目ミラノへ。最後の晩餐、トリエンナーレ現代美術館、スフォルツェスコ城
■ミラノ泊

14日目
ミラノ郊外のクレスピダッダへ。アンブロジアーナ図書館・美術館、夜スカラ座でコンサート
■ミラノ泊

15日目
ワグネル市場ほか買い物。飛行場へ。16:50ミラノ発
■機内泊

16日目
夜成田到着

c0155474_12351990.jpg
まだ写真をちゃんと見ていないので、おいおい報告しますー



by sustena | 2017-06-19 12:44 | | Comments(2)
2017年 05月 31日

イタリアなう

エアポケットのように、ぽかんと2週間空いたので、30年勤続の特別休暇を取ってイタリアに。

5日前に成田を出て、ミラノに2泊のあと、昨日、世界遺産のチンクエテッレの玄関口であるモンテロッソで1泊、本日は同じくチンクエテッレと同時に世界遺産に指定されたポルトヴェーネレに到着。幅が狭いくせに背が高いピンクやクリーム色の建物が、ひしめきあっているような景色(写真は夕方で、めちゃくらいけど)にどっぷり浸ってます。

ミラノに着いた早々、充電途中にiPadの電源がいくらやってもオンにならない状態になり、肝心の地図をすべてiPad頼みにしていて、宿泊先をいろんな人に聞きまくったりしていたのだけれど、本日の宿泊先でノートパソコンを借り、関係各所に「メールは見られないからよろしく」という、ローマ字で綴ったメールを書き(日本語入力設定がうまくできなかったため)、ひと段落ついた後に対処法を調べたら、なんのことはない、過充電ではなく、再起動させれば電源はめでたくオンになり、いやはや、ネット頼みになってしまうと、勘が衰えてしまうよね、と反省することしきり。

それはともかく、ミラノではスカラ座でドン・ジョバンニのオペラを観たり、プラダ財団の現代美術の展示を観たり、それなりに忙しかったので、ここ2日間は、小さな村で、ひたすらボケっとして美味しいものを食べて過ごしてます。

明日は40年ぶりのフィレンツェですー。
c0155474_05140363.jpg


by sustena | 2017-05-31 05:33 | | Comments(6)
2017年 03月 12日

西表島なう

取材が終わり、カメラマンを紹介してもらった知人への挨拶を兼ねて石垣島へ。上原行きのフェリーが欠航となり、1時間近く後のフェリーで大原に行き、そこからえんえん1時間ぐらいバスで移動して、本日泊まるホテルへ。
翌日もとんぼ返りと言うと観光もしないなんて、と宿に人に呆れられてしまったけど、明後日も取材なので、最終便で帰るとバテちゃうので、仕方ないのだ。
でも、植生がまるで違い、バスから窓の外を眺めてるだけで気分転換になる。
宿から5分のところから夕日をぼけっと見てた。
本日の夕食はグルクンのあんかけ、豚足、マグロさしみ、ジーマミー豆腐ほか。泡盛飲み比べセットなんぞ頼んだけど、一人で飲めるかなー
c0155474_19461225.jpg
c0155474_19445775.jpg
c0155474_19435392.jpg


by sustena | 2017-03-12 19:49 | | Comments(4)