いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 10月 05日 ( 1 )


2017年 10月 05日

歌舞伎座 芸術祭大歌舞伎昼の部「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」

歌舞伎座で「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」を観た。世界三大叙事詩のひとつ、古代インドのマハーバーラタを歌舞伎にしたもの。
壮大で、日本神話などとも大きく違う世界観のマハーバーラタがいったいどんな歌舞伎になるのか、和洋折衷ならぬ和印折衷の中途半端な舞台になりはしないかという懸念はまったくの杞憂で、脚本・舞台美術・音楽・衣装・照明・役者・・・が見事にマッチした、チャレンジングな舞台だった。

SPACの宮城聰が演出する『マハーバーラタ~ナラ王の物語』のアヴィニョン演劇祭凱旋公演を神奈川芸術劇場で観たのは、2014年9月のこと。同じ舞台を菊之助も観ていて、これをより大きなストーリーの歌舞伎にしたいとSPACに相談を持ち掛けたのが発端という。

とはいえ、原作は一言で要約することのむずかしい長編(なんと聖書の4倍もの長さ!)。それを青木豪が、マハーバーラタを全然知らない観客に向けてもわかりやすい筋立てにした。

舞台は、人間たちは早晩戦争で滅んでしまうと嘆く神々の登場から始まる(ちょっと仮名手本忠臣蔵の大序を連想させる)。屏風とキンキラの衣装(インドの伝統舞踊「カタカリ」にインスパイアされたものなんだって)が素晴らしい。

平和への願いによって人間界が平定できると唱える太陽神、それは甘い、力こそが必要と主張する帝釈天が両花道で対決。それぞれ、クンティに子を授けて様子を見ることになる。

太陽神の子で、力ではなく平和をめざす使命を背負うのが、主役の迦楼奈(カルナ)。しかし、策謀をめぐらす鶴妖朶(ツルヨウダ)王女とそれとは知らず親友の誓いを立て、王権争いで対立する五兄弟と百兄弟の争いに身を投じることになる。

この鶴妖朶が七之助、納涼歌舞伎に続いて、冷徹な戦略家で、カルナにひかれながらも権力のために容赦しない姿を公演。サディステッィクな約がはまるんだよね。階段落ちがカッコイイ。最後の言葉も印象的。

一方、力こそが正義という、カルナの宿敵が松也演じる阿龍樹雷(アルジュラ)。でも兄弟を倒すことに何の意味があるんだろうかと悩んだりするわけで、まったくの敵というわけでもなさそう。

最後の決戦、馬に乗ったカルナとアルジュラの対決の場面、矢が描かれた旗が舞台を横切るシーンの美しいこと。タテも見ごたえがあったし、より目のミエを決めるカルナのカッコイイことったらない。

ガムランと邦楽が融合したようなパーカッションもよかった!! タブラ、木琴や鉄琴、ジャンベ、スルド、サントゥール、スチールパンなどを使ってるんだって。これがまぁ、ツケと会うんだよ♪
c0155474_13164418.jpg
演出 宮城聰
衣装 高橋佳代
脚本 青木豪
空間構成 木津潤平
美術 深沢襟
音楽 棚川 寛子(鶴澤慎治(作曲)、田中傳左衛門(作調)ほか)

■神々

那羅延天(ヴィシュヌ神の別名) 菊五郎
シヴァ神            菊之助
多聞天             彦三郎
梵天              松也
大黒天             楽善
太陽神             左團次
帝釈天             鴈治郎

■那羅延天の化身
仙人 久理修那(くりしゅな)    菊五郎

■神々の子を産む

汲手(くんてぃ)姫       時蔵
若き日の汲手姫(くんてぃ)姫   梅枝

■太陽神とクンティの子
迦楼奈(かるな)     菊之助

■カルナの育ての親
亜照楽多(あでぃらた)    秀調 
羅陀(らーだー)       萬次郎

■カルナに弓を教える
修験者 破流可判(はるかばん)  権十郎

■五兄弟

百合守良(ゆりしゅら)王子   彦三郎
風韋摩(びーま)王子      坂東亀蔵
阿龍樹雷(あるじゅら)王子   松也

双子
納倉(なくら)王子      萬太郎
沙羽出葉(さはでば)王子   種之助

■王権争いで対立する百人兄弟

鶴妖朶(づるようだ)王女       七之助
道不奢早無(どうふしゃさな)王子   片岡亀蔵

■アルシュラのフィアンセ
弗機美(どるはたび)姫   児太郎
■その父
弗機(どるはた)王   團蔵
■ドルハタビの婿候補
拉南(らーな)   橘太郎

■ビーマ王子が森で出会う魔物
森鬼飛(しきんび)   梅枝
■魔物の子
我斗風鬼写(がとうきちゃ)  萬太郎
■シキンビの兄
森鬼獏(しきんば)  菊市郎

牛を抱いた行者   團蔵

c0155474_13165670.jpg
この日は旧知の編集者仲間との飲み会が銀座であったので、銀座シックスで時間をつぶしてたんだけど、有楽町駅前で立憲民主党代表の枝野の街宣があるというので、いったいどんな人が集まってるんだろうと思い出向くと、意外に若い人も多い。

演説の冒頭、立憲についてから説き起こし、これでは集まった人が逃げていくのではと思たけどそんなことはなく、諄々と、今回の選挙はリベラル対保守、左右の戦いと言われるがそれは違う。上からの民主主義か、草の根からかの戦いであること。自分が守りたいのは、戦後70年お互いさまの精神でみんなが幸せをめざしたそんな社会であって、それを守りたいというのが本来の保守ではないか、というくだりで大きな拍手。


by sustena | 2017-10-05 13:36 | Theatre/Cinema | Comments(4)