いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 07月 17日 ( 3 )


2017年 07月 17日

国立新美術館「ジャコメッティ展」

c0155474_11142660.jpg国立新美術館のジャコメッティ展の招待券をいただいたので見てきた。

昔、ジャコメッティの彫刻のように、精神だけで生きてるようなカトンボみたいになりたいなーと夢想してたんだけど、今回まとまってジャコメッティの作品を見たら、もちろん細ーいんだけど、あっ、肉体だって思ったなー。

今回は、おおむね時系列にそって、初期から晩年まで作品約135点(彫刻50、絵画5、素描と版画80点)が並ぶ。
展覧会の構成は、1.初期・キュビスム・シュルレアリスム、2.小像、3.女性立像、4.群像、5.書物のための下絵、6.モデルを前にした制作、7.マーク家との交流、8.矢内原伊作、9.パリの街とアトリエ、10.犬と猫、11.スタンパ、ヴェネツィアの女、12.チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト、15.ジャコメッティと同時代の詩人たち、16.終わりなきパリ

初期のころの作品や素描などこれまで見たことがなかったので新鮮。キュビスムやアフリカやオセアニアの仮面などに影響を受けたこと、「見えるものを見えるままに」とモデルとの距離感や空間全体でのつかみかたに苦闘し、どんどん小さくなっていってほんの数センチの小さな人物像になってしまったり、複数の人物像を組み合わせて配置してみたり。

デッサンなどもものすごーーく時間をかけたんだそうだ。

圧巻は「ヴェネツィアの女」シリーズの9点 。つくる過程で、気に入ったプロポーションやかたちのものができると、その都度、弟に型をとらせていたんだって。
大きさも、フォルムも微妙に違う女たち、それぞれの姿に見入っちゃった。

チェース・マンハッタン銀行の依頼を受けて、ニューヨークの広場のために制作された《歩く男Ⅰ》《女性立像Ⅱ》《大きな頭部》が並んだ部屋は撮影OKだった。
このところ撮影できるところも増えたけれど、シャッター音はちょっとうるさいよね。スマホで撮る人が多いから仕方ないけど。
c0155474_16395797.jpg
c0155474_16400496.jpg
展覧会のあとは誓うの中華料理屋でランチ。この日は定食ではなく、エビとトマトと卵の冷麺と、ゴーヤと豚肉辛み炒温麺を頼み知人とシェア。
c0155474_16401049.jpg
c0155474_16401676.jpg



by sustena | 2017-07-17 17:34 | Art/Museum | Comments(2)
2017年 07月 17日

朝の公園

今年はセミが鳴き始めるのが早いような気がする。
このセミを見つけたのは7月9日。
c0155474_16382429.jpg
次いで、このセミが7月14日。
c0155474_16384082.jpg
c0155474_16385089.jpg
ムクドリもやけに多い。いつもは3日ぐらいで、どこか別のねぐらにいってしまうのに、この夏はずーっと滞在している。
けさはセミをゲットして、自分ひとりのものだとウロウロしているムクがいた。
c0155474_16385508.jpg
ヤブミョウガの白い花はそろそろおしまい。
c0155474_16381855.jpg
それにしても暑すぎ。まだ梅雨があけないのかなー


by sustena | 2017-07-17 17:10 | 小さな自然 | Comments(0)
2017年 07月 17日

国立劇場 歌舞伎鑑賞教室「一條大蔵譚」

c0155474_16371447.jpg昨日、国立劇場で歌舞伎鑑賞教室を見てきた。切符の発売日はイタリア旅行中で、戻ってきてから見たら、2階席や3階席しか空いていなかったのであきらめていたのだが、1週間前に見たら、7列目の真ん中が空いていた。ラッキー♪

一條大蔵譚は仁左衛門と、吉右衛門が演じたのを見たことがある。菊之助は初役で、作り阿呆がどの程度フィットするのか、というのが興味あるところ。

鑑賞教室では歌舞伎初心者向けに25分ほど解説がある。案内をつとめたのは坂東亀蔵で、黒御簾をあけて、芝居中の音楽を紹介したり(黒御簾はオーケストラピットで、場面ごとのBGMを演じるという説明がよかった)

そうそう登場シーンでは、回り舞台とセリの骨組みの上に乗って登場、なかなかカッコよかった。
女形の工夫、ツケの紹介、ミエはストップモーションやクローズアップのようなものであること、義太夫とあわせての「本朝廿四孝」のセリフ廻しと、すべて7てそろっての「国姓爺合戦」の虎との立ち回り(虎クン、キレのある動き!)のシーン、そして一條大蔵譚の背景説明と、ぎゅーっと詰まった解説でgoodでした。

さて、お目当ての一條大蔵譚、菊之助は、檜垣茶屋の場の出はめちゃ初々しい、子供みたいな大蔵卿。吉右衛門に言われて、息子の様子と観察したらしいけれども、ちょっとあまりにひよわな感じ。それが、「大蔵館奥殿の場」で、本性を出したときのキリッとしたお公家ぶり!
ここで作り阿呆になったときの表情が悲しみをたたえていて、よかったー。

(主な配役)
一條大蔵卿長成  尾 上 菊 之 助
常盤御前       中 村 梅   枝
鬼次郎女房お京  尾 上 右   近
吉岡鬼次郎     坂 東 彦 三 郎
c0155474_16381255.jpg
c0155474_16383085.jpg



by sustena | 2017-07-17 16:58 | Comments(0)