いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 07月 03日 ( 1 )


2017年 07月 03日

トレニタリアでの旅──イタリア旅日記#3

今回、都市間の移動は、海岸沿いの世界遺産のモンテロッサーポルトヴェネーレ間を除き、基本は鉄道。利用したのは、イタリアの大部分をカバーしているトレニタリア(Trenitalia)だ。

40年前は、トーマスクックの時刻表を片手に、明日はどこへ行こうかと、その日の気分次第の旅だったけど(もっともファーストクラスを使える2ヵ月間有効のユーレイルパスを持っていたし、どこへ行くのも今ほど混んでいなかったので、気分次第でもまったく問題はなかった)、今回はホテルとあわせて、ほとんどの列車をwebで予約。。同じ区間でも、時間帯や日にちによって価格が違うから、行程と予算とをにらみあわせて、希望の列車をクリックすればOK。座席指定もできるしね。予約したものをプリントアウトするか、スマホなどを持っていたらそれにデータ入れておけばいい。なんて簡単になったんだろう!
(ところでトレニタリアの日本語のサイトは、手数料が加わるためか、英語のサイトより割高。鉄道でのイタリア旅行を計画している人は、英語のサイトで予約すべし)

時間がわかっていて、チケットさえゲットしていれば、あとは実にラクチン。
日本の駅よりよほどわかりやすいのではないかなぁ。
飛行機と一緒で、出発時間別に、列車番号や行先がボードにずらーっと一覧になっている。ホームが決まり次第、出発ホームの番号が表示されるから、そこで待てばよろしい。
日本だと、どの方向/ルートかによって、いちいち専用のボードをチェックしなければならないから、目的の路線の表示がどこにあるかを探さなきゃならない。しかもホームもあちこちにある。新宿駅や東京駅、上野駅なんで、初めて利用しようとする人にとっては、ちょっとした迷宮なんじゃないかしらん。

気持ちがいいのは、ミラノ中央駅である。天井が高くて大きなアーケードが美しい!ホームが順にズラッと並んでいるから間違えっこない。
c0155474_21242552.jpg
c0155474_21243233.jpg
c0155474_21244113.jpg
c0155474_21245104.jpg
c0155474_21250016.jpg
今回利用した列車は、けっこう年季の入ったものばかり。大胆に落書きがあるものもいっぱいあったなぁ。
フレンツェの駅近くの建物や塀などは、グラフィテxだらけだったし。
c0155474_21263196.jpg
c0155474_21263813.jpg
c0155474_21264594.jpg
c0155474_21265125.jpg
アッシジで列車の到着を待つ乗客。こんな風景はどこも一緒。
c0155474_21282098.jpg
今回、一番の長旅はアッシジからフィレンツェで乗り換えてベネチアまで。でも、窓から外を眺めていて、飽きることがなかったなー。
c0155474_21291652.jpg
c0155474_21292479.jpg
c0155474_21293354.jpg
c0155474_21294032.jpg


by sustena | 2017-07-03 16:56 | | Comments(6)