いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2014年 10月 16日 ( 1 )


2014年 10月 16日

菱田春草展

c0155474_2223864.jpg先日、竹橋の東京国立近代美術館で開催中の「菱田春草」展を見てきた。
重要文化財の《落葉》と、同じく重要文化財の《黒き猫》が姑息にも展示変えになってしまうので、落葉を見逃すまじ、と出向いたのだ。

菱田春草は近代日本を代表する画家の一人で、草創期の東京美術学校を卒業後、岡倉天心の日本美術院創立に参加。西洋画を研究し、朦朧体と呼ばれる、嫋々とした輪郭線をなくして境界がぼわーっとした絵を打ち出したり、色の取り合わせを探求するなど、意欲的に新しい日本画にチャレンジしていたのだが、36歳であっけなく亡くなってしまった。

今回は、最高傑作のひとつとされる《落葉》連作5点や、《黒き猫》をはじめとするさまざまな“猫”が登場する作品を含めて、100点を超える作品がズラリ並ぶ。

なんといっても落葉の空気感がすてき。翌日、近くの公園を歩いたら、菱田春草の絵の中を歩いてるみたいだった。それにしても、若いときからたいそう老成した雰囲気の絵にもびっくり。ネコは今回の目玉のひとつらしいのだが、なんだか全然かわいくないのが印象的だったな。

常設展のフロアの「眺めのよい部屋」から。皇居を見下ろすだけなんだけどね。
c0155474_22444483.jpg

入口正面の彫刻は迫力。
c0155474_22445622.jpg


by sustena | 2014-10-16 22:20 | Art/Museum | Comments(9)