2008年 10月 24日

第8回リコーフォトコンテスト展

オープン間もないリコーのRING CUBEで「第8回リコーフォトコンテスト展」を見てきた。銀座4丁目交差点角の三愛ドリームセンターの8・9階にある。

受付は9階でエレベーターを降りて右手に、リコーフレックスや、東京オリンピックの年のカメラとか、リコーのカメラの歴史を物語るカメラがずらり。ちっぽけなヤツでも存在感があって、すこぶる美しい。ロゴも昔のほうが好きだなぁ。なんだか、デジタルになって、どんどん軽~くなっている感じ。(まぁ、そのかまえないところがデジタルの良さでもあるんだろうけど)。

ところで今回のフォトコンテストのお題は、「大切なもの、大切な時間」。入選作だから、みなうまいのは当然なんだけど、私がタメ息ついたのは、写真のすばらしさとあわせて、プリントとのきれいさ。これがコンデジで撮ったものなのだよねぇ。(私の撮ったものでも、大きく伸ばして、ちゃんとていねいにプリントしてもらえばサマになるだろうか?まだまだだなぁ・・・)。

外国のひとの作品と日本のひとが撮ったのとをくらべると、まるで違うカメラで撮ったみたい。どれもRシリーズや、GX100やGRデジタルなのに、不思議。

またひとつ、お昼休みや仕事帰りの楽しみが増えた。

中が撮れなかったので、GRの公式ブログをどうぞ
c0155474_0244083.jpg


外に出てLX3でぱちり。雨模様。真っ暗な感じにしたかったのだけど。

by sustena | 2008-10-24 00:24 | Art/Museum | Comments(0)


<< 影      石原慎太郎『痛ましき十代』 >>