2008年 10月 17日

心得

ン十年前、あたしがまだ駆け出しの編集者だったころ、一緒に取材に出かけたカメラマンが、「カメラマンが黒い服を着ているのは、被写体に写りこんだり影響を与えないようにするためだよ。アロハ服や派手なカッコをしているカメラマンがプロでございって顔をしてても、それはインチキだからね。信用しないほうがいいよ」と教えてくれた。
ふーん、そんなものか。その後、わたしはアロハを着たカメラマンにも、黒衣のカメラマンにもダマされず、Love Affairにふけることもなかったけど、やけに印象に残った言葉なのだった。
さて、最近の私の街歩きのカッコといえば、もともと黒っぽい服が好きなこともあって、たいていはご覧のようにGRDIIをタテ吊りにするか、LX3をさげてるのであります。
このお店には目の毒だからゼッタイに入らない。
c0155474_13581682.jpg


by sustena | 2008-10-17 14:00 | まち散歩 | Comments(3)
Commented by esiko1837 at 2008-10-17 18:49
どうか、このお店に一歩入ってライカに魅せられて買ってください。
そしてどんな写真が撮れるのか、私たちを楽しませてくださいませ。
楽しみに待っております!!
Commented by jmiin at 2008-10-17 23:24
うへへ~。
入ったら最後、体はお店から出てこれても、頭がダメウイルスに冒されて
エライ目にありますよ。

ただ、最近のライカ社は完全に金儲けに走ってしまって素晴らしいメーカー
とは言えませんけどねぇ。
古いライカを買って楽しむのが大人のライカ道かと。^^;
Commented by sustena at 2008-10-18 00:17
いくらそそのかされたって、私はレンズ沼にも溺れないし、古いライカにも走ったりしない。でも最近、D40xなんて入門デジ一に、MFでいいから、パンケーキレンズをつけたらおもしろいだろうか、なんて夢想したりする。いけない、いけない。


<< 『建築家は住宅で何を考えているのか』      帰り道 >>