いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 31日

東京国立博物館 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」

本日は振り替え休日をとって、東京国立博物館で開催中の「対決-巨匠たちの日本美術」 を観てきた。

    運慶 vs 快慶  —人に象る仏の性—
    雪舟 vs 雪村  —画趣に秘める禅境—
    永徳 vs 等伯  —墨と彩の気韻生動—
    長次郎 vs 光悦  —楽碗に競う わび数寄の美—
    宗達 vs 光琳  —画想無碍・画才無尽—
    仁清 vs 乾山  —彩雅陶から書画陶へ—
    円空 vs 木喰  —仏縁世に満ちみつ—
    大雅 vs 蕪村  —詩は画の心・画は句の姿—
    若冲 vs 蕭白  —画人・画狂・画仙・画魔—
    応挙 vs 芦雪  —写生の静・奇想の動—
    歌麿 vs 写楽  —憂き世を浮き世に化粧して—
    鉄斎 vs 大観  —温故創新の双巨峰—

日本美術の巨匠を二人ずつ、同じモチーフを描いていたり、師弟の関係にあったりするものを並べて12組を対決させたもの。キュレーターなら一度は思いつく企画じゃないかと思うけれど、実現するのはけっこうたいへんなんじゃないだろうか。

蕭白の絵の奇想のパワフルなこと。 応挙と芦雪の虎対決、水対決も見応えがあった。
一緒に出かけた人と、対戦相手のうち、どちらが好みかを比べてみた。12組中10組が同じってかなり趣味が似てるってこと??

ちなみにわたしの好みはというと、
運慶・雪村・等伯・光悦・光琳(これは迷った)・仁清・円空・蕪村・蕭白・芦雪(これは悩ましい)・写楽・鉄斎   

同時代の対決だけでなく、時を超えた対決もおもしろそう。

かなり混んでますけど、ぎゅーぎゅー詰めというほどではなくて、それなりにじっくり観ることができます。
c0155474_041251.jpg


by sustena | 2008-07-31 00:41 | Art/Museum | Comments(3)
Commented by nuts-co at 2008-08-01 11:03 x
行ってきたんですね。私も楽しみにしている展覧会。よくこのアイデアを実現したと思いますね。国文科卒の私にとっては、すでに名前を見るだけで、この漢字の群れを見るだけで、イメージが刺激されて面白いです。来週から、オックスフォードで美術を専攻しているアメリカ人の青年が泊まりにくるので、一緒に行ってみようと思う。違う感性の持ち主と一緒にものを見るのはお互いに発見が多いよね。去年は芸大の自画像展を一緒にみて、それも刺激的でした。どうかあまり混みませんように。

Commented by sustena at 2008-08-01 12:07
風神雷神対決は8月11日から17日まで。前回見逃したから見たかったんだけど、チェックせずに出かけてちょっぴり残念だった。ホントいろんな発見がありました。思ったよりたくさんあって、ささーっと走っても1時間半はかかる。2時間ぐらいみておきたいデス。
Commented by nuts-co at 2008-08-01 19:11 x
いい情報をありがとう!がら~んとすいているところで半日見られたら最高なのにね。


<< いたばし花火大会      『雲南の花嫁』 >>