いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 03日

一瞬の光を

きょうはGX200の発売日で、西新宿のクライアントに直行して打ち合わせの帰り道、小田急ハルクの2階のビックカメラで触ってきた。

100のときは、caplioと入っているロゴがRICOHになったのね。店員に頼んで、自動開閉のフタをつけてもらう。ちょっぴりチープでひょうきん。テレコンなどのレンズをつけると、このフタは使えない。マイセッティングが3つな点がさらに使いやすそうだし、ズームもある。マクロが1センチというところも魅力のひとつなんだけど、GRDIIのほうが、単焦点なぶん、潔いし、迷いがないよねぇ。思想が違うわけで、となると、これを買ってどう使うかとなると、2台首からぶらさげて歩くことはありえないので(今でも同じく首からさげたケータイとケンカしてる)、行く場所とかによって、どっちを持ち歩くかを決めて持ち歩くパターンか。(GX200の必要な理由を探そうと思うんだけど、ズームが使えるってことと、旅行などに持ってくときに一台だけでは不安ということぐらい。大枚はたくには、ちょっと薄弱だなー)

バッテリが共用できる点はマル。ビューファインダーとセットになったキットと単体とが売り出されていて、10時半の時点で単体はすでに売り切れ。夕方また数台入荷予定とのことだった。

GRDIIは金曜発売当日にゲットしたんだけど、次の土日で特別セールしていて、そりゃないんじゃないの、と思ったので、しばらくは様子見とすることに。

さてさて、夕方。本日はステーキだから早く帰るよーと息子と約束していたのに、なんだかんだで会社を出るのが遅れて、おまけに中央線も遅れていて、西荻からあわてて帰ろうというとき、浮かんでいた雲が夕方最後の光でキラキラ光っていて、あー、早く帰らなきゃいけないけど、撮りたい!! でも、あの光だと思うんだけど、空が広く見える場所がなくて、途中の橋のところでようやく撮れると思ったときには、すでに撮りたかった輝きは失せていて、ああ、ほんの2分ぐらいのものなのに、間に合わなかったよー。
c0155474_2216315.jpg

こんなときパッと撮り出せて写せるのは、GRDIIだなー(間に合わなかったけど)(ついでに腕もないけど)。

by sustena | 2008-07-03 22:00 | GRDIIレッスン | Comments(4)
Commented by Cakeater at 2008-07-13 22:21 x
いい写真だなあ。
としばし、眺めさせていただきました。

GRD2 とGXシリーズは強みが重なりすぎます。
GRD2の弱みは望遠がないこと。RAW現像をしないかぎり、GRD2とR8はお互いに補完しあえても、GXシリーズは疑問です。
R8を買ってから、GX100は24ミリ専用機に近い撮り方が増えました。
R8の200ミリマクロの楽しさで、猫、鳥、昆虫、花と撮る対象が増えてしまう悩みが加わりました。
それに、来年の暮にはGX300が出るという噂もあります。(笑い)
1眼レフとGRD2の補完関係に割り込めるカメラは当分出ないのじゃないかと思います。
この川景色、GXじゃあ、起動がちょっと遅いから、間にあうかどうか。
最近速度を要するときは、まずR8を使っているくらいです。
Commented by sustena at 2008-07-15 00:34
やはりGRDIIとGX200では、そんなに同居がハピーじゃないかもしれませんね。GRDIIは切り出しナイフでも、GX200は万能ナイフというほどじゃないですしね。50ミリぐらいの単焦点のコンデジがあるといいかなぁ。海外旅行(いまたくらんでいる)の予備として、ほしいだけなんですけど……。持っていて、何を撮ろうか楽しみになる、わくわくするカメラがほしいなぁ。
Commented by sima at 2008-07-21 22:47 x
あぁ... この写真もイイですねぇ...
見入ってしまう...
これって、センスですよね。
※GX200、やっぱり気になっています。
  ただ、
  どうもカメラに思い入れが無いようで、
  いま手元にあるGRDⅡがいれば幸せかも。(^_^;)
Commented by sustena at 2008-07-22 03:35
気になっても、矢も楯もたまらずほしいっ!というわけじゃないんですよね、GX200は。GRDII のときは、アトサキを考えずに発売日に走っていったのに。それにしても、毎日同じ時間、同じように空を見上げていても、いつも違う・・・。


<< もうすぐ七夕      新撰組みたいなビル >>