いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 11日

EPSITE「細江英公人間写真展」

新宿に用事があったついでに、リニュアルなったEPSITEへ。「細江英公人間写真展 春本・浮世絵うつし/きもの/鎌鼬屏風・掛軸・写真絵巻」の初日というのでごった返していた。

細江というと、やっぱり、三島を撮った「薔薇刑」とか、舞踏家・大野一雄の写真とか、鎌鼬とか、あの有名なシーンの数々が真っ先に浮かぶ。

今回耳目を集めていたのが、展覧会のタイトルにもっなっている浮世絵うつし。舞踏家たちの白塗りの身体に、浮世絵の春画を投射し、撮影したシリーズ。デジタルプリントは、なまなまと、かつ、陰影もえぐるようで、艶やかこのうえない。

7月21日まで。会場の外、モノクロの大版のプリントに見とれるひと。
c0155474_0225213.jpg


by sustena | 2008-06-11 00:23 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by sa55t at 2008-11-21 00:08
おお、細江ケンジが写ってる!
相変わらずのまことちゃんヘアー(笑)
Commented by sustena at 2008-11-21 21:01
がびーん!!この日は招待客かな、有名人がゾロゾロいたんです。会場の外から撮ったんですけど、ららら・・・・。


<< 雨上がりの夕方      久々のニコン >>