いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 23日

青山七恵『ひとり日和』

息子がヒマきっているので、本でも読んだらと意見すると、『ひとり日和』を読んでみたいとゆーので、図書館で借りてきた。2007年の芥川賞受賞作である。

「ひとり日和ってさぁ、一人でひよってるって意味かな」と息子。「そりゃないんでないの。ひとりにふさわしい日常とかなんかでない?読んだら聞かせて」と渡す。

翌日、帰って来た声は「ビミョー」。それ以上たずねても、「とにかくビミョーなんだ」としかいわない。

で、読む。
フリーターの女の子・知寿が、線路沿いの親戚のおばあちゃんちに下宿して、失恋したりなにやかやあったのち、正社員となって、その会社の寮にすむことになって、サヨナラするまでの約1年間のお話。縮めると、なんだかなー。

こーゆーときに、主人公に感情移入するか、おばあちゃんのほうか。昔ならゼッタイ主人公のほうだけど、自分のトシを考えると、おばあちゃんに近い。うーん。今回は、おばあちゃんになった気分で、主人公のうだうだしてる話を「あ~、バカたれ~」と思いながら読む。

そうそ、おばあちゃんの名前は吟子さん、とゆーんである。でも、きょうびの70のおばあちゃんは、なかなか行動的であって、吟子さんも、ダンス教室に通ったり、ホースケさんとゆーボーイフレンドもいる。かつては、いろんな色恋沙汰や修羅場を経験しただろうけど、もう恬淡としてる。

----------- 
昔、台湾人と恋に落ちたらしい。若いころの、かなわぬ恋である。(略)
「・・・あのときは泣いたわね、世の中が憎くって、一生分の憎しみを使い果たした気がするねえ」
「一生分の憎しみってどんなの」
「もう、わたしはなあんも憎くないね」
「どうやって使い果たしたの」
「忘れたよ」
「あたし、今のうちに、むなしさを使い切りたい。老人になったときにむなしくならないように」
「知寿ちゃん、若いうちにそんなの使い切ったらだめよ。楽しいのばっかりとっておいたら、歳とったとき、死ぬのがいやになるよ」

こんな、二人の会話が心に残る。

たしかに、まだ18そこそこのガキにとってはビミョーかも。
c0155474_1731961.jpg

写真は、図書館帰りに通ったアパート。雑草と壁の感じが心惹かれたの。

by sustena | 2008-03-23 17:03 | 読んだ本のこと | Comments(0)


<< 開花だッ      東京ディズニーリゾートに行ったゾ >>