いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 28日

『サラ・ジー個展』

メゾン・エルメスで開かれているサラ・ジー(Sarah Sze)のインスタレーションがおもしろい! 

エレベータをを下りた瞬間、床に広がるヒモ、ピンとはったオレンジのストラップ、天井まで積み上げられた、FedEXの箱やダンボール、クッション、トイレットペーパーが目に飛び込んでくる。床には鏡や、色見本帳、画鋲やレシート、楊枝などが、規則正しく、あるいは、偶然をよそおって出会い、少しずつ床を浸食していくように広がる。扇風機がざわざわと風を送り、アームライトが乱暴にゆわえつけられ、あちこちを照らす。

荒物屋さんやジャンク屋さんから集められてきたものたちが、彼女の精神の建築のようにくみ上げられ、21世紀の機械に宿る生き物が、息をじっとひそめてる感じ。

フロアの床があちこちめくりあがり、機械室なども作品の一部になっていて、その計算され尽くした乱雑さに、意識をかすめとられてしまう。

贅沢なことに、この空間にスタッフ以外、わたしだけ。サラの世界に好きなだけひたっていることができる。写真を撮ったら、ずっと立ち続けているスタッフに、ご遠慮くださいと止められてしまった。しかたがないので、地下鉄からエルメスビルに入るところのポスターを。
c0155474_22562514.jpg

サラは1969年生まれ。ニューヨーク在住のアーティスト。http://www.sarahsze.com/の作品を見たら、どんなひとかわかるかな。

by sustena | 2008-02-28 22:57 | Art/Museum | Comments(0)


<< 池袋のバナー      サクラチル、サクラサク >>