いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 27日

TAKE AND GIVE ARTSギャラリー「隠花な被写体」ほか

六本木のT&G Artsギャラリーの前を通ったら、写真展をやっていたので、フラッと入った。若いお兄ちゃんが立ち働いていて、学生さんの写真展かしらーと、順に見ていく。

モノトーンなんだけど、色みは全体的に薄くて、かそけき感じ。
ひとりの女のひとが、どこかの滝の近くの温泉宿に行って、ヌードになる。思わせぶりな道行きってわけだけど、最初は、恋人でも脱がせたのだろうかと思ったんだけど、視点が全然恋人っぽくない。とーってもきれいな女のひとだから、たぶんモデルか何か。

それにしても、ヌードなのに、なんだかゼンゼン感じない。写真ももっと湿ってていいのに、乾いてるわけじゃないけど、やたら温度が低い感じ。へたっぴじゃん。

2階は、暗い照明の中で、ベッドでのヌード。隣の部屋では、撮影シーンをつないだムービーが、ポリシートを壁に伸ばして仕立てたスクリーンに映ってる。写真はモノトーンだったけど、ムービーは時折カラーがところどころ混じって、すぐモノに変わる。チープなスクリーンで、モノもちょっとざらついた感じで、しわになったところや光線でテカッてるぶん、まだこっちのほうが写真より味わいがあるんじゃないかなぁ。

でも、同じヌードでも、アラーキーのほうが、もっと被写体のぬくもりがあるよねぇ。どこがちがうのかなー、と思いながら1階に戻ると、あれ、なんでここに紀信がいるの? ドア横をよーく見たら、篠山紀信写真展であった。ひぇ~、巨匠の作品を、下手くそな学生の写真かと思っちゃった。あわわ、バチあたりなsustena。
c0155474_0453131.jpg

きれいなモデルさん、と思ったのは、女優の小島可奈子さんでしたー(ギャラリーにおいででした)。写真展初日で、レセプションがあったみたい。

近くの別のギャラリーでは、エイズをテーマに、写真とエッセー、メッセージが。こっちの写真は体温が感じられて好き。
c0155474_0462441.jpg


by sustena | 2008-01-27 00:53 | Art/Museum | Comments(0)


<< 新橋演舞場「雷神不動北山櫻」      「リスーピア」が超おもしろい! >>