いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 21日

国立西洋美術館「ムンク展」

土曜出勤の振替で、国立西洋美術館「ムンク展」を観てきた。
c0155474_0222826.jpg

ムンクといえば、「叫び」や「マドンナ」「不安」などが有名だけど、個々の作品をひとつずつ独立した作品として鑑賞するだけでなく、「全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画として」、ムンクの意図どおりに並べてみると、それぞれの作品が呼応しあい、響きあって観るものに迫ってくる。そんな新しい視点を提供してくれる作品展だ。

「生命のフリーズ」、「人魚/アクセルハイベルク邸の装飾」「リンデ・フリーズ/マックス・リンデ邸の装飾」「フレイア・フリーズ/フレイア・チョコレート工場の装飾」「ラインハルト・フリーズ/ベルリン小劇場の装飾」「オーラ/オスロ大学講堂の壁画」「労働者フリーズ/オスロ市庁舎のための壁画プロジェクト」の7つの章から構成されている。

「叫び」や「絶望」のフィヨルドの橋の欄干のバックのうねるような大気がつながっていること、絵画相互が生と死のシンフォニーを奏でていることがわかる。北欧の長い夜は、作家に独特の色合いを与えるのだろうか。(たとえば、ドイツ表現主義の作家のひとり、デンマークのエミール・ノルデの色合いなども)

思ったより混んでいないので、会場を見渡せるのもよかった。(なにしろ、最近の展覧会ののべつ混んでいることったら)。

お昼は、美術館内のレストランで。生牡蠣のスープパスタと、ノルウェーのビールを飲む。
c0155474_0364432.jpg


こどもたちが美術見学に来ていた。うらやましいな。
c0155474_0211427.jpg


by sustena | 2007-12-21 00:25 | Art/Museum | Comments(0)


<< パルコ劇場「THE BEAUT...      GRDIIふたたび >>