いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 15日

岩松了「死ぬまでの短い時間」

ベニサンピットで上演中の岩松了「死ぬまでの短い時間」を観に行く。

  作・演出 岩松了
  キャスト 北村一輝、秋山菜津子、田中圭、古澤裕介、内田慈

自殺志願の女を自殺の名所まで送り届けるタクシー運転手を北村が、自殺しようとして、崖っぷちに行き、思い止まってタクシー運転手のところに転がり込む女を秋山。この二人を中心に、タクシー運転手に憧れる青年、自殺した女、幽霊?になっちゃう自立できないストーカー男が登場。それぞれがビミョーに交錯する。

ストーリーを追うというより、岩松お得意のズレながら紡がれていく会話に引き込まれていくうちに、2時間が経ってしまった。
秋山菜津子はいつ観てもいい。でもこのひとが出てくるだけで空気が変わる。今年のベストに入る野田秀樹のBEEでも、秋山の存在がいかに大きかったか。

ベニサンピットには、両国から歩いた。本日は元禄市ということで、あちこちの店先で安売りが。大きな紙袋を持ったおばちゃんが、掘り出し物のチェックに余念がない。
ロクな写真ではないけど、証拠写真として2枚アップしておく。

c0155474_22283243.jpg
c0155474_22285245.jpg


by sustena | 2007-12-15 22:36 | Theatre/Cinema | Comments(0)


<< 標語・考      街頭の文字たち >>