いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 21日

高校生の撮った写真

新宿に出かけたついでに、epSITEとニコンへ。

epSITEでは、津田 隆志さんの「mirror / river」展。都市を流れる川(愛知県堀川)の水面に写った揺れ動く都市の姿。
私もたまに川にうつるアパートなどを撮ることがあるんだけど、枚数が揃うと、別の世界が立ち現れるのね、と思ったことだった。
c0155474_11085558.jpg
三井ビルからお次は新宿駅方面へ
c0155474_11100918.jpg
ニコンのギャラリー2では「日本大学藝術学部写真学科 気鋭学生写真展」、ギャラリー1では「第41回全国高等学校総合文化祭写真部門優秀作品展」をやってた。どちらも若い人の作品だが、特に高校生の作品・・・これは「みやぎ総文 2017」写真部門で各都道府県から優秀とp認められた計309点の中から、さらに優秀作が展示されているもの・・は、いかにも高校生らしい写真が揃っていて、スレてたり、コンセプトばかりが立ちすぎている感じがなくて、新鮮だったなぁ。
c0155474_11093240.jpg
新宿エルタワーの28階から。昨日は雨は小降り。明後日は台風襲来かな。
c0155474_11094046.jpg


by sustena | 2017-10-21 11:33 | Art/Museum | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2017-10-21 21:56 x
高校より、中学の方がたくさん撮ったかなぁ。
もっと厳密に言えば、中学二年から高校一年まではよく撮ったと思う。
プロの暗室を使わせてもらってたので。
撮らなくても焼いたもの、たくさんあったなぁ。
Commented by Cakeater at 2017-10-22 06:28 x
高校入学時にミノルタPを買って、3か月も撮ってまわったかなあ。でも、最初にヨット部に入って、すぐに水泳部に移ってすぐそばに水がいっぱいという環境だったから、カメラは持ち歩かなくなった。放課後はパンツ一丁だもん。水中カメラはニコノスしかなかったし、ハウジングがでてくるのはもっと後。でも最初から友人や先生や家族を撮ろうなんて気は全くなかったから、メモ道具だったんですね、今同様。だからストレートに友人たちを撮れる高校生中学生を見ると祝福したくなります。君は君の世界を撮れていると。
昨日雨の昼休みに新幹線基地からとなりの雑草だらけの貨物基地を撮ってたら他社のゲート警備の警備員から、電車すきですか?(背後の新幹線をなんで撮らないんだろうという顔)いや鉄道はすきだけど電車のいない線路がすきですねえ。(理解してはもらえなかったようで)
後で雨の中で一人延々とゲートに立ってる若いシャイな警備員を撮るチャンスだったのになあと思ったけど後の祭り。
朝一番に投票した後で、せっかく品川までの定期があるから、散歩に行ってみようかな。
Commented by sustena at 2017-10-23 15:14
iwamotoさんは紅顔の美少年だったころからガンガン撮ってらしたのね。自在なはずだなぁ。どんな写真を撮ってらしたのか、興味しんしん。
Commented by sustena at 2017-10-23 15:17
Cakeaterさんも、カメラ歴は長いのですね。昔からメモ代わりといっても、現像代にお金がかかったでしょ。その点デジタルはらくちんだけど、ただシャッターばかりを無駄に押しているのよね、私の場合。


<< こどもフェスティバル      上村修孝『昆虫の交尾は、味わい... >>