いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 22日

むぎや祭りに感動♪

2日目の女子テニス部の同期会は実に盛りだくさんのプログラムだった。

10:00集合 音川観光ぶどう園-「農家レストラン大門」でランチ-庄川温泉郷の温泉でのんびりー夕方 城端のむぎや祭へ

この日は台風が接近中で、天気予報では終日雨。
朝の段階では空はどんよりしているものの降ってはいない。どうにか持ってほしいと祈りながら、カッパをカバンに入れ、知人の車に乗せてもらい集合場所へ。

出発にちょっと手間取ったので、最初の訪問場所のぶどう園ではブドウを一房買ってみんなで食べただけ(それにしても、砺波でぶどうを栽培しているなんて、全然知らなかった)。

お昼は、砺波の伝統集落であるアズマダチと呼ばれる、古民家をリノベした農家レストランで伝承料理のランチ。
主なメニューは、ゆべす、よごし、丸山(がんもみたいなの)、いとこ煮、三色くずきり、干しずいきの白和え、大門素麺。丸山が具沢山で味がしみていておいしかった。
c0155474_10500539.jpg
砺波は散居村が有名で、小高い丘から見ると、すごくいいんだよ。地理で習ったけど、ちゃんと見たことがない。

c0155474_10501660.jpg
c0155474_10502648.jpg
昼食後、ちょっと雨がぱらついて、もはやこれまでかと思ったけれど、その後すぐにやんで、庄川温泉での露天風呂でまったり。

そしてメインイベントのむぎや祭へ。

毎年祭りをはしごしているという友人によると、いつもは駐車場がいっぱいで停める場所を探すのにも苦労するというが、台風襲来の予報で断念した人が多かったためか、どこもかなり空いている。

城端駅前での「街並み踊り」は中止だったが、そのほかの3会場では、地域ごとに子ども達から大人までが踊っていた。
麦屋節は、越中五箇山に落ちのびた平氏が都を偲んで唄い踊ったのが始まりとされ、農作業をする間も、敵に見つからないように笠で顔を隠したりしつつも、背筋を伸ばした凛とした踊りがなかなかすてき。

麦屋節の一節。
烏帽子狩衣ぬぎ打ちすてて今は越路の杣屋かな
心寂しや落ちゆく道は川の成る瀬と鹿の声

このほか、『お小夜節』『四つ竹節』『古代神』など、じっと聞いていると味わい深い歌詞で、どの踊り化は忘れたけど(古代神?)、手の指がバリ島や東南アジアの踊りみたいにしなっていて興味深かったな。
c0155474_10503749.jpg
c0155474_10505018.jpg
c0155474_10510089.jpg
c0155474_10511055.jpg
c0155474_10511802.jpg
c0155474_10514303.jpg
c0155474_10521618.jpg
トイレもこんなマーク

これは旧野村銀行を経営していた財閥の野村家の土蔵。
c0155474_10520634.jpg


善徳寺前では「むぎや踊り競演会」が行われていて、越中五箇山民謡保存会や越中五箇山麦屋節保存会、越中五箇山筑子唄保存会(こきりこね)なども加わって、プロフェッショナルなノドと踊りが披露された。
ここでも雨には降られることなく舞台を堪能できたのは、実にラッキーなことだった。
c0155474_10522385.jpg
c0155474_10523302.jpg
富山出身とはいえ、富山のお祭りは全然見たことがなかったので、大満足の夜だった。
松屋で食べたきのこ蕎麦、Aコープでゲットした、権次郎漬本店のかぶら寿し(ニシン入り)がとーってもおいしかった!


by sustena | 2017-09-22 10:45 | | Comments(8)
Commented by Cakeater at 2017-09-22 20:35 x
金沢のものだと加賀棒茶が好きですねえ。以前、クレジットカードがいっぱい詰まった財布を拾って、その中の住所に連絡したら、阿佐ヶ谷まで受け取りにきた女性からお礼だと送ってくれた棒茶が気に入って、見つけると必ず買ってます。もともとほうじ茶がすきだったから、浅く焙じてる甘さが気に入ったんですね。もっとも、最近はミント白湯がマイブームなんで、5月以来全然缶の蓋開けてませんが。haha
Commented by sustena at 2017-09-22 21:28
私も加賀棒茶は大のお気に入り。たまにMATSUYAに遠征してゲットしています。
Commented by iwamoto at 2017-09-22 22:34 x
充実した旅になったようで、嬉しいです。
「ゆべし」のことを「ゆべす」と言うの?
雰囲気だわぁ。
Commented by sustena at 2017-09-23 13:26
我が家では「ゆべす」ではなく、「べっこう」と言ってました。寒天に溶き卵と醤油を入れて固めたものです。
Commented by Cakeater at 2017-09-23 17:03 x
仙台のゆべしはクルミ入りだった。
自分で、寒天を固めるときには、フルヤのミントチョコを入れる、粉でも緑棒寒天でも。
煮魚を作るとたいてい煮汁が余るから、ごはんにかけるのを我慢して、ショウガの千切りいれて、寒天で固めますが、それ以外に醤油味の寒天はやったことないですねえ。
Commented by sustena at 2017-09-24 22:57
ゆべし、っていうと、ゆずを砂糖漬けにしたようなお菓子を連想してしまうけど、文化圏によって違うのね。
魚の煮汁の煮こごり系はとてもおいしいです。たっぷり生姜をきかせるのがポイントかも。
ミントチョコの寒天っていったいどんなお味か、興味津々。
Commented by Cakeater at 2017-09-25 06:59 x
これは柚餅子と言えないと思うけど、8割以上の蕎麦を湯がいた蕎麦湯をそのまま冷まして沈殿させてから、上澄みの大半を捨てて煮直し、寒天粉を加えて冷やして固める蕎麦ゼリーというか蕎麦豆腐もどきをよく作ります。せいぜい小鉢二杯分くらいなんで、翌朝でなくなってしまいます。起き抜けの目覚めの高速化に効果絶大です。haha
Commented by sustena at 2017-09-25 08:18
あ、それはすごくいいアイデア。家で蕎麦打ちをすると、相当濃い蕎麦湯ができるの。創作意欲がめちゃ湧いてきたぞ。新蕎麦をゲットしたらやってみよう!


<< 逃げ去るカワセミ      富山県美術館が楽しい! >>