いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 01日

会社を辞めました

月末付で32年間在職した会社をオサラバした。
有休を1ヶ月以上残して、どうせならもっと休んでおくんだったと思っても後の祭りであります。

書籍や資料を大慌てて着払いの宅配便4箱に詰め込みながらも、いろんなことが思い浮かぶ。

妊娠した時、勤務規定をすみずみまで読んでも、妻が出産した時という記述はあっても、本人の出産についての規定がないことに唖然とし、5年以上勤めた場合の病気休業規定が応用できるのではないかと上司と相談したのははるか昔のことで、その後、休日に打ち合わせがあって、やむなく会社にまだ2歳ぐらいの息子を連れてきて、やはり休日出勤していた、10数年後に社長になった年上の同僚に息子をあやしてもらったこともあったっけ。

金融や環境:CSR、その後生命科学系のwebとか、いろんなことに首を突っ込んで、まぁいずれもたいした仕事ができたわけではなかったけど、何冊か本にまとめることができたのは、それなりにうれしい。

一部の仕事は、会社を辞めた後も引き続き担当するから、悠々自適にはほど遠いけど、当面食っていけそうなので(そのままフリーランスで働くから、失業保険も年金ももらえないもはちと残念な気も)よしとするっきゃない。

リストラの嵐が吹き荒れ、自ら辞めていく人も多いので、歯が少しずつ抜け落ちていった櫛のように、なんだかわびしい社内で、ひっそりと社を去ることになるかしらんと思っていたのだけど、思いもかけず花束をもらった。

本日から新たなペースを作っていかないとね。
c0155474_16525718.jpg



by sustena | 2017-09-01 23:38 | つれづれ | Comments(6)
Commented by Cakeater at 2017-09-02 04:58 x
するてえと、まずは来年2月の確定申告が大変そうですねえ。haha
生活のリズムが変わることで体調管理が試行錯誤になるだろうから、くれぐれもお体を大切にしてください。
Commented by iwamoto at 2017-09-02 09:46 x
わたしからも、デッカイ花束を、気持ちだけですが送ります。
これからも、みんなの心の師として君臨頂きますよう、お願い申し上げます。
Commented by esiko at 2017-09-03 15:19 x
大変ご無沙汰しております。
お兄さんからお知えてもらい、ビックリして三途の川の途中から戻ってまいりました。
辞めるにはそれなりの理由が有ってのことなのでしょうが、アルバイト時代からですから、それはもう大変な感慨がおありの事と思います。
でも、引き続きフリーランスで継続されるとのこと、サステナさんのことですから、かえって無茶しそうで怖いです。
年金や健康保険など、これまでとは違って厳しい状況になりますが、どうぞ乗り切ってくださいませ。
あと、cakeaterさんの言われたように、これからは自分で確定申告しなければなりませんね。
慣れればなんちゅうこともありませんが、最初は大変かと思います。
紫の薔薇、綺麗ですね。

Commented by sustena at 2017-09-03 17:25
Cakeaterさん、退職金は出ないので確定申告はそんなにたいへんじゃないです。これまでも、副収入があったときにやってるし。でもめんどくさいことにはかわりはなくて、今年は、領収書は自然消滅したから、これまでの一般的な割合で経費を計算しましたって主張しようかな。
Commented by sustena at 2017-09-03 17:27
iwamotoさん、働くのはそこそこにして、これまでおろそかになっていたインプットに努めたいとは思っているんですが、相変わらずドタバタで、せめて運動不足にだけはならないようにとココロしております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by sustena at 2017-09-03 17:34
esikoさん、お久しぶりです! ずっと契約を1年更新で続けてきてたんですけど、派遣など5年以上勤務の場合に本人の希望があれば正社員にしなければならないという法律が制定されて就業規則が変わり、その法律制定の年から5年たち 正社員になるか、業務委託か、退社か、という三択のうち、私はトシなので正社員の道はなかったんですね。しかも、会社の業績が急降下していて、なるべく固定費をカットしたいと、どんどん社員の首を切っていて、やりたくもない仕事を押し付けられてはたまらないので失業保険で当分暮らそうかと思っていたんですけど、唯一、2009年から私が言い出しっぺで始めた仕事は続けることになったので、なんだか中途半端なんですけど、老後の予行演習としてはいいかもしれない。。。と、前向きにとらえることにしています。


<< 見世物小屋      わっ! >>