いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 16日

ユニバーサル・ネーチャー: 日本の現代美術家6名によるカレワラ展

神宮前のセゾンアートギャラリーで、「ユニバーサル・ネーチャー: 日本の現代美術家6名によるカレワラ展」と題した展覧会が開催中で、フィンランドの叙事詩カレワラと聞くとぜひにも行かなくちゃと、出かけてきた。

参加するのは淺井裕介、飯沼英樹、太田祐司、鴻池朋子、しりあがり寿、田中愛弓の6人。

鴻池朋子さんの作品は、いつもながら凍てつく大地とあらぶる獣の咆哮が聞こえてくるようですてきなのだけれど、しりあがり寿の映像インスタレーションがすこぶる面白かった。
カレワラの中に登場する1場面----幸福を紡ぎ出す「サンボ」が盗み出されたのに気づいたポポヨラの女主人・ロウヒの軍団が船に乗ってワイナモイネンを追いかける。ワイナモイネンが火口と火打ち石を投げつけると、ロウヒの舟は岩礁に 乗り上げてて砕けるが、なおもロウヒは巨大な怪鳥に姿を変えて、ポホヨラの兵士たちとともにワイナモイネンを襲うが、櫂で打たれて兵士たちは海に落ちてしまう。怪鳥は残った小指の爪でサンボをつかむが失敗。サンボは粉々になって湖に沈む・・・というストーリーのセリフとト書きが壁に映し出されて、文字のマンガを見ているよう。

とくに言葉がばらばらに落ちていって、それが集まって怪鳥の翼になって飛び立つ場面はぞくそくした。

カレワラのめくるめくような話にぴったりーと思ったことだった。

セゾンアートギャラリーはこんな感じ。引いて撮ろうとすると、電線がジャマなのだった。
c0155474_15063546.jpg
c0155474_15070601.jpg
お向かいは、シチリア産のオリーブオイルと食材の店。危険な場所だ・・・・
c0155474_15085808.jpg




by sustena | 2017-08-16 15:10 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2017-08-16 23:00 x
料理の最後に振りかけるための調味用オリーブオイルはBuon' Italia で買ってるんで、Cedric Casanova にぼられに行く気はありませぬ。haha ブオノイタリアは空になった瓶を持っていくと、ビン代がただになるから、二度目からはかなりコストパフォーマンスがいいけど、そんなサービスはしてくれなさそうだし。調理用は味の素のきゃのらー油70%オリーブオイル30%を使ってます。丸元さんの本より少し日和出してますね。hehe
Commented by sustena at 2017-08-17 11:30
私は生活クラブのギリシャ産のオリーブオイルを愛用してるんですが、オリーブオイルもうんと種類があって、味も違うことにはビックリします。量り売り的なのは良いですよね。


<< 単純な顔たち      東京藝術大学創立130周年記念... >>