いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 17日

国立新美術館「ジャコメッティ展」

c0155474_11142660.jpg国立新美術館のジャコメッティ展の招待券をいただいたので見てきた。

昔、ジャコメッティの彫刻のように、精神だけで生きてるようなカトンボみたいになりたいなーと夢想してたんだけど、今回まとまってジャコメッティの作品を見たら、もちろん細ーいんだけど、あっ、肉体だって思ったなー。

今回は、おおむね時系列にそって、初期から晩年まで作品約135点(彫刻50、絵画5、素描と版画80点)が並ぶ。
展覧会の構成は、1.初期・キュビスム・シュルレアリスム、2.小像、3.女性立像、4.群像、5.書物のための下絵、6.モデルを前にした制作、7.マーク家との交流、8.矢内原伊作、9.パリの街とアトリエ、10.犬と猫、11.スタンパ、ヴェネツィアの女、12.チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト、15.ジャコメッティと同時代の詩人たち、16.終わりなきパリ

初期のころの作品や素描などこれまで見たことがなかったので新鮮。キュビスムやアフリカやオセアニアの仮面などに影響を受けたこと、「見えるものを見えるままに」とモデルとの距離感や空間全体でのつかみかたに苦闘し、どんどん小さくなっていってほんの数センチの小さな人物像になってしまったり、複数の人物像を組み合わせて配置してみたり。

デッサンなどもものすごーーく時間をかけたんだそうだ。

圧巻は「ヴェネツィアの女」シリーズの9点 。つくる過程で、気に入ったプロポーションやかたちのものができると、その都度、弟に型をとらせていたんだって。
大きさも、フォルムも微妙に違う女たち、それぞれの姿に見入っちゃった。

チェース・マンハッタン銀行の依頼を受けて、ニューヨークの広場のために制作された《歩く男Ⅰ》《女性立像Ⅱ》《大きな頭部》が並んだ部屋は撮影OKだった。
このところ撮影できるところも増えたけれど、シャッター音はちょっとうるさいよね。スマホで撮る人が多いから仕方ないけど。
c0155474_16395797.jpg
c0155474_16400496.jpg
展覧会のあとは誓うの中華料理屋でランチ。この日は定食ではなく、エビとトマトと卵の冷麺と、ゴーヤと豚肉辛み炒温麺を頼み知人とシェア。
c0155474_16401049.jpg
c0155474_16401676.jpg



by sustena | 2017-07-17 17:34 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2017-07-17 21:43 x
撮影が自由ということとシャッター音を響かせることは違いますよね。
スマフォってサイレントモードが無いのですか。
先日、ムーミン谷で「わたしのスマフォでわたしを撮ってください」と、たぶん中国系のお嬢さんから頼まれました。 サイレントモードでした。
それとイチガンの音も興醒めですね。
大きなカメラを持つと傍若無人となるのかな〜。
未熟者ですと、宣伝してるようなものだわ。
Commented by sustena at 2017-07-18 22:43
iwamotoさん、スマホはケータイと同じで、盗撮を防ぐために音はやむを得ないのかと思っていたら、
消すことができるんですね。それだったら音なしでを条件にしてくれたらと思うけど、
フラッシュでさえ、どう発光禁止にできるのかわからないひともいっぱいいるので、難しいかも。


<< 荒木経惟「写狂老人A」      朝の公園 >>