いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 02日

どことなくキッチュな桐生

桐生市は名前しか知らない街だったのだが、今回初めて重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)のまちなみを中心に回った。

名物はひもかわうどん。きしめんを4本ぐらい並べたような幅の麺で(中にはもっと幅広のものもあるらしい)、きしめんのルーツである「芋川うどん」がなまって「ひもかわ」になったそうなんだけど、ホントかしらん。

今回立ち寄ったのは藤屋本店で、「カレーせいろひもかわ」を注文。カレー味だと、麺の味がちょっとわからなくなるキライはあるけれども、予想以上に麺がもっちりしていてマル。
c0155474_0194325.jpg

大正8年12月に建てられた桐生倶楽部。スパニッシュコロニアルふうのもので、現在も貸し会議室などに利用されているらしい。
c0155474_0291928.jpg

c0155474_0292884.jpg

利用規定の文字と内容が興味深かったんだけど、反射してちゃんと撮れなかったー
c0155474_0312250.jpg

旧北川織物工場のノコギリ屋根がチラッと見えた。桐生市には、ノコギリ屋根の工場などが多く、リノベして活用しているところも多いらしい。
c0155474_0324127.jpg

c0155474_0335815.jpg

有味噌や酒などの蔵が建ち並ぶ有鄰館の蔵は多目的スペースとして活用しているとのこと。
c0155474_036571.jpg

上毛電気鉄道上毛線の西桐生駅は、あたたかい感じのする駅だった。
c0155474_0365898.jpg
c0155474_0371039.jpg

c0155474_03726100.jpg

市の中心部は電柱の地下化が進められていて、道の両脇の建物に目が行きやすいんだけど、どことなくデザインが無意味に過剰な感じ。ここのエリアの工務店がこういうセンスを競い合っているんだろうか、とチラと思ったことだった。

by sustena | 2017-04-02 00:39 | まち散歩 | Comments(0)


<< アクロバティックなヒヨドリ      大川美術館でゆったり >>