いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 02日

大川美術館でゆったり

抱えていた単行本の編集と、コンペがすんで─コンペは120点中、0.2点差で2位となりトホホだったが─このところのメチャ忙しい毎日が、ちょっと一段落したので、知人が桐生市に連れていってくれた。

あちこちを見たんだけど、ヨカッタのが大川美術館である。

この美術館は、桐生市出身でダイエーの副社長、限マルエツの社長をつとめた大川栄二が約40年にわたって収集した日本近代洋画を中心に、国内外の作家の約6,500点ものコレクションを展示する。開館は1989年で、市内を見下ろす水道山の中腹に建つ。

とくに、松本竣介と野田英夫の作品と、二人を軸にして彼らと人間的なつながりのあった靉光や国吉康雄、舟越保武、脇田和といった画家の作品が充実しているのが特徴で、日本の抽象画の嚆矢というべき難波田龍起と二人の子供の作品群もユニークという。

5階建で、階段を下りながら小さい展示室を少しずつたどっていく形で、ソファもあちこちに配置されてとてもゆったり絵を楽しむことができる。

ちょうど4月1 日からの展示替えのためにいくつか見られない部屋があるとのことで、作品の絵ハガキを3枚選ぶことができた。

見終わったあと、ティールームでコーヒーとさくらモンブランをいただく。
c0155474_23554949.jpg

ティールームからの眺め。まだ花の季節にはちょっと早かったけど、鳥の鳴き声が聞こえて気持ちいいー。
c0155474_23593418.jpg

c0155474_23584695.jpg

仮面が並んでいる部屋は、まるで我が家の玄関の壁みたい。もちろん、この美術館のコレクションははるかに充実してるんだけど。いくつか同じようなのがあったなー。
c0155474_00394.jpg

美術館前の通りから下を見下ろす。
c0155474_023421.jpg


by sustena | 2017-04-02 00:02 | Art/Museum | Comments(0)


<< どことなくキッチュな桐生      濃厚蕎麦湯が好き >>