2017年 01月 15日

すみだ北斎美術館「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」

昨年11月にオープンした、すみだ北斎美術館の開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」が15日でオシマイというので、妹島和世の建築見たさもあって出かけたのだが、めちゃくちゃ混んでいて、ゲンナリしてしまった。

外観はそれなりにカッコイイのだけれど、いかんせん、狭くって、展示会場に行くのに小さなエレベーター2台しかないし、会場の照明は暗い。タッチパネルモニタがあちこちにあるのはいいんだけど、そのせいで導線も悪くなってるしー。外国の入場者も多いだろうに、外国語対応もオソマツ。もっとも、混んでいるのは最初だけかもしれないので、悪しざまにいうほどじゃあないのかもしれないけれど。

というわけで、ほとんど、サーッと通りすぎたといいましょうか、押し合いへし合いしている人の間から、ちょこっと顔を出して、どんな作品が出ているかをチェックしただけで終わってしまった感じなのだが、それでも70歳を過ぎてからの、多彩さ自在さ。また、白黒写真をもとに推定復元した、「須佐之男命厄神退治之図」の復元のプロセス、100年余り行方知れずとなっていて、今回の開館にあわせて里帰りした「隅田川両岸景色図巻」ののびやかさはよかったなぁ。
c0155474_22464349.jpg
c0155474_22465287.jpg
c0155474_2247019.jpg

c0155474_22533223.jpg
c0155474_22473440.jpg

これが「須佐之男命厄神退治之図」
c0155474_22474870.jpg

北斎アトリエの再現模型、ちょっとだけ動くんだよ。
c0155474_22484873.jpg

両国駅東口から徒歩7分ぐらい。ガード下の絵は、なんとなく昭和。
c0155474_22501047.jpg
c0155474_22502220.jpg
c0155474_22503156.jpg
c0155474_22504551.jpg


by sustena | 2017-01-15 22:51 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by iwamoto at 2017-01-17 17:34 x
そうでしたか、それは残念。
最初の写真はミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリングかと思いました〜。
Commented by sustena at 2017-01-22 23:48
iwamotoさん、半年ぐらい経てばすいてると思いますー(甘いかな) 。知人は公園の敷地をめいっぱい使えばよかったのに、と言うんだけど、地元の人にとっては、大事な公園がなくなるのは困るということで、妥協の産物なんじゃないかなーと思いました。


<< スイーツがんもに興味津々      歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」昼の部 >>