いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 04日

2016に出かけたところ

2017年の手帳に、去年の12月にクレジットで購入した金額などを転記ついでにパラパラながめて、けっこうあちこち出かけたなぁ・・・とシミジミしたので、ここに書き写しておく(★はプライベート、あとは出張)

1月10日-22日 エチオピア★
2月23・24日 神戸・姫路
3月29・30日 金沢
4月18・19日 京都
4月22日 筑波
5月19-21日 愛媛★
5月23・24日 室蘭
6月9日 仙台
6月29・30日 大阪・京都★
7月25-26日 大阪
7月28・29日 熊本
8月2・3日 京都
9月9日 三島
9月23日-10月1日 スペイン&フランスバスク地方★
10月12・13日 高松・大阪
10月15・16日 高松
11月8日 栃木
11月16・17日 札幌・旭川
11月28日 名古屋
12月2・3日 京都★
12月9日 名古屋

このうち愛媛は、旧知の編集者・ライターとめぐったもので、大人の修学旅行と称して、年に1回、テーマを決めてあちこち出かけてる。きょうハードディスクにこのときの写真をコピーしようと思って、見当たらないのでアセッたら、なんのことはない、別フォルダに入れていたのを発見したんだけど、このところ写真を撮りっぱーにしてるので、今年からは心を入れ換えて、ちゃんとセレクトしてフォトブック印刷をするか、プリントアウトしないと、片っ端から忘れちゃうよなーと思ったことだった。

写真は、大人の修学旅行の一人から、昨年暮れにいただいたおせんべい。
あたしゃ太宰は生理的にキライなんだけど、現実にこんな人が頼りなさげに寄ってきたら、ああもうッ!て感じて助けちゃうかもしれない。この似顔からして、実に困った感じの人たらしの顔である。
c0155474_21494479.jpg


by sustena | 2017-01-04 21:52 | つれづれ | Comments(12)
Commented by Cakeater at 2017-01-05 07:22 x
うん、太宰のイメージってこんな風に固まってますよねえ。三島とか太宰の写真顔って好きじゃあないんですが。もろそれですねえ。haha
天沼に引っ越してきて、いろいろと太宰のことに触れる機会が増えて、調べるとなんかムズムズするんですね。
汗臭き男来てなにやらわけのわからぬことを言い
というグタグタの57577なんか覚えてるもんで、この菓子のコピーなんか見ると、太宰が生きてたら、なにやらわけのわからぬものにされって言うだろうなあとおもいます。ほんと如何物だなあ。haha
Commented by iwamoto at 2017-01-05 19:17 x
わたしなら、旅疲れで死んでると思います。
これほどのインプットをどんな形で外に出すのでしょう。
お役に立てそうなことがあれば、何でもご相談ください。
みんな、手伝ってくれると思いますよ。
Commented by esiko1837 at 2017-01-06 20:36
いつも行動的で驚かされっぱなしのサステナさんですが、昨年はそれが顕著でしたね。
ご自分の人生ですから自由ですが、でも段々に若くはなくなってきてるはずですから、どうぞ少しは休みながらご活躍ください。
老婆心かもしれませんが、どうぞご自愛を。


太宰治の生家の斜陽館には3回(多分)行きましたが、本当に裕福な家で育ったんだなあという印象です。
あの時代の津軽では、ほかにああいう暮らしをした家は無かったのでは。
暮らしのために働くということがないと、ああいう作品が書けるのでしょうか。
と、タダのお婆さんは思いました。
お坊ちゃまが、
Commented by Cakeater at 2017-01-06 22:22 x
業務連絡、
翡翠撮りましたよ。もうちょっと早く撮れてれば年賀状にしたのに。haha
善福寺池よりも和田堀の方が近いところに止まるように役所とカワセミオタたちが仕掛けてあるみたいです。二羽いて、追いかけっこをしてるところはまるで猫みたいです。
Commented by sustena at 2017-01-07 22:08
Cakeaterさん、エビゲットの写真すごいー。和田堀にもいるのですね。本日も公園にいました。今まで最高で3羽いるところを見たことがあるんですが、彼らは夜など、いつもどこにいるんだろう?
Commented by sustena at 2017-01-07 22:10
iwamotoさん、ほとんどが出張で、大学d j を往復してるほかに時間があると、ちょっとそのへんをぶらついているぐらいなのでインプットってわけでは・・・・(汗)
Commented by sustena at 2017-01-07 22:14
esikoさん、せっせと出張するのも今年ぐらいでオシマイかな・・・などとは思ってます。青森はこれまで3回ぐらいしか行ってなくて、斜陽館もウワサとesikoさんの写真ぐらい。家にはちょっとだけ興味があるけど、作品は苦手です。
Commented by sustena at 2017-01-07 22:18
Cakeaterさん、三島もねー。自意識のカタマリみたいで。近代能楽集は、鼻につくけど、芝居自体はけっこう好きなんですが。アッ、 太宰のグッドバイをもとにしたケラの芝居はおもしろかったー
Commented by Cakeater at 2017-01-07 22:49 x
まあ、反対側に首ふってくれれば、きれいに目も映るのに、もしくはあんなに天気が良くなければ・・・・10枚ほど撮ってからは、観察に徹してたんですが、枝に止まってるところからダイブしても、すぐにほとんど同じところに戻ってくるから、カメラを一緒に下に振らないほうがいいんですね。それととまる位置が少しずつずれるのは、枝の濡れ方でわかりました。
撮ってる大長玉のカワセミ専科の人たちって遠くで飛んでるものとか、遠くの枝なんかは最初から狙わないんですね。ひたすら一点重視。だもんで、見つけるのは僕の方が速かったです。で、カメラも即応してくれる。ちらり、パチリとやってると、まわりが、おお、あいつはクロや、チビはおお、来た来たで(大阪人もまじってたようです)ちゃんと識別してるんですね。
で、900gを振り回しすぎて、今日は右肩痛。2時間半歩いて、1時間半撮影してたせいか、お尻から脚にかけて筋肉通です。haha.
アトリはいっぱいいましたが、35年バードウオッチングしてるという老人はキンクロハジロを撮りながら、今日は少しどこかに行ってるな、昨日は50羽以上いたぞ、と言ってました。2時間半の間に花鶏は17羽見ました。あと、とれたのは、アカハラ、ツグミ、ムクドリ、ヒヨドリ、キンクロハジロにマガモとコサギとゴイサギ、それとメジロでした。前日アップのアトリとはまた別の表情のアトリも撮れたからいい日でしたね。
Commented by sustena at 2017-01-07 23:02
Cakeater さん、和田堀は長玉のひとがいっぱい集うところなのね。そのなかで、900gが大健闘で、そんなに長時間支えていたら、そりゃ疲れますよー。
関係ないけど、ウグイスって、地鳴きや、きれいに歌ってる声は聞くのに、姿がなかなかキャッチできませんー。
Commented by Cakeater at 2017-01-08 10:15 x
紅梅の早咲きは金曜日に見たけど鶯はまだ聞こえませんでしたね。でも、あれは見かけはシャビイですよ。それに近くに来ないから、今まで撮れませんでしたが、今年は、撮ってやろうという兜首です。
Commented by sustena at 2017-01-08 21:32
たまに、チャッチャッと、葦原の奥で啼いてるのがそうかなーとおもうんだけど、とにかlく姿が見えないので、くやしい


<< 新橋演舞場 壽新春大歌舞伎「雙...      中島京子『彼女に関する十二章』 >>