いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 11月 27日

てんてこまい

なんとまぁ、1か月以上、ごぶさたしてしまった。仕事とプライベートと、両方ドタバタだったのだ。

11月は近くの公園と西荻窪とを結ぶ現代アート展の事務局をやっていて、そこに仲間たちと芝居を出して3日間、公演をした。

とんなストーリーかというと・・・・・
ジェット光線の設計図(上)を持ったマサエは行方不明に。マサエの行方を黄金バットが探していると、黄金バットの背景をずっとやってきていて、未来も予言できるというナゾの男があらわれる。その男の予言によると、バットは生まれ変わってお姫さまに。そのお姫さまが龍に食べられようとするそのとき、王子様に生まれかわったマサエがあらわれるという。
ナゾの男とともにこうもり国に向かうバットを待ち受けていた運命とは?
----------------------------------------------------
ナレーションとともに、登場するのは男国 田柳博士。昔 善福寺池には龍がすんでいたという来歴を述べる。カワウソが巨大になったのだという。
c0155474_23541310.jpg

バットとともに、ナゾの男が登場。
c0155474_2354456.jpg

バットはナゾの男とともにこうもり国へ。そこにはヒンポンパンの3大臣が。
c0155474_2355246.jpg

大臣が語るには、この国は龍の横暴に苦しめられていて、龍の怒りをやわらげるため、毎日一人ずつ美しい女をイケニエとして差し出しているが、もうコウモリ姫さましか残っていないのだという。
コウモリ姫を呼ぶと「お待たせー」と出てきたのは・・
c0155474_23555367.jpg

コウモリ姫さまではなく、おつきの浮舟であった。もう一度コウモリ姫を呼んでイケニエ台へといざなう。
c0155474_23563936.jpg

泣き崩れていた姫が顔をあげると・・・・
c0155474_23572057.jpg

遠くから龍の叫び声が聞こえる。キャーッ。と、そのとき、遠くから、風の翼に乗って、王子が登場。
c0155474_23581646.jpg

「美しい姫、ぼくが来たからにはもう安心ですよ」「まぁ、頼もしいお言葉」
c0155474_23584192.jpg

「闇の支配者、龍よ!
眠ったら龍に食べられてしまうから、僕たちは眠らない、この国では夜明けまで誰も寝てはならぬ」と宣言する王子。
c0155474_2359961.jpg

そこにナゾの男があらわれて、「誰も寝てはならぬ」を歌う。
c0155474_23593879.jpg

実は大悪人ナゾーであった。
c0155474_002192.jpg

まあ、美しい姫をだましたのね!
c0155474_23595839.jpg

ふふ、お前たち、あの龍はこのナゾーがあやつっていたのだよ。まとめて設計図を奪う作戦だったのだ。いでよ、龍よ!
c0155474_012743.jpg

ジャーン!巨大龍の出現。
c0155474_015888.jpg

龍と戦う王子。
c0155474_031031.jpg

c0155474_033454.jpg

ナゾーのいうことを聞け、とナゾーが叫ぶと、龍は一転、ナゾーをのみこんでしまう。
c0155474_041263.jpg

帰っていく龍。マサエと再会し、平和が戻ってメデタシメデタシ。
c0155474_045012.jpg

c0155474_0525.jpg


動画は25分と長いので、前編後編に分けました。お時間があれば、どうぞ。
前半

後半


by sustena | 2016-11-27 23:49 | つれづれ | Comments(4)
Commented by esiko1837 at 2016-11-28 20:39
まあこの長い空白・・・・マジで心配になってきていました。
健康を過信して無理し過ぎたのではないかと。
でも、サステナさんは超人だったようです。
来年の公演は、「超人サステナの不死身の活躍」なんてのはどうでしょうか。

この公演の面々の心躍る様子が伝わってきます。
一つのことをみんなで成し遂げる達成感が、ますます絆を強めるのでしょうね。
それにしてもこんな大きな龍は誰がどうやって作ったのかと、シロートは驚くばかりです。
ストーリーや脚本も得意なメンバーがいるのでしょうね。
皆様、どうもご苦労様でした。
いつも思いますが、都会なのに地域力が強くて、おみそれするばかりです。
Commented by sustena at 2016-11-28 22:54
esikoさん、最初はねぶたみたいにつくれないかと、針金なんぞを買ったのですがフォルムを作るのが難しく、素人は出来合いのものを使うしかないと、私が傘を使う方式を提案。デカイものを保管するのはタイヘンと、その都度組み立てる方式にし、布をかぶせることに。みんなで知恵を出すのは楽しかったです。土日はこの作業で潰れ、イベントのホームページや看板を作り、仕事も立て込んで。。。。って具合で。今日は名古屋でした。いっぱい写真が溜まってる。。
Commented by Cakeater at 2016-12-02 03:21 x
カサカサヘビに飲み込まれる敵役って落ちが笑えますねえ。プログラムミスしてるんだ、きっと。来年は、段ボール箱の芋虫でも登場させて、飲まれたりして。
最後に爺様が犬二頭と横切るのがエンドマークってのもよいなあ。
Commented by sustena at 2016-12-04 23:58
Cakeaterさん、見てくださったんですか! ありがとうございます!! よくこごつでバカバカしいものを・・って言われて、ほめ言葉と信じて精進しております。


<< ビリヤード場での3つの公演      塩江のシシ鍋 >>