いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 17日

塩江のシシ鍋

というわけで、昨晩の最終便で高松から戻り。代休はしばらく取れそうもないので、そのまま出勤したsustenaです。

塩江で泊まったのは魚虎旅館。その日の昼に電話に泊まれるか聞いて、ナベならできます。シシ鍋か寄せ鍋か鳥鍋、と言われて、ありつけるだけ御の字と思ってシシ鍋にした話はお伝えした通り。

そのシシ鍋とは、じゃーん!これです。これで二人前。
c0155474_16593020.jpg

そのほか、ズイキと青柳の含め煮や、ポテトサラダや刺身、それと鮎の塩焼きが出た。
c0155474_170553.jpg

一緒に行ったライターがノンべだったので、ビール大瓶のほか、お酒を冷で9合も飲んじゃった。

さて、翌日は8時にチェックアウト。
このあたりは、飛び出しを防ぐためか? こんなふうに行儀のよい足跡が各家の前やバス停の前など、あちこちに描いてある。
c0155474_1732045.jpg

宿を出たところで、ここでもネコちゃんを発見。
c0155474_1734441.jpg

c0155474_1735435.jpg
c0155474_174656.jpg

宿から見下ろした向かいのお店にもあったけど、通りのあちこちに、等身大の人形がある。
宿のひとに聞いたら、「限界集落で寂しいから、少しでもにぎやかなように置いてある。うちのはネコがぐちゃぐちゃにしてしまった。胴体は新聞で、顔だけ綿が入っていて、簡単につくれる」とのこと。限界集落のにぎわいのためって・・・・、
c0155474_17621100.jpg

行基が来たとかで、近くに行基の湯もあった。
c0155474_1765990.jpg

c0155474_1794952.jpg

奥塩江方面へずんずん歩く。コミュニティバスもあるんだけど、本数が少ないし、5kmぐらいの距離だから、どんな場所かちゃんと見たいし、何より昨晩食べ過ぎたので、ちょっと運動せねばと歩いたのだけど、遠かったなー
c0155474_17112922.jpg

途中にあった小学校、創業100周年の碑がたっていた。それが10年ぐらい前のものだったかな。歴史はあるのだ。

今回は廃校になった保育所裏手の川でマイクロ水力発電の環境学習。
昼は水車で皮をむいたサトイモがたんと入った芋煮汁がふるまわれた。
c0155474_17221832.jpg

c0155474_17142846.jpg

うどんを入れたのをおかわりしちゃた。またも食べ過ぎ。

おみやげは道の駅で買ったそば粉と新鮮な垢トウガラシ、空港でオリーブ漬け。

by sustena | 2016-10-17 17:16 | | Comments(4)
Commented by iwamoto at 2016-10-17 22:00 x
シシ鍋の調理法が全くわからないんですけど。
Commented by esiko1837 at 2016-10-21 20:41
四国は一回も行ったことがないので、興味津々です。
イノシシは岩手にいるのかな・・美味しいという噂は聞いたことがあるけど
食べたことはありません。
臭みはゴボウが消してくれるのでしょうか。
味噌味ですか?
Commented by sustena at 2016-10-25 22:39
iwamotoさん、コメントありがとうございmっす。お返事が遅れて申し訳ありません。。。もろもろグチャグチャで半分死んでます。
シシ鍋はわずかに味噌風味のダシでした。
Commented by sustena at 2016-10-25 22:45
esikoさん、いのししは罠などにかかってジタバタしたりすると血が全身に回って不味くなるらしいです。
以前クマ汁をいただいた時もやわらかくて臭みがなくてビックリしました。
まあクマさんは木の実などが好物だからさもあらん、イノシシもおいしいタケノコとかユリ根などが好きだからグルメかも。
先日友人にもらったイノシシは硬かったけれど味はよかったです。ゴボウとじっくり煮たらやわらかくて美味しかったそうなので、 何事も調理次第なのかな。


<< てんてこまい      塩江にいます >>