いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 07日

「椿会展2016 -初心-」

昨日、銀座の資生堂ギャラリーで開催中の「椿会展2016 -初心-」を見てきた。

赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子にダンサーの島地保武が加わった6人の作品が並んでる。
c0155474_1635620.jpg


畠山直哉さんの写真は、文化庁文化交流使として訪れたメキシコで撮影した6点。ギッシリと並んだ家々、その密度に圧倒されちゃう。内藤礼の「color beginning」と題した絵画のシリーズは、うーん、ほとんど白いぞー。おなじみのひとシリーズも。青木陵子さんの布にアクリル絵の具で描いた作品はふんわりした色がきれい。
c0155474_16383075.jpg

ギャラリーにおりていく途中の踊り場にある、島地さんの《壁を移動する影を毛で植える》には笑った。素材は、つけまつげ。
c0155474_16354316.jpg

c0155474_16361097.jpg

同じく島地さんの《震える影を床に落とす》
c0155474_16394553.jpg

2014年になくなった、赤瀬川の「編集地下室」のための挿絵には、ちょっとじーん・・・。
c0155474_16362382.jpg

c0155474_16363981.jpg

銀座周辺で行った昆虫採集などをもとにした伊藤存のアニメーション《みえるいきもの(銀座)》
c0155474_16381197.jpg

これは展覧会とは関係ないんだけど、資生堂ビルの壁龕に飾ってあった小品
c0155474_16424438.jpg


by sustena | 2016-05-07 16:42 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2016-05-08 00:01 x
4枚目、右の「タグ」にウインドウの上端を合わせて見ると、たしかに瞼を閉じた目に見える。haha
Commented by sustena at 2016-05-08 11:34
つけまつげって、近くでマジマジと見たことがなく、かなりビッシリ長いのでオドロキました。


<< 今度はカルガモのヒナ♪      網戸の張り替え >>