いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 03月 20日

ヘイトフル・エイト

c0155474_1783822.jpgそうそう、3週間ほど前に観たクエンティン・タランティーノの西部劇仕立ての密室劇『ヘイトフル・エイト』も、いかにものタランティーノ節で、緊迫感いっぱい、楽しめた。

北軍の騎兵隊として戦い、リンカーンから手紙をもらったことが自慢の賞金稼ぎのマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、吹きすさぶ雪のせいで馬をやられ、同じく賞金稼ぎでハングマンと呼ばれるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕まえた重罪犯のデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗することになる。途中でレッドロックの新任保安官というふれこみのクリス(ウォルトン・ゴギンズ)が加わり、温かいコーヒーや食事にありつけるミニーの紳士洋品店で猛吹雪がおさまるのを待つことにする。しかし、ミニーはおらず、メキシコ人の店番や絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)、かつてマーキスが戦った南軍の将軍サンディ・スミザース(ブルース・ダーン)など、一風かわった客がいる。
8人がお互いの腹を探りながら過ごすうち、殺人事件が起きる・・・・・
いったい殺人犯は誰なのか、その狙いは?

70mmフィルムで撮られた映像が濃密。雪の平原を馬が行くシーンなどカッコイイー
何度も殴られるジェニファー・ジェイソン・リー演じる女囚人がタフで、超痛そう。
スカッとする映画とはちょっと違うけど、とにかく映像から目が離せない

THE HATEFUL EIGHT
製作年/国2015年/米
時間168分

監督クエンティン・タランティーノ
美術監督 種田陽平
音楽 エンニオ・モリコーネ

マーキス・ウォーレン・・・サミュエル・L・ジャクソン
ジョン・ルース・・・・・・・・・カート・ラッセル
デイジー・ドメルグ・・・・・・ジェニファー・ジェイソン・リー
クリス・マニックス・・・・・・ウォルトン・ゴギンズ
ボブ・・・・・・・・・・・・・・・・・デミアン・ビチル
オズワルド・モブレー・・・・ティム・ロス
ジョー・ゲージ・・・・・・・・・・マイケル・マドセン
サンディ・スミザーズ・・・・・・ブルース・ダーン

c0155474_17103391.jpg


by sustena | 2016-03-20 23:23 | Theatre/Cinema | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2016-03-26 00:16 x
白木蓮の巨木が飛鳥山にあるようです。間近には見てませんが、王子駅南口(ほとんど裏口です)から飛鳥山に渡る跨線橋から見ますと、ちょっと例のない大きさと景色です。桜の前なんで特に目立ちます。
と思ったら、この写真の花はコブシですね。
とすると飛鳥山のもコブシかな。やっぱり近くに行ってよく見てみよう。haha
Commented by sustena at 2016-03-27 15:48
飛鳥山に白モクレンの巨木!見てみたいなぁ。いまはサクラの花盛りで、もう時期は過ぎちゃっただろうから、来年覚えておかないと・・・。


<< アフロヘアの天使&キリスト──...      山田洋次「家族はつらいよ」 >>