いつもココロに?マーク

sustena.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 22日

シャルル・フレジェ展「YÔKAÏNOSHIMA」

銀座メゾンエルメス フォーラムで、3日前からフランスの写真家、シャルル・フレジェの展覧会「YÔKAÏNOSHIMA」が開かれている。

シャルル・フレジェは、1975年、フランス、ブルージュ生まれ。世界各地の民族衣装や儀式、祭礼のためのコスチュームなどをシリーズで撮影している写真家で、 ヨーロッパ各地の伝統的な祝祭の儀式に登場する「獣人(WILDERMANN)」シリーズや、ブルターニュ地方のレースの頭飾りをつけた女性たちを撮影した『BRETONNES(ブルトンヌ)』シリーズが有名。※ちなみに、「BRETONNES」の写真も恵比寿のMEMで開催中。


今回の展覧会では、フレジェは沖縄や鹿児島、福岡、愛媛、佐渡、宮城、岩手など日本列島58ヶ所を取材し、その地の仮面や祭りで登場する獣や神、鬼たちの姿を、彼らが生まれた森や海などを背景に撮影。日本の多様で豊穣な精神を浮かび上がらせる。

会場構成を担当したのは、松島潤平建築設計事務所を主宰する1979年生まれの松島さんだ(育良保育園などが有名)。
起伏の多い日本のランドスケープをなぞって、「農耕」「島」「海」「洞窟」などのシーンで展示を構成。観賞する私たちは、両脇にグレーのウレタンフォームの法面と、写真が並ぶ坂道をのぼり、回遊しながら、日本の各地を旅していく。

会場奥の部屋では、「Winter」をテーマに。壁面にずらりと、ナマハゲをはじめ日本各地の歳神さま、もう片面には、ヨーロッパのワイルドマンが並ぶ。毛でおおわれたクマなど、日本と欧州で似ているものがいくつもあるのはとても興味深い。

カラフルな色合い、神々や動物のひょうきんな表情、あるいは、ダイナミックな造形など、どれもおもしろかった!
c0155474_1403897.jpg


by sustena | 2016-02-22 14:00 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by higphotos at 2016-02-23 23:38
良い写真だなぁ
非常にあっさりした感じが新鮮です
自分だと折角の海だからと青々と撮りに行きそう
貧乏性丸出しです
Commented by sustena at 2016-03-06 23:50
higphotosさん、どの写真も軽やかですてきでした。仮面などもおどろおどろしくなくて、天性のものですね、きっと。


<< シャネル・ピグマリオン・デイズ...      エチオピアの国民食・インジェラ... >>