2015年 12月 22日

ESPACE KUU 空「二人展 -東京 交差するふたりの視点-」

大正大学の5号館にあるギャラリーESPACE KUU 空で、大西みつぐ&ジェレミー・ステラの写真展「二人展 -東京 交差するふたりの視点-」が開催されていて、今週でオシマイというので西巣鴨に遠征した。

大西みつぐさんは、1952年東京深川生まれ。1993年「遠い夏」などで第18回木村伊兵衛写真賞受賞。1970年代から東京の下町を拠点として撮影活動を続けているひと。一方のジェレミー・ステラさんは、 1979 年フランス生まれ。旅を通して写真で表現するおもしろさを発見し、「彷徨写真」というジャンルに出会ったという。2005年に来日し、高層ビルと無秩序でアメーバーみたいな低層の家が同居する風景に魅せられて、現在東京在住。今回は、ゴタゴタした家々のならびに、建築設計事務所などのクールな建物が突然出現している風景を、そこを通りすぎる人の姿とともにとらえてる。
ジェレミー・ステラさんの写真は、東京画というサイトの彼のページを見るといい。(東京画のサイトは他の写真家のものもおもしろいですー)
c0155474_039997.jpg

ところで大正大学には初めて出かけたのだが、5号館の隣には「すがも鴨台観音堂」、別名「鴨台さざえ堂があるのだった。さざえ堂とある通り、会津のさざえ堂と同様、二重螺旋構造で、上りの階段には17文字の梵字が、下り階段には千住博の色鮮やかな色滝が飾られていて、なかなか今風でハデ。撮影は禁止だったので、 外観のみ記念にぱちり。
c0155474_039198.jpg

これは何のマークなのかなー。顔みたいとよく観たら、おお、鴨台という文字をアレンジしていたのね。
c0155474_0394789.jpg

さざえ堂の敷地には、合格祈願の巨大な「オクト(置くと)パス」君が。
c0155474_0432369.jpg

帰り道。初めてのところなので興味津々。西巣鴨はどこか中国の四川あたりの雰囲気が・・・。
c0155474_045266.jpg

c0155474_0453775.jpg
c0155474_0454529.jpg

都営地下鉄西巣鴨駅近くの藤鮨というお店でランチのチラシを食べたんだけど、ネタが新鮮でびっくり。

by sustena | 2015-12-22 00:48 | Art/Museum | Comments(2)
Commented by Cakeater at 2015-12-22 22:05 x
このあたり、けっこう歩いているし、その都度、写真を撮ってるのだが、なんかブログにアップしない土地です。あんまりほかの人の西巣鴨あたりの写真をアップしてないから、奇妙に新鮮です。haha
Commented by sustena at 2015-12-23 10:15
巣鴨を撮ってる人は多いと思うけど、ちょっと離れているからかしらん。小学校から見る風景もおもしろかったです。次回、広川泰士さんの写真展があるときに、もっとちゃんと歩いてみるつもり。


<< 仙台光のページェント      武蔵五日市でミニ山登り >>