2015年 12月 12日

石川直樹写真展「K2」

c0155474_1141770.jpg銀座のシャネル・ネクサスホールで、石川直樹がK2にチャレンジした際の写真展を開催していた。

石川直樹は、2001年、23歳でエベレストに登頂し、2011年には別ルートから二度目の登頂を果たす。その後も中判フィルムカメラを持ち、ヒマラヤの高峰に挑み、その写真を発表しているのだが、2015年夏、シャネルにスポンサードしてもらい、K2に遠征したのだ。

K2は高さ8611メートル、世界第二位の高さで、パキスタン、中国、インドと国境を接するカラコルム山脈の奥地にある独立峰、くるくると変わる気候から、危険きわまりない難峰とされる。

今回は2か月間に及ぶ遠征で、入念な準備をへて頂上をめざすも、天候に恵まれず登頂は果たせなかった。

しかし、氷に閉ざされた山、その写真の美しく気高いこと、厳しさに、圧倒されてしまった。(ことにビデオがすごいー)

何が石川さんをこんなに突き動かしてるんだろう。

それと、写真展を条件に、遠征費をスポンサードするシャネルも太っ腹。気高さ、孤高の高みへのチャレンジが企業精神とシンクロしているからだろうか。

http://www.straightree.com/


写真はシャネルのショーウィンドウ
c0155474_18233445.jpg


by sustena | 2015-12-12 18:10 | Art/Museum | Comments(0)


<< 手帳      楽しい足跡 >>