2015年 10月 17日

小籠包好き

お昼にふらふらと歩いていて、ふと小籠包の文字が目に入ったので入る。なぜかしらないけど、小籠包という3文字に弱いのだ。アツアツで、じゅわっと汁が口の中に広がる感じがタマラナイのですね。「パラダイスダイナシティ」という、なんだか、ゴージャスな名前のお店であります。

あっ、高麗人参やフォアグラ、チーズ、黒トリュフ、ガーリック、蟹の卵、麻辣、それとオリジナルの8色の小籠包で有名なところだとメニューを見て気づいたけど、フトコロが寂しかったので、オリジナル小籠包3個のついたランチセットにする。このほか、スープ、メイン、ミニデザートで税込み1070円也。

期待の小籠包じゅわっ感がちと足りなかったけど、ミニデザートはマル。小籠包8個とハーフ麺だけのセットで1300円ぐらいだとうれしいのになー。
c0155474_22283533.jpg


by sustena | 2015-10-17 22:28 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by esiko1837 at 2015-10-21 21:04
田舎に住んでいると、小籠包などというハイカラなものに出会うチャンスがありません。
餃子やシュウマイは何処でも出しているけれど、田舎は小籠包がメニューに無いんです。
来月横浜中華街で飲茶バイキング(はとバスのコースで)の予定なので食べてみます。
蒸しナス(?)のサラダ、美味しそうですね。
Commented by sustena at 2015-10-24 10:39
esikoさん、シュウマイよりアツアツの汁がジュワッと出てくるのが小籠包のよさでありまして、きのう-おとといの神戸の出張で、中華街でゲットしてきました。横浜でもきっとおいしいのに出会えるのではないでしょうか。


<< ああ、憧れの不老ふ死温泉      国立劇場「伊勢音頭恋寝刃」 >>